« カプチ、力尽きる……。 | トップページ | 続報、そして、決断。 »

2007年7月17日 (火)

ごめんよ、カプチーノ。

今から思えば、いくつかの予兆はあった。自分でも、確かにおかしいと感じた事もあった。

しかしそれでも、深く考えることなく、エンジンを回し続けた。

昨日起こった事は、その結果なのだ。


きっかけは、音だった。高速道路を走行中、アクセルを踏むと、「ヂリヂリヂリ……」と音がする。念のため追い越し車線から走行車線に移り、スピードを緩める。しかし、異常はさらに続いた。

……何となく、車内が焦げ臭い。ヒョイ、と窓外を見て、僕は慄然とした。

エンジンルームから白煙が……っ!

ハザードを付け、路肩に止める。クルマが停止すると同時に全てのランプが灯り、エンジンが止まった。ーーそして二度と、カプチは目を覚まさなかった。


火災の可能性を考えて相棒を外に出し、ボンネットを開ける。鼻をつく臭い。だが火は噴いていない。エンジンルームを見回して、ある違和感に気付いた。

ラジエターのリザーバータンクがない!

「ない」のだ! まぎれもなく、あるべきものがないのである。そこに存在しないのだ。

アタマの中でハテナマークがぐるぐると回転するが、しかしまずは原因究明よりも現状回復である。業者に連絡し、積載を依頼する。

「横浜まで持っていくか」
と訊かれたので、慌てて「近くのICまでで、そこから近隣の修理工場等を紹介して欲しい」と依頼した。ちなみに横浜までだと、10万円以上かかる。さすがにそれは……なのだ。


積載車を待つ間に三角板を出し、設置する。まさか、これを使う日が来るとは……。

自業自得。それ以外の、なにものでもない。ただ、他人に迷惑をかけなかった事だけが幸いだった(相棒には迷惑かけたが……)。

積載車に載せ、諏訪のスズキディーラーへ。しかし3連休で、営業はしているがサービスはお休みとの事。試しにラジエータに水を入れてみると、どんどん飲み込んでいく。これでタンクの予備さえあれば、帰れるか? ……と思ったのもつかの間、

「下から水漏れしてますね」……orz


とりあえずクルマを預かってもらい、修理の見積もりを待つ事に。所長さんに、試乗車で上諏訪駅まで送って貰えることになった。何とこの所長さん、以前カプチーノユーザーだったとの事。

「いやぁ、21のシルバーなんて、滅多に見ませんからねぇ。エンジンルームみて、21ってあったからビックリしました(笑)」

「私もね、何で売っちゃったのかなぁって、実は後悔してるんですよ。唯一無二のクルマですもんねぇ」

「いやぁ、復活させたいですね。貴重ですもんね、あのクルマ」

非常に気さくな方で、救われた気がした。


上諏訪駅から、「あずさ20号」で八王子まで。そこから乗り換えて、地元まで。

疲れた……(涙)。

現在は、ディーラーからの連絡待ち。最悪の可能性としては、エンジン焼き付きもあり得る。果たしてどうなるのか……。

復活させたい。ただ今は、祈るのみである。

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« カプチ、力尽きる……。 | トップページ | 続報、そして、決断。 »

クルマ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/7177838

この記事へのトラックバック一覧です: ごめんよ、カプチーノ。:

« カプチ、力尽きる……。 | トップページ | 続報、そして、決断。 »