« 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その1・発動- | トップページ | 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その3・異変- »

2007年11月28日 (水)

埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その2・出発-

これまでのあらすじ。-その1-


さて。

方向は全く逆になってしまったが、ルートはそのまま。

田舎〜長瀞〜秩父〜芦ヶ久保〜正丸峠〜山伏峠〜小沢峠〜青梅〜八王子〜R16〜三ツ境〜厚木街道〜自宅

というもの。三ツ境というのは、サガミに寄ってFDの調整をしてもらおうと思ったからだ。順番が逆のような気もするが、仕方ない(汗)。22日の内にアウトバックに自転車を積み込み、23日は午前4時半に出発。第三京浜〜環7〜関越自動車道を経由して、田舎へは約2時間。午前6時半頃に到着。親父は8時にゴルフに出かける、というので、ついてすぐ自転車を降ろして組立て、注油して、タイヤに空気を入れる。


でもギアは不調……orz

田舎の叔父さんによると、昨日は風が酷かったらしい。しかしこの日は風はなく。気温は低いが、太陽が出れば暖かくなりそうな雰囲気。

P1010033_2







準備、完了。


ところで僕は冬の時期にまともに走った事がない。今回の為にある程度の装備は調えたが、基本的には「有りモノ」で勝負である。

上は半袖シャツに長袖ジャージ(起毛タイプ)、さらに昨日も書いたWIZARDのウインドブレークジャケット。問題は下で、サガミアウトレットで買った無銘のレーパンの上に、ユニクロのボディテックタイツを履いてみた。こういった、所謂「ピチピチ」の格好をするのは、実は初めて(汗)。うーん、要は「慣れ」が肝心なんだろうな。

しかしタイツといっても防風、防寒性ではないので、膝から下がスースーする(汗)。レーパンと重なっている部分はいいのだけど。本当に寒かった場合の事を考えて山用のズボンも持ってきていたのだが、フト思いついて、膝用サポーターをタイツの上から付けてみた。黒の同色で目立たないし、何より膝も安心。そして思ったより暖かい(笑)。コイツに新装備、GOLDWINの「光電子」ウインターグローブで準備完了!


叔母さんからバナナを2本、お土産にもらって出発! 時刻は8時40分。まずは長瀞を目指す。国道経由で行けばフラットなのは分かっているが、ここは敢えて円田湖経由で行こう。途中で祖父母のお墓にお参りし、田舎道を進む。クルマで何度か行った事があるので、道には迷わない(笑)。

円田湖へ行くには、途中ちょっとした丘を越える必要がある。2、3回つづら折れがある「ミニ峠」だ。見得を張らず、フロントインナーでケイデンス勝負か……とフロントギアを「1」に。ーーガチャン。

……えーーっと。



インナーに落ちねぇ! Σ(゜д゜;)


仕方なくセンターローでその場をしのぎ、急遽調整。何とかフロント3枚が使えるようにした。センター(42T)、もしくはアウター(52T)が使えなくても何とかなる(?)が、インナー(30T)が使えないとなると、今の僕にとっては大問題だ(滝汗)。

円田湖畔はクルマ通りも少なく、森の中を走る気持ちの良い道。ただ、あまり紅葉は見られなかった。まだなのか、それとも既に散ってしまったのか……。

P1010034_2







円田湖畔。


そのまま国道に合流し、長瀞を目指す。荒川沿いに進む国道140号は、景観はいいのだが路肩が狭く、自転車で走るには気を遣う。歩道もあるが途切れ途切れなので、基本的には車道オンリー。


ここまで来て、ようやく「紅葉」を実感できる光景に出会えた。やはり紅葉は、中に入るより遠くから眺めるべきものか(笑)。

P1010036






写真だとアレですが(汗)、
実際は結構鮮やかです。



P1010035







朝日が気持ちイイっす(笑)


旅情気分が盛り上がってきたので、「岩畳」の表示につられてフラフラと立ち寄り。商店街を自転車を押して進み、1年振りの岩畳と再会。実は何の考えも無しに立ち寄ったのではない。以前相棒とココに来た事があるのだが、その時に岩畳周辺の道を散々歩かされたいたのだ。その時に、国道沿いの裏道を見つけていたのである。

071123_09420001 071123_09470001


岩畳へと通じる商店街&岩畳。結構混んでた。


距離は長くなってしまうがおよそ一駅分だけ、国道を外れる事ができるのだ。

「上長瀞駅」の横から、国道に復帰。すぐ近くに有名な「阿佐美製氷」があるのだが、さすがに営業はしていなかった(笑)。

P1010039






裏道で、素晴らしい紅葉に遭遇!


ここで、替えたクランク&チェーンのインプレをば。


凄く、イイ!(笑)

どちらが効いているのかそれとも相乗効果なのか分からないが、非常に動きが軽い! アウターがまるでこれまでのセンターのようだーーといったら言い過ぎかもしれないが。ただ、実際センターが使えないので、平地ではアウターオンリー。リアは14Tか16Tをメインで使用していたのだが、とにかく一度スピードに乗ってしまえば軽〜く回せる。ケイデンスは70前後で28〜33km程。まぁこんなもんでしょう(笑)。

やっぱり替えて正解だったな……RDの効果はよく分からないけど(爆)。

続く……。(その3・異変へ)

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その1・発動- | トップページ | 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その3・異変- »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/9149164

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その2・出発-:

« 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その1・発動- | トップページ | 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その3・異変- »