« 「水曜どうでしょう」渋谷小祭へ行く ーその2ー | トップページ | 脱力した木曜日。 »

2006年10月 4日 (水)

「水曜どうでしょう」渋谷小祭へ行く ー最終回ー

Atten_5 20060922dodesyo_3






今日のblogは「分からないヒトには全 く分からない」内容となっております。また、これから「水曜どうでしょうEXPO 渋谷パルコ小祭」 に行こうと思われている方には、ネタバレになる可能性もあります。ご注意下さい。しかし、この拙いblogでは、「小祭」の魅力を殆ど伝える事はできませ ん(汗)。例えこのblogを見てしまったとしても、実際に行ってみた際の楽しみを削がれる事は
全くない、と断言いたします(爆)。


これまでのあらすじ ーその1ー ーその2

2006.9.30(Sat)午後3時40分
ついにチケットを購入し、中に入る。大人600円。安い! …が、むしろタダでもいいんじゃね? とフト思ってしまった(笑)。チケットはシール仕立てになっている豪華仕様。しかしこれだけの入場者を考えると、さほどレアアイテムにはならないだろう……。その他に案内チラシを貰う。しかし開いて見たのは会場を出てから。案内としては、全く意味をなさなかった(爆)。
Jinja





入場して右手に、HPでおなじみ「どうでしょう神社」が! 藤やん犬もちゃんといる(笑)。しかし、これはまだまだ入り口。メイン会場は、さらに奥にあるのだ。


午後3時50分
Iriguti Tuuro








なまはげに迎えられ、幟と提灯に送られるようにしてメイン会場へ。それにしても皆、整然と並んでいる。素晴らしきかな日本人。

以下、会場で撮った写真(撮影OK!)
Tenji1 Bike_1






Tshirts Tenji2






On








午後4時20分
展示会場の突き当たりに、グッズ売り場がある。やはりここが、一番混み合っている。それでも初めは列でいたのだが、何だか一つ一つのグッズをとりあげてははしゃいでいるヘンなヤツ(男か女かも不明な…)がいて進まない。業を煮やして列を外れ、ザッと商品を見て回る。アパレル関係は寝間着になってしまう事が確実(汗)なのでキャンセル。結局安パイのストラップとステッカーを購入した。というか、それを入れてくれる袋が欲しかった(爆)

午後4時35分
グッズを購入して外に出ると、何やら列ができている。その先には何と、嬉野Dが! 写真撮影に応じているのだ。しかし列の長さに恐れをなして、キャンセル。念願の(?)ガチャガチャへと向かう。1000円札を両替し、1回200円のガチャガチャを4回(1000円全て使うのは気が引けた 笑)。さすがにシークレットは無理だった……。

午後4時40分
背後から再び、聞き覚えのある声が。
「はい皆さん! ちゃんと並んでくださぁーい! はい! こちらですよぉ」
藤村Dだ! たちまち人だかりができる。携帯カメラに向かってずいずいと近づいていったり、テレビと同じ調子でしゃべっているのが嬉しい(笑)。そこに、さっきグッズ売り場にいたヘンなヤツが、

「一緒に写真撮ってもらってもいいですか?」
「ん? キミ、グッズ幾ら買った?」
「○万円!(聞こえなかった)」
「よぉーし! 好きなだけ撮りなさぁーい!」
場内、爆笑である。そこに入場の時に僕らの後に並んでいた子供がやってきて、リュックにサインを求めた。
「ん? オレのサイン? いやぁ、ここにオレの名前書いちゃうと、このリュックオレのになっちゃうけどいいの?」

Fujiyan


これが素なのか演技なのか……。とにかく、見ていて飽きないヒトだ(笑)。後の方からは、
「思ったより太ってないねー」
「おお! 藤やん藤やん!」
などと、ちょっと失礼な(笑)言葉も出ていたが、それも人徳(?)か。誰かに「キュー出して下さい」と言われて、
「出さないよそんなもん!」
と笑って一括し、藤村Dは会場へと消えた。

午後4時45分
会場を出る。足がだるい……。だが、まだまだ行列は続いている。ちょっと優越感を覚えながら(笑)、パルコを後にした。

ーエピローグー
会場にいた時間は、賞味1時間程。想像以上に手狭な(笑)会場ではあったが、生で嬉野、藤村両ディレクターに会えた事が何よりであった。その後、どうでしょうのHPに書かれた藤村Dの日記を見ると、写真撮影や握手等、「混雑の原因になることを禁止すべきか」という心と、「ファンの人達に申し訳ない、何かサービスしたい」という、相容れない二つの心がせめぎあう気持ちが綴られている。たまたま僕が行った際には「サービス」の心が勝っていたワケで(笑)、やはりかなり運が良かった、と言えるのかもしれない。


ちなみに……。
帰りの電車に乗っている時、相棒がボソっと呟いた。


「この袋持ってるの、結構恥ずかしい……」


何言ってんだコノヤロウ、と一瞬思ったが、パルコの現場ではなんら不自然ではなかったこの袋、冷静になってみると……

Bag



やはり恥ずかしい(汗)



うーむ、オレもまだまだだな(謎)。さりげなく袋を足の間に挟んだりしながら(爆)、オトコは電車に揺られて横浜に帰っていったのでありました。

[「水曜どうでしょう」渋谷小祭へ行く  ー完ー]

|

« 「水曜どうでしょう」渋谷小祭へ行く ーその2ー | トップページ | 脱力した木曜日。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/3684256

この記事へのトラックバック一覧です: 「水曜どうでしょう」渋谷小祭へ行く ー最終回ー:

« 「水曜どうでしょう」渋谷小祭へ行く ーその2ー | トップページ | 脱力した木曜日。 »