« 寒い中でのアツい(?)お花見。 | トップページ | 2003年北海道の旅。-3日目その2- »

2008年4月 1日 (火)

自転車、右から押すか? 左から押すか?

きっかけは、先日の記事に追加でUPした、このGIANTの広告なのである。

Ca390104

「如何にカジュアルに自転車に乗るか」

という事の一例として出してみたこの広告。よく見ると、いくつかツッコミどころがある。

1.男女の服装の差
 →男性は長袖にも関わらず、女性はノースリーブ。この季節感の差は?

2.女性の服装そのもの
 →ポタリングを前提としているにしては、ブーツにミニスカート。ちょっと走りづらそう。いやまぁ、ミニスカは大歓ge(以下略 爆)

3.二人の位置関係
 →いかにも仲良さそうに、それぞれ飲み物を片手に寄り添って歩くの図。男性はいい。しかし女性は……。飲みづらいんじゃないだろうか?


1.については、背景に写っている人々を見てもちょっと差がある事に気がつく。右側後ろ向きの女性は、ノースリーブ。左側にいる女性は、カーディガンを羽織っている。時期としては春〜初夏の設定と思われるが……。ちなみに撮影場所は横浜中華街と思われる。どちらかというと、男性の方が少しヘン?

2.は特に言う事無し。いろんな意味でアブなくはあるが(爆)、当人がOKならそれでヨシ! ……まぁ、撮影用なんだろうけどね。

問題は3.である。上では「飲みづらいんじゃないか」と書いたのだが、本質的な問題は別にある。つまり、


普通右側から自転車押すか?


という違和感があるのだ。少なくとも僕の場合、写真の男性同様、自転車の左側から押す。ここまで書いておいてナンだが、何故僕は、左から押すのだろう?(汗) 理由を考えてみると、


・チェーンが無いから
なるほど、如何にももっともらしい理由だ(笑)。歩いているだけでチェーンやクランクにバシバシ脚をぶつけるとは考えられないが、感覚的に避けている、という事はあるかもしれない。また、これはスタンドを付けていない自転車限定なのだが、地面に倒しておく際には手前に引いて倒す方が倒しやすいし、それが自然とディレイラーを保護する事にもなる。だから左側から、という事になる。

・利き足が右だから
おお、これももっともらしいぞ!(笑) どちらから押すか、ということはどちらから乗るか、という事。左から跨ると、自然右足からペダルを踏み込む事になる。僕の利き足は右なので、その方が力が入り、安定する。だから左側から、という事になる。蛇足だが、僕は基本は左利きなのである。しかし一部矯正をされた結果、上半身は左利きで、下半身は右利きという、ヘンテコな状態になってしまった(汗)。

・日本の交通が左側通行だから
左側通行なので信号などで停車する際、当然左側から脚をつく。昔、原付教習の際に、「必ず停車時は左足を着く事」と言われた事がある。右足をつくと当然、重心は右に傾く。原付は道路の端を通る事が多いので、右に脚を出すと車に轢かれたり、最悪バランスを崩したりすると、轢かれてしまう可能性もある。だから左足をつきなさい、というのだ。自転車にも同じ事が言えるだろう。


いろいろ挙げてみたが、実際には全てが複合的な要因として無意識に左になっている、というのが実際のところなのかも。純粋な左利きの人なら右側から押す、という事も……あるのだろうか? 右だ左だと考え始めてしまうと、「クランクやスプロケ、チェーン等の駆動系は何故右側にあるのか」というギモンにまで発展しかねない(汗)。うーん、どうなんだろう。

長々と書いたにも関わらず、結局なんの結論も出ていない(爆)。読んで頂いた方、ありがとうございました(汗)。


最後になって突然話は変わるのだが、今月のCYCLE SPORTS、後半が全てGIANTの広告であった。スポンサーとして雑誌的には仕方ないのかもしれないけど、ちょっと興ざめだよなぁ。CYCLE SPORTSとBICYCLE CLUBがヒルクライム特集の中で、funrideだけがロング特集だったので、今月はfunrideを購入(笑)。何だかんだと言いつつ、毎月何かしら買っているワタクシであります。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 寒い中でのアツい(?)お花見。 | トップページ | 2003年北海道の旅。-3日目その2- »

自転車関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/12061581

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車、右から押すか? 左から押すか?:

« 寒い中でのアツい(?)お花見。 | トップページ | 2003年北海道の旅。-3日目その2- »