« 事故というのはイヤなもの。 | トップページ | ロイヤルウイング乗船記。-後編- »

2008年5月 8日 (木)

ロイヤルウイング乗船記。-前編-

以前、自慢紹介した<ロイヤルウイング・ティークルーズ ケーキ&フルーツバイキング・ペアご招待状>をgetだぜ! というオハナシ。いつ行くか、という事が問題であったのだが、行ってきました。


このGWの真っ直中に!


rikaがダメ元で電話してみたところ、

「選びたい放題だった」

という。……大丈夫か? ロイヤルウイング(汗)。


GW期間中は良いお天気が続く、と天気予報で言っていたのだが、この日は朝から雨。だが「午後からは晴れ間が覗く」という。それを信じてイザ! ーーの前に、ちょっと寄り道をしようという事に。ティークルーズは14時受付開始。それなりに時間はあるのだ。この日、みなとみらいはパシフィコ横浜では、ヤマダ電機の蚤の市が開かれていたのである。

「入場無料だし、ちょっと見てみようよ」

と、軽い気持ちで向かったのだが……それが間違いだった(汗)。

スゴい人の渦(滝汗)。

Yamada
ブレブレでスイマセン(汗)。


マトモに歩く事すらままならない空間が、そこにはあった。そもそも、特に買いたいモノがあって来ているワケではない我々。意地で一通りはまわったものの、得られたのは疲労だけ……orz。

うーん、どうも僕は生命力が弱いというのか、ああいった『一億一心火の玉だ』というような「奪い合いの場」に行くと引いてしまう。


軽くお茶をしている内に、雨は上がった! いよいよロイヤルウイングの乗船手続きをしに、大桟橋へ。しかしここで、衝撃の事実が発覚。二人ともこれまで、


一度も大桟橋に行った事が無い!


「アナタ横浜市民なのに、なんで?」

と、ここぞとばかりに海老名市民が僕をイジメるのである。大桟橋。これまでの僕のイメージというと、

「カップルが夜景を眺めるフリをして、闇に紛れていろいろとヨカラヌコトをしている」

というもの(?)。……まぁ、それは極端であるが、基本的には「夜のデートスポット」。芝生のスペースがあって立ち入り禁止なのだというが、それを無視して入り込むカップルが多数いる、と聞いた事もあり、

「なんかグッタリしそうだ……」

と足が向かなかったのである。だが今日は行く! 行ってやる! という事で一路、大桟橋へ。近年、観光客をみなとみらい地区に奪われてしまっているという山下公園付近であるが、確かに比べてしまうと人通りが多いとは言えない。レストラン等にも、待つことなく入れそうだ。だが逆にそれが落ち着いた雰囲気を醸し出していて、僕的には結構好み。

Kujira
そんなワケで、到着。


専用カウンターで受付を済ませると、集合まで15分程時間があった。なので、通称「くじらの背中」と呼ばれる甲板(?)に出てみる。この大桟橋の床は全て天然の木材で出来ていて、雰囲気はまさに「甲板」なのだ。「お子様が転ばれたりすると、トゲが刺さる事がありますのでご注意下さい」というアナウンスが繰り返されていたりもする(笑)。


Kujira00
くじらの背中から、横浜を眺める。クリックで少しだけ拡大。


この日は「ザよこはまパレード」という、GW恒例の国際仮装行列があり、赤レンガ倉庫がその出発地点になっていた。なので、赤レンガの人混みは凄まじいのだが、少し離れた大桟橋にはあまり人がいない。やはりここのメインは、夜なのだろう。

海側から横浜を眺める、ということはなかなか無いので、見慣れたはずの風景も新鮮に感じる。雨は完全にあがり、雲の間から青空も見えてきた。


ーーさあ、いよいよ、乗船だ!

続く。(後編へ



Roy2 コイツに乗ります。

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 事故というのはイヤなもの。 | トップページ | ロイヤルウイング乗船記。-後編- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/20836522

この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤルウイング乗船記。-前編-:

« 事故というのはイヤなもの。 | トップページ | ロイヤルウイング乗船記。-後編- »