« 雪の翌日は、天気の話題(笑)。 | トップページ | 新聞、とってますか? »

2008年2月 5日 (火)

チカラの入れ方試行錯誤。そして、宝の持ち腐れ…。

最近、

11799m






←funrideの昨年12月号







にくびったけなのである。何かというと、<ペダリング>なのだ。この時の特集が、『長距離で活きるペダリングスキル』というものなのだからでありますね。

雑誌によって(というか、人によって)<どのようにペダリングするか>という理論には多少の違いがある。例えばこのfunrideでは

「(クランクが)3時の位置で踏み切る」

とあるのだが、他の雑誌だと

「(クランクが)11時から力を込めはじめ、2時以降は惰性で」

なんてある。似ているようで、ビミョーに異なる。しかしまぁ、僕のレベルはまだ全然そんな所に達しておらず、今身につけたいのは<疲れないペダリング>なのだ。


これまでを振り返ってみると、僕はしゃむにクランクをぶん回し、「筋肉痛になった=鍛えられた」という事で喜んでいた。決して全てが間違いではないだろうが、長距離となると脚が保たず、去年のはりねずみ氏との房総ツーリングのようにアッという間に脚を使い果たし、スピードもガタ落ちになってしまう。

ねずみ氏のクロスバイクは無銘(?)の12年モノで、フレーム重量は12キロもあり、タイヤは28C。ホイールにMAVICを履いてはいるが機材だけを比べると、本来僕の方が速くなくてはならないはず。だが平均速度は彼の方が3〜4km/hも速いのだ。

その房総ツーの時にやたらチェーンがカシャンカシャンとたわむなぁ、と思っていたのだが、調べると下手くそなペダリングの典型だったらしい(汗)。どうすれば疲れず、長い距離を脚を保って走行できるのかーーと調べてみると、重要なのはお尻からモモの裏にかけての筋肉、所謂ハムストリングスだという。

曰く、脚の前面の筋肉は瞬間のパワーは出るが長続きしない。ハムストリングスは「脚を上げる」為の筋肉なので、これを鍛えると、より継続的なペダリングが出来るようになるという。なるほど、「引き脚を使う」とはよく聞くが、つまりこれは「ハムストリングスを使う」という事なのか。これまで引き脚というとふくらはぎでグイ、と引き上げるイメージだったのだが、とにかく根本的に考え方が間違っていたらしい(汗)。


知識を得て、すぐに試す事ができるのはローラー台があってこそ。ローラー様々である(っていう程やってないけど 汗)。ちょこちょことサドルの位置や高さを変えつつ、試行錯誤が続く。

しかしこんな事を書いてはいるが、実際ローラーもあまりやってないなぁ(滝汗)。これでは宝の持ち腐れ……。最後に、最近見たテレビ映画の中で、ココロに響いたあるセリフを紹介したい。

主人公が、銃の点検をしている隊員に向かって「銃なんか無力だ、置いていけ」というのである。対してその隊員はかぶりを振り、こう言ったのだ。

「避妊具と同じです。
使わなくとも、持っているだけで安心する

み、耳が痛い……orz。

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 雪の翌日は、天気の話題(笑)。 | トップページ | 新聞、とってますか? »

自転車関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/10267014

この記事へのトラックバック一覧です: チカラの入れ方試行錯誤。そして、宝の持ち腐れ…。:

« 雪の翌日は、天気の話題(笑)。 | トップページ | 新聞、とってますか? »