« 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その2- | トップページ | 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -最終回- »

2007年1月26日 (金)

鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その3-

これまでのあらすじ -その1- -その2-

開店時刻には少し早かったが、道の混み具合なども考慮に入れて一路、珊瑚礁を目指す。海沿いのR134は予想通り渋滞が始まっていた。結局開店の11時を少し回ったところで到着! 駐車場は9割方既に埋まっていた。

入り口まで歩く間に、テラス席に何だか肩ムキダシの人がいるのに気が付いた。まぁここは湘南で、サーファーなんかも多い。今日は天気も良いし、そういう客もいるだろうーーと思っていたら、それはウエイトレスだった(汗)。

Img04





←こんな格好である。

(※あくまでイメージです)






夏にはムーディー(?)でいいのかもしれないが、今の季節だと、見ていてなんだか可哀想になってくる(笑)。まぁ、大きなお世話なのだろうが……。

「テラス席でしたらすぐにご案内できますが?」

ビシッとキメた、ちょっと格の高そうなウエイターが言う。つまり、店内は既に満席という事だ。別段急ぐ用事があるわけでもなかったが、今日の天気からいってテラスでもいいんじゃないか? 風もないし……。という事で、海を正面に望むテラス席へ。

070114_12050004





おお、絶景かな!






目論見通り風もないし、陽射しも暖かい。ストーブもあるし、環境的には文句ない文句ない。そもそもテラスで海を眺めながら食べるってのが、この店のウリなんじゃないのか!?

などと意気込みながら注文を済ませる。僕は鴨肉、相棒は鹿肉カレーを注文。何故ちょっと変わったものになったのかというと、メニューにそれがオススメっぽく書かれていたから。それだけなのだが(爆)。

僕らはまだタイミングが良かったのか、次々と客がやってくる。さっきまでは居なかった自動車の誘導員が出てくるし、入り口付近も行列が出来はじめた。その行列を横目に、僕らは悠々とーーできねぇ(汗)。いや、単に僕が小心者だという事が原因なのだが、テラス席だけに待ち行列と近く、どうも落ち着かない(汗)。

しかしいざカレーが来れば、そんな気持ちも吹っ飛ぶのである(笑)。双方のカレーを食べ比べてみたのだが、微妙に味が異なっている。店の雰囲気だけでなく、味にもしっかりとこだわりを持っているのだな、と改めて感心する。だからこそ、客が来るのだろう。

070114_12050001






鴨カレー


070114_12050002







こちら、鹿カレー



だが、食べるにつれて問題が生じてきた。ここのカレー、値段が高いのだが、量も相応にある。その量に対して僕の体調が今ひとつ万全ではなく、辟易し始めてきたこと。そしてテラス席だからか、
冷めるのが異常に早いということ(汗)

つまりちょっと油断して手を止めると、冷たくなってカタマリ始めたカレーを食べるハメに陥ってしまうのだ!(爆)


食べ終わった時には、何だか忙しなかったなぁ……という印象。周りの雰囲気も相変わらずで、早々に退散してしまった。

やはり、冬のテラス席というものがいけなかったのか……。これが初夏とかだったら、また印象が変わるかもしれない。また今度、体調が万全の時に、落ち着いて再チャレンジをしたいものである。

さて、目的を達成してしまった我々は、とりあえずR134を戻る事にした。天気が良いというのはさっきから言っているが、それだけにライダーやチャリダーの数も多い。ちょっと羨ましくなる。海沿いの道はフラットだし、江ノ島を過ぎれば道幅は広がる。非常に気持ち良さそうだ。特に鎌倉は道が狭くて入り組んでいる事もあり、移動手段として自転車は最適だろう。もっと鎌倉・湘南をリスペクト! なのだ(笑)。

隣で地図を睨み付けていた相棒が、一点を指した。それで、次の目的地が決まった。「湘南平」である。

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その2- | トップページ | 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -最終回- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/5081276

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その3-:

« 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その2- | トップページ | 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -最終回- »