« 贅沢な時間。-北総ツーリング2- | トップページ | 日は沈み、そして遠回り。-北総ツーリング最終回- »

2007年2月13日 (火)

キョウフの海鮮丼。-北総ツーリング3-

これまでのあらすじ -その1- -その2-

4種のイチゴを鱈腹食べた上にイチゴアイスまで食べて、いい加減甘ったるくなってしまった舌を、ポテチで締めつつ銚子へと向かう。行くのは県道30号、「九十九里ビーチライン」。R124よりも海側を走るこの道は、道幅は狭いものの交通量と信号が少なく、快適な道なのである。「ビーチライン」とあるにも関わらず、海が見えないのは残念だが……。

風は少し冷たいが日差しは強く、帽子も手袋も必要ない、と感じてしまう。R124に合流するとすぐに、「飯岡刑部岬展望館」への分岐がある。ここからはいよいよ半島の端に入っていくのだ。国道を外れ、無料化された旧銚子有料道路を進む。まるで北海道のような真っ直ぐに伸びる快適な道。この道は「屏風ヶ浦」の上を走っているのだが、つまりそれは、走っている最中には屏風ヶ浦は見られない、という事でもある。

いくつかある展望台から遠く離れた屏風ヶ浦を眺めた事はあるのだが、その崖の真下に行った事は一度も無い(遊歩道があるらしい。波で破壊されている、というウワサもあるが……汗)。何故かというと、

行き方が分からない

のでありますね(爆)。気持ち良く走っている内に、いつの間にか犬吠埼まで連れて行かれてしまうのである。今回もそうだった(爆)。まぁ時間も押していたしな……。

とりあえず気を取り直して、「地球が丸く見える丘展望館」に寄ってみる。先程の展望館は無料(双眼鏡も無料!)なのだが、コチラは有料。「銚子ポートタワー」との共通入場券を買うとお得ですヨ、というので、それを購入した。本来それぞれ300円ずつかかるらしいが、まとめて400円で済む。

070203_14200001




犬吠埼を眺める。


070203_14210001




屏風ヶ浦方面。


070203_14220001






こんなモニュメント(?)もあります。



標高700m、という事だが、見る限りここいらで一番高い建物のようだ。犬吠埼の灯台から銚子のタワーまで、全てを見下ろす事ができる。有料にも関わらず、結構人が来るのも頷ける。

しかし寒い!

さすがに海のそば。風が冷たい! なのでここでオープンを諦め、クローズに。ちょっと負けた感が漂うが(笑)、致し方あるまい。色々寄っている内に、時刻は3時近くになってしまっていた。本当は犬吠埼経由で銚子に行こうと思っていたのだが、それではあまりに昼食が遅くなってしまいそうなので、一旦犬吠埼は素通りして銚子漁港、「ウオッセ21」へと向かう。「銚子ポートタワー」と併設された、市場である。

北海道旅行で行った、「和商市場」のちょっと規模が小さいものだが、大型バスの駐車場も備えており、ツーリングのグループや一般客等でかなり賑わっていた。3時になると食堂が閉まってしまう、というので慌てて入ったのが、入り口近くにある「魚座屋」。店の前にテレビで紹介された時等の写真が掲げられていて。こういうのは僕好みの店ではないのだが……(苦笑)。

「人気メニュー」として挙げられている中で、僕は5番目の「うおざや定食」、相棒はNo.1の「海鮮丼」を注文。ちょっとテンプラ系が食べたかったのですよ。しかしまず運ばれてきた「海鮮丼」を見て、目がテンになってしまった。

070203_15250001








見よ!!



ボリュームはまぁ、値段相応といったところだが、上に載っているものがスゴイ! もうある意味乱暴なくらいの種類である。雑多、というコトバがピッタリかもしれない(爆)。

「美味しいんだけど……」
食後、相棒は言った。「いろいろありすぎて、何が美味しいのかよく分からない

まぁ、偽らざるホンネであろう(笑)。ワタクシの「うおざや定食」は、至ってシンプルなもの。天ぷらが大変、美味しゅうございました。

070203_15250002 070203_15250003




定食&

メニュー


この後は、先程割引チケットを購入済みの「銚子ポートタワー」をチラ見して、いよいよ犬吠埼へと向かう。

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 贅沢な時間。-北総ツーリング2- | トップページ | 日は沈み、そして遠回り。-北総ツーリング最終回- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/5323587

この記事へのトラックバック一覧です: キョウフの海鮮丼。-北総ツーリング3-:

« 贅沢な時間。-北総ツーリング2- | トップページ | 日は沈み、そして遠回り。-北総ツーリング最終回- »