« 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その4・前進- | トップページ | 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その6・錯覚- »

2007年12月 3日 (月)

埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その5・迷走-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3- -その4-


えーっと。

前回のblogで「山岳ステージをクリアした!」と書いたが、


ウソでした(汗)。

本当は最短距離でR411に行きたかったのである。しかし調子に乗って進んでいる内にいつの間にか、吹上峠も通るハメになってしまった(涙)。……まぁ、通ったのは勿論新道のトンネルで、大した事はなかったのだが。


小曽木街道に入り、青梅坂トンネルをクリアするとーーそこはもう
やっと、青梅だった。ちょうどお祭りの最中らしく、通りに面した建物のアチコチに、レトロな昭和っぽい看板が飾られている。写真の一枚でも撮りたかったのだが、道が狭くバスも通り、かつ、人出も多くてとてもじゃないが自転車をどこかに止められるような状況ではなかった(汗)。

しかし、これまで山の中を走ってきていきなり都会に放り込まれた、このギャップがスゴイ(笑)。完全にお上りさん状態である。


そしてーーここから、迷走が始まった。まずは下の図をご覧頂きたい。(クリックで少し拡大)

Photo
















要はR411に出たかったのである。しかしこの迷走っぷり(汗)。「そんなたいして迷ってないじゃん」と思われる方もいるかもしれない。まぁ、確かに。しかし今回の場合、迷走以外にも疲れてしまった理由があった。……自業自得ではあるのだけど(汗)。

今回の旅行で、僕はポケットサイズの地図を持っていった。できるだけ取り出しやすいように、とバックパックのポケットに入れていたのだが……。


これが大失敗だった(爆)。

地図を確認するには、

1.ある程度のスペースを見つけ、自転車を降りる。
2.自転車を立てかけ、バックパックの2箇所のベルトを外し、バッグを下ろす。
3.グローブを外す。
4.ポケットから地図を取り出し、確認。


という4段階を経る必要があり、かつ当然ながら再出発の為には4-3-2-1と戻らなければならない。この内、特に面倒だったのは「2」と「3」。グローブは汗を吸って滑りが悪くなり、外すにもはめるにも一苦労。バッグをいちいち下ろすのも、非効率極まりない。

こういうことを4、5回やった(爆)。

……もう、アホかと。バカかと。もう少し、考えなければなりませんね(汗)。


青梅市内で、正丸峠で見かけたローディーに遭遇した。R299をそのまま下っていったのだろうか。向こうは気付いてくれたかどうか、分からないけど。

ようやく、R411に合流。とりあえずここを走っている限り、地図を見る必要はないだろう。そういう安心感を感じると同時にーー息苦しさがさらに加速してきた。意識して息をしなければ、苦しくて仕方ないのである。息を吐くたびに、喉がヒューヒュー音をたてる。

……これは、真面目にヤバイかもしれない。

とりあえずコンビニでストップし、ポカリを買って休憩。時刻は午後3時近く。今から輪行すれば、病院に行けるだろうか。しかし今日は祝日だ(23日)。休みの可能性もある。病院のカードがあるかと財布を捜したが、家に置いてきていた(泣)。

……明日の土曜日ならば、確実に病院はやっているだろう。だったら今日は行けるところまで行き、そこから輪行すればいいのではないか。メーターはここまで、約90km。せめて100kmは走りたい。ーーつまり、八王子。そうだ、とりあえず八王子まで行き、そこから輪行しよう。

この時が、一番弱気になった瞬間であった。鼻水がでて仕方ないが、息が吸えないのでうまくかむ事ができない。グローブで拭いつつ、出発した。八王子まで! そこから相模線で海老名乗り換え、相鉄線で帰ろう……。


R411は吉野街道、滝山街道と名を変えながら南下する。高架下をくぐる事が多くなり、交通量も多いので、安全策をとって歩道を進む。しかしこれがまた走りづらい(汗)。スピードなんて、上げられやしない。圏央道あきる野ICの近くで、今日最後の地図を広げる。多摩川にかかる橋の袂。東京サマーランドが近いせいか交通量も多く、信号で止まったクルマの中から何だかジロジロと見られているような視線を感じる(汗)。

P1010048







あきる野IC付近にて。


次の目標を、「道の駅 八王子滝山」に定めて再出発。多摩川を越えると、車線も減って国道はぐっとローカルな雰囲気に。自転車的にはこういう方が走りやすい(笑)。しかし……



お腹空いた(爆)。


残るゼリー飲料は半分。しかし固形物が食べたい。食べたくて仕方ない。

「腹減った、腹減ったぁ〜♪」

と、テキトーな歌を歌いながら、道の駅を目指す。しかし、何となく想像はついていたのだが、街中にある道の駅はどうもショボイ感じ(汗)。なのでスルーして、R16と合流間近のファミリーマートに吸収された。赤飯おにぎりと栗羊羹で当座をしのぐ。

ここまで来たら、八王子駅もすぐだ。再出発して、目に入った青看板。


相模原 16km

……コレ、行けるんじゃね?

続く……。(その6・錯覚へ)

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その4・前進- | トップページ | 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その6・錯覚- »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/9228501

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その5・迷走-:

« 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その4・前進- | トップページ | 埼玉から帰ってこよう(紅葉)! の旅。-その6・錯覚- »