« 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その3- | トップページ | 友人のHPに思うコト。 »

2007年1月29日 (月)

鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -最終回-

これまでのあらすじ -その1- -その2- -その3-

湘南平には行った事がなく、予備知識もあまり持っていなかった。ただ、自転車好きの、さらには「ヒルクライム好き」カテゴリーに属する方々(笑)の間では、ちょっとした有名スポットになっているという事は知っていた。だからこそ、興味が沸いたという事もある。だが念のため、訊いてみた。

「湘南平って、何があるの?」
すると相棒は、

「行った事ないから、よく分かんない」

とのたもうた(汗)。「桜並木が有名で、あとテレビ塔が建ってるらしいよ……」

うーむ。まあいい、とりあえず向かうのだ。しかし、

完全に道に迷う(爆)。

地図は持っていたのだが、それはツーリングマップル。あまり細かい所までは載っていないし、何より文字が邪魔して分からん!(怒) 何度かここぞ、という場所からアプローチを仕掛けたのだがその都度Uターンを余儀なくされ、結局はコンビニで場所を確認してから仕切り直し、という事になった。


目印であるテレビ塔に注意しながら走っていると、道端に「湘南平」と書かれた表示が立っているのを発見! 方向を指しているので、これを辿っていけば着くのは間違いない。やれうれしや、と指している方に曲がる。

「……なんか、おかしくない?」
相棒が呟いた。「ずいぶん細いけど……」

確かに、現在の日本車の中で最も狭い横幅を誇る(たぶん)、カプチーノであってもギリギリの幅の道が延びる。しかしとりあえず舗装もちゃんとしているし、行けない事はない。表示も立っている。がーー。

僕はクルマを止めた。

「……階段、だね」
「そう、だね」

てか、Uターンできる幅が無い! 仕方なく、できる場所までバックでおそるおそる戻る(汗)。

後で知ったのだが、僕らが信じていた表示は「関東ふれあいの道」という、自然歩道の表示だったらしい。つまり知らなかったとはいえ、

歩道をクルマで走ってたワケだ(汗)。

カプチーノだからこそ、できたワザである(爆)。


紆余曲折を経て、何とか湘南平の入り口へと辿り着く。桜並木で有名だという上り坂を行く。なるほど、距離はさほどでもないが、結構な斜度でかつ、先が見えるというのが精神的にもツラそうだ。ヤビツでいうところの、ampmから蓑毛までの区間に似ている。だがこちらの方がクルマも多く、時間を選ばないと走りづらいかもしれない。

070114_14190001 070114_14210001




湘南平からの眺め。


湘南平を有名にしているのは、そこからの夜景の素晴らしさと、テレビ塔展望台の金網にかけられた多数の南京錠だという。『いつの頃からか、「恋する二人の名前を書いた南京錠をここにかけると、一生別れない」 という噂が若者の間に広まった。 』というのだ。

江ノ島にも同じようなのあるけどな!(←デリカシー無し! 爆)

ていうかもう、この時になると肉体的にも精神的にもヘロヘロ状態で、とてもロマンどころではなかったのだ(汗)。金網いっぱいに付けられた南京錠を見て思わず、

「虫がたかってるみたいだ」
と言ったらひっぱたかれました(泣)。

070114_14270001






虫のように…見えません?(汗)


天辺にある公園では親子連れがのどかに遊び、カップルはテレビ塔に登って、クルマ好きが駐車場でミーティングをする(笑)。自転車乗りは居なかったが、おそらく交通量の関係で、早朝か夜を狙ってくるのだろう。

体力の限界にきていた僕は、日当たりの良いベンチに寝っ転がる。今日のツーリングはここまで! なのだ。

しかし帰りも道に迷ってしまったのは、また別のオハナシ……(爆)。

[旅はどうだしょう。 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー 完]

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その3- | トップページ | 友人のHPに思うコト。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/5123953

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -最終回-:

« 鎌倉・湘南行き当たりばったりツー -その3- | トップページ | 友人のHPに思うコト。 »