« 双龍にヤジウマしに行こう!-ツーリング編・前編- | トップページ | 新装備、追加! »

2007年12月12日 (水)

双龍にヤジウマしに行こう!-ツーリング編・後編-

これまでのあらすじ。-前編-


土山峠で折り返す、と決めたらしめたもの(?)。待っているのはダウンヒルである(笑)。スイスイ〜と下っていくが、すっかり忘れていた事があった。

路面が濡れているのだ!

慌ててスピードを抑え気味にし、のんびりと下っていく。さほど長くは感じなかったーーという事は実際、登ってきた距離も大したものではなかった、ということだな(汗)。下りはじめてすぐに、一人のローディーとすれ違う。その後にまた一人。セブンイレブンを越えて、二人。


何故だ!? 
僕が走ると何故反対方向からしか会わないんだ!?


……まぁいいけど(笑)。

しかし、何だか脚が重い。おかしいなぁ、こないだの埼玉ツーリングの方が、余程長い距離を走ったのに……。体調のせいか。それとも、今日はユニクロのボディテックタイツを履いていないからだろうか。確か3,000円位のタイツだったと思うけど、それなりに効果があったのだろうか。

コンビニは全てスルーして、真っ直ぐR246に出る。……ここからが、迷走の始まりだった。いつも通り、迷走中の為、写真は全く無い(汗)。


素直に来た道を戻れば良かったのである。だが何を考えていたのか、僕はR246に沿って北上を開始してしまったのだ(汗)。少し北上すると、相模川の支流である小鮎川にぶつかる。そこで強制的にR246を外され、堺橋から再びR246へーーと行けばいいのに、

素直に行かないワタクシ(汗)。

直前で右に曲がり、住宅街を進む。勘で進んで、出たところは鮎津橋。中津川にかかる橋である。そこを真っ直ぐ進めばR129……なのだが、渡った直後に左に曲がる(爆)。川沿いを走る道。細いが走りやすかったからだ。やがてR246の下をくぐり、金田神社の側からR129へと合流する。そこで右折すればR246に戻るのだが……。

左折する、オレ(爆)。

いや、何も考えていなかったワケではない。ここから双龍へとつながる県道51号に行くには、相模川を越えなければならない。アタマにあったのは、「座架依橋」の存在である。その橋を渡れば、県道51号に出るはず。完璧じゃん、オレ。

が。

何故か、橋のエライ手前で右折するワタクシ……orz

ええ、B型人間ですから(汗)。


よくわからない住宅街に迷い込み、何とか川沿いの道へと脱出したものの精神的にグッタリ……。座架依橋を越えて県道51号に合流したはいいものの、双龍まではビミョーな登り坂(泣)。座間キャンプの前をエッチラオッチラ進み、ようやく双龍に到着!


ーーで、ここからの出来事は一昨日の記事で書いた通り(笑)。


解散後は素直に県道51号からR246に合流し、いつも通りに八王子街道〜R16と帰宅した。

やたら疲れたのだが、走行距離は約87km。僕のツーリングは特に意図しているワケじゃないが、何故か80km台後半が多い(笑)。平均時速が約23km/hと僕にしてはかなりの数字だったので、疲れはそのせいかも。いずれにしても、もっと修行が必要だなぁ。

膨れた腹を叩きつつ、そう感じた今回のツーリングでありました。

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 双龍にヤジウマしに行こう!-ツーリング編・前編- | トップページ | 新装備、追加! »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/9364729

この記事へのトラックバック一覧です: 双龍にヤジウマしに行こう!-ツーリング編・後編-:

« 双龍にヤジウマしに行こう!-ツーリング編・前編- | トップページ | 新装備、追加! »