« ビルにも歴史アリ。 | トップページ | スポーク、○○る。 »

2007年12月26日 (水)

ホワイト・クリスマスも楽じゃない。

久々の「旅どう。」記事である。このカテゴリーは、基本的にクルマで旅に行った際のレポを書く時に使っていて、あまり自転車に乗っていなかった頃は、このカテゴリーの記事ばかりであった。で、ある時このblogを見てくれている友人から言われたのである。

「何か、最近オノロケblogになってるよな……」

うーむ、そうか。そう読まれてしまうか。自分ではそんなつもりは全く無かったのであるが、見方によってはそう読めるらしい。自分が意図したように読まれるとは限らない。そんな事は分かっていたつもりであるが、ここが文章というものの難しさである。

まぁクリスマスの時期に「旅どう。」記事を書こうとする時点で、確かにある種「自慢」であり、「誰も知りたくない」だろうし、「おとといきやがれ」なのである(汗)。従って、これから書く文章は非常に不快感を与える可能性がある、という事をココに明記しておくのであります(笑)。


「クリスマスなんだから、どこか連れてくよな?(超意訳)」

と、相b……rikaが言ってきたのは、10月の終わりである。

「まだ10月じゃん……」

と言うと、

「人気のある所とかだったら、今から予約しないといけなくない?」

えーっと、

イッタイ、ドコマデヲキタイサレテイルノデスカァ?(((((゜д゜;)))))


知っての通り、カプチーノの修理代でウン十万円を支払中のワタクシ。お金なんかないYO! ……とはいっても「何もしない」のもそれはそれで、ちょっと悲しい。という事で、手近な山中湖に1泊で行く事になった。

今更説明も不用だろうが、山中湖は自転車で行く方も多い、手近な(?)所。クルマであれば日帰りも余裕な場所に、あえて一泊する。これで「ゆとり感」を味わおうではないか、という小癪な作戦である(爆)。ーーちなみに、流石に「全額僕持ち」というワケではない(笑)。

しかし、僕らの旅行には常にハプニングが憑きもの(←誤字にあらず)。今回もやらかしてくれた。

それは天気である。

クルマで行くとなれば、基本は僕のカプチーノ。2シーターオープン、FRで、地を這うような車高の軽自動車。念のためにスタッドレスに履き替えて、冬の準備はぬかりない。しかしである。当日の山梨の天気は雨。……という事は、山中湖では雪!? スタッドレスを履いているといっても、それはあくまで移動途中に降られた場合の緊急用。初めから雪と分かっている場所に行く為のものではない(汗)。でもまぁ、降ったとしてもそこまでの量ではないだろう……と、天気予報の「降雨量予想1mm」を見ながら考えていた。

が。

「絶対に積もりますから、雪でも大丈夫なようにしてきて下さいね」

と前日に宿から電話……orz

この時点でカプチを断念。実家のOUTBACK(AWD、スタッドレス装備)出動となった。結果からいうとその判断は、

大正解だった(笑)。


22日午後3時頃から降り始めた雪は徐々に激しさを増し、宿についた時には既に道にもうっすらと道に積もっている状態。その後も降り続け……一夜明けると、

Ca390065











こんな状態(汗)。



Ca390069_2









30〜40cmは積もってる……っ!


宿の主人曰く、この時期にこれほどまでの大雪は珍しいとの事。それでも気温は高いらしく、雪かきをするとすぐに溶けていく。だが水分が多いため、雪かきを手伝ってみると重いのなんの……。


急いで出発する理由もないので、近くの「クリスマスの森」へ行ってみたりして、チェックアウトギリギリまで時間を潰す。

Ca390070












クリスマスの森。メルヘンっす(笑)。


天気は次第に回復し、陽もさしてきた。他の客もチェーンを巻いたり、雪を下ろしたりと慌ただしい。帰りは道志みち経由……と思っていたのだが、多分厳しいだろう。それでもとりあえず、手前の三国峠近くまで行ってみるか、と出発。

湖畔道路に出るまでは結構大変だったものの、湖畔に出れば路面は全然オッケー。カプチでもイケる(実際1台いた)。だがデコボコの路面に泥水が溜まり、対向車が来るとエライ事に……。三国峠の手前は、富士山と山中湖を一望する、有名な展望スポット。道は凍ってはいないものの除雪はされておらず、日陰の部分は多少神経を使う。

Ca390076












三国峠展望台より。思ってたより、雪はない。


ノーマルタイヤのHR-Vが上がってきていたのだが、駐車場の入り口でタイヤが空転! 人は多かったので、コチラは先を急がせて頂く。道志みちは諦め、籠坂峠から御殿場へ。峠を越えると、殆ど雪の気配が無い! 本当に、雪が降ったのは湖周辺だけだったのか……。


御殿場から東名にのり、今度は宮ヶ瀬湖を目指す。前に、自転車で行き損なったクリスマスツリーを拝もうというのである。道志みちから向かえば帰るついでに、となるのだが、まぁ仕方ない。宮ヶ瀬のツリーを見に行くのは今年で3回目……だったかな?(汗)。 年々、イルミネーションの数が微妙に少なくなってきているような気がするのが、多少の気がかりである(爆)。

ホットワインと甘酒を飲み、田口商店のお肉をパクつく。これはもう、毎年恒例ですな(笑)。点灯は17時からなのだが、我々が着いたのは13時半(汗)。それでも、既に結構な人数が集まっていた。

Ca390080












宮ヶ瀬13時半。結構ヒトがいます。


15時を過ぎると、周囲の道路も渋滞を始める。交通規制がかかっているかどうか分からないが、服部牧場方向から向かう方が、少しは渋滞の列も短そうな気がする。

この日は3連休中日の23日だったので、通常の週末とはまた違うかもしれないが、渋滞にハマらずツリーを見るなら、

15時までには着いておくべし。

まぁクルマの中の方が暖かいので、待ち時間をどこで過ごすか、という考え方次第ですが(笑)。


点灯時刻が近づくと、ステージでイベントも始まり、人数もかなり増えて盛り上がる。しかしステージはステージ、点灯は点灯とバラバラに行われているので、せっかくならカウントダウンコールとかあってもいいんじゃないか、と思うのである。何の音沙汰もなく、ステージでガンガン音楽が鳴っている中、ツリーはひっそりと点灯(笑)。それを確認して、宮ヶ瀬を後にした。

Ca390088












月も彩りを添えてくれる。



点灯までの待ちは4時間、点灯してからは30分(爆)


そんなクリスマス(正確にはイブイブ)でありました。

Ca390093












通路のイルミネーション。

ちなみに、帰りは土山峠経由だったのだが、渋滞は7、8km。セブンイレブンの手前まで続いていた。オソロシイ……(汗)。

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« ビルにも歴史アリ。 | トップページ | スポーク、○○る。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

ウチも今年宮ヶ瀬行きました。

平日(会社終わった後)に・・・

渋滞はなかったっすよ。
疲れたけど。

投稿: 涼 | 2007年12月26日 (水) 23時11分

フルコース乙っす

ラブリーナイトでしたね。ヒューx2

投稿: しいちょ | 2007年12月27日 (木) 01時07分

>涼さん
平日の宮ヶ瀬は未経験です…。休日はファミリーが多いので、確かに狙い目かもしれませんね。
……ちょっと、ロマンチックすぎません?(笑)

>しいちょさん
フルコースだったのは確かですが……そんなに甘いモンでもなかったです(爆) 寒かった……。

投稿: nakaji | 2007年12月27日 (木) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/9576446

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・クリスマスも楽じゃない。:

« ビルにも歴史アリ。 | トップページ | スポーク、○○る。 »