« 城ヶ島でのネコ軍団。-三浦半島大体一周ツー その4- | トップページ | 或る深夜の出来事を、ガ○ダム風に語ってみる。 »

2007年6月 8日 (金)

いざ、逗子駅へ。-三浦半島大体一周ツー 最終回-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3- -その4-

ダッシュをかけたはりねずみ氏はアッという間に先頭まで行き、さらに前に行ってしまった。完全に遅れてしまった僕は、ただまごまごするばかり。

……まぁ道は一本道だし。しばらくはこの集団と一緒に行くか。

そう思ってペースを合わせていたのだが……。


ちょっと、遅すぎ。


脚が残り少ない僕でさえ、そう思ってしまうペースである。まぁ大集団では仕方のないところなのだろうけど。そもそも、そんなにスピードを出して走るような道ではない(爆)。しかしはりねずみ氏の姿はすでに無く、このままケツについているのも面白くない。残り少ない脚だけど、平地でならば何とか抜かすだけの余力はある!

ーーということで、抜かしにかかる!

しかし重要なのは、抜かす時より抜かした後だ。せっかく頑張って抜かしておいて、すぐに追いつかれたり追い抜かされたりしたら、カッコ悪いことこの上ない(爆)。

が。


先頭を抜いてホッとした僕の前に坂がっ……!


まぁ、坂とも言えないような斜度なのだが、ほぼ売り切れた脚にはキツイのなんのって(涙)。半泣きになりながら何とかそこを乗り切る。すると目の前に、「湘南国際村」と書かれた青看板が見えた。おお、これが激坂で有名な国際村か! しかし今は、そんな所に行く気力も体力も脚力もない(爆)。


「三ない」状態のまま、何とか休憩場所ではりねずみ氏と合流する。地図を確認すると、「長者ヶ崎海水浴場」。もう少しで葉山御用邸という所であった。ここで最後のルート選択。御用邸前からそのままR134を行くルートと、海岸沿いを行く県道に分かれているのだ。最終的には渚橋の交差点で合流し、そこから逗子駅まではわずかである。

Faceiron_11
「どっちに行っても地獄……」

とはりねずみ氏が呟くように、渋滞は不可避である。だったら国道よりも、まだ景観が良かろうと思われる県道をチョイス。しかし……。


景色なんて見る余裕ナシ!


道狭すぎ&交通量大杉! なのだ。まぁどっちにしても、景観だって良くなかったけど……(苦笑)。


そんなこんなで、一度ルートを見失ったりしながらも逗子駅へ到着! 思ったより早く、2時半というところであった。はりねずみ氏は、ここからも自走で帰るという。そこまで早く帰る理由もなかろう、という事で、駅前のマックでお茶をする事にした。一瞬、

「江ノ島〜境川CR経由でオール自走しちゃったりするぅ?」

などという考えが浮かんだが、自分の体力を考えて今回はNG! いつか、平気な顔をして200kmくらいこなせるようになりたいッスねぇ。

逗子から保土ヶ谷まで輪行。そこからはR16をーー。と思ったが、何だか国道が煩わしくなって、帷子川沿いの裏道をテコテコと進む。家にはまだ明るい内、午後5時に到着! 三浦半島完全一周ではなく、あくまで『大体一周』ではあったが、充実したツーリングでありました。

070513_15440001









輪行前@逗子駅



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!

人気blogランキングへ

|

« 城ヶ島でのネコ軍団。-三浦半島大体一周ツー その4- | トップページ | 或る深夜の出来事を、ガ○ダム風に語ってみる。 »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

交通量の多い道路で逃げ場のない時、わたしは
心の中で念仏をとなえながらひたすらシャカシ
ャカ漕ぐことにしています…。

投稿: 鉄下駄 | 2007年6月 8日 (金) 18時43分

どうも、連続レスです(笑)。

念仏ですか……。僕はココロの中で、ひたすら周囲のクルマや道路状況を罵倒しながら漕いでました(爆)。その内容は、ここでは書けません……。

投稿: K.N | 2007年6月 8日 (金) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/6706902

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、逗子駅へ。-三浦半島大体一周ツー 最終回-:

« 城ヶ島でのネコ軍団。-三浦半島大体一周ツー その4- | トップページ | 或る深夜の出来事を、ガ○ダム風に語ってみる。 »