« ハンサムにはなれないが、スーツを買ってみた。<後編> | トップページ | ヘンなCメールが来た。 »

2008年11月25日 (火)

飯田牧場へ、リハビリポタ。

この三連休は、月曜日を除いて良い天気でしたね。Team S.S.RのHPで、月曜日にランチポタの開催が予定されていたのだが、天気予報により、中止が決定。ちょっと参加しようかな? と思っていたのだが、今の状態で、S.S.Rの方々に着いていけるとは到底思えない。何しろ、半年近くマトモに自転車に跨っていないのだから(滝汗)。


ーーという事で、23日の勤労感謝の日。


「リハビリポタをしようではないか!」

という事で、久々に自転車に跨る事にした。スタンドに載せたっきりになっていた二台のチャリを降ろし、整備を始める。タイヤの空気はヌケヌケ。特にsirrusに至っては前後とも、完全に空気圧ゼロ! という事で、まずは空気入れから。

我が家にあるポンプは、TOPEAKのロードモーフ1本。一応、フロアポンプのようにも使える便利なヤツだ。固定レバーの使い方を一瞬思い出せなかった自分にオノノキつつ(爆)、一本目……二本目……で、

Ca390874_2 皮がムケた(汗)。



もうズルムケですよ(涙)。よくネットで「やっぱりフロアポンプは楽ですね!」という内容の書き込みやら記事やらを見かけるのだが、その意味がよく分かった(泣)。

痛みを堪えつつ残りの二本にも空気を注入。ブレーキとギアを調整して、最後にフレームとホイールを拭いて完了! 引っ越しのドタバタのせいか、チェーンオイルが見つからなかったので、多少動きがシブいかもしれないが、仕方ない。まぁ今日はリハビリだし……と自分をゴマかす(爆)。


Ca390876_2 一応整備完了!

目標は、境川CRから飯田牧場! 境川CRは何度も(という程ではないけど)通っているのだが、その途中にあるという飯田牧場にはこれまで一回も行った事がなかったのである。距離的にもさほどでもなさそうなので、ポタリングには丁度いいだろう。

念のため飯田牧場のHPから地図をプリントアウトして見たのだが、


分かりヅラっ!

とりあえず、「俣野橋」を目標にしてスタート! 乗ってしばらくは、やはり違和感がある(笑)。サドル高けぇ! とか思ってしまったが、念のためインナーパンツを履いていたせいか、ケツお尻は痛くなかった。CRに入り、川沿いに南下していく。rikaにとっては初めての境川CR。とにかく安全第一だ。フロントはセンター固定で、リアも24T。クルクル回しても、20km/h程度(笑)。

途中の休憩所で地図を見ようと止まったら、rikaが道を塞ぐようにして停車してしまい、僕もそれに気付かずに、他の方から注意を受けてしまった。ウーム、やはりどこかヌケていますな(汗)。反省である。


境川の情報センターを通過して、すぐに見える大きな橋が「俣野橋」だった。ただし、橋の上に出るには少しだけ未舗装区間があるので気を遣う。橋を右に曲がって、一つ目の信号を左。すると、すぐそこが飯田牧場だった。森の中とかにあるのかな、と想像していたのだが、本当に住宅街のド真ん中にあるのである。


Ca390884_2看板があるので、すぐ分かる。

走っていると空気が冷たいので寒いのだが、止まると日射しが暖かい。そんな陽気も手伝ってか、牧場前にはちょっとしたクルマの渋滞ができていた。駐車場所を巡るちょっとした小競り合い(?)もあったりして……。ここはあまりクルマで来るべき場所では無いな、と思う。

気を取り直して、注文したのは

Ca390878_2

牛乳(お召し上がり用カップ)250円

と、

Ca390880_2

ソフトクリーム(ミックス)310円

に、

Ca390882_2

ジェラート(シングル)310円。

食べながら、裏にある厩舎へと行ってみると、一頭一頭にちゃんと名前が付けられた牛がノンビリと座っていた。どこかで見たような……と思ったら、スイスで見た牛と同じ種類なのだった。一般的なホルスタインもいたけど。

Ca390883_2

個人的に、ちょっと懐かしい(笑)。

帰りは境川情報センターで水の補給をする。短い距離なのでボトルを持ってこなかったのだが、濃厚な牛乳やらアイスを食べたら水が飲みたくて仕方なくなったのだ(笑)。ローディーも何人かいる。女性のソロローディーとオジサン二人が女性のものらしいCAMPIONEを前にして何やら話している。

「○○さん(聞き取れなかった)はよォ、サガミの主って言われてるんだぜ」

「えー、そうなんですか?」

「いやぁ、そういう風にいう人もいるけどサ、別にそんなんじゃないよ。ただ、あそこの社長を昔から知ってるってだけだって……」

んん? そう言うオジサンは自転車海苔っぽくない普通のシャツにセーター、下はスラックスという格好をしていたのだが、どうやらここも「濃い」人達が集まっているようだ。僕の隣にあったCR1も、サドルをよく見ると昔ながらの皮サドル! 色が濃いため、黒フレームにさほど違和感なくとけ込んでいた。

Ca390885_2

情報センターの止まり木にて。

その後は向かい風の中をポタポタと進み、陽が落ちる前に帰る事ができた。正味20kmにも満たないポタリングであったが、


やっぱり自転車は楽しい!


と思い出させてくれた、良い時間でありました。

Ca390875

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« ハンサムにはなれないが、スーツを買ってみた。<後編> | トップページ | ヘンなCメールが来た。 »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

とうとう始動ですね^^
そうです、境川CRは基本かつDEEPです!!

お互いがんばりましょう!!
ファイトおれ!!

投稿: ikeda | 2008年11月25日 (火) 19時16分

3連休前に、お江戸へ出掛ける時の地元駅で、観た風景。

デカ目のバックに自転車(種類は解りません)が入っているグループ(男女7人ぐらい)。
いったい何インチまで、そして何所まで畳めたら電車内に持ち込めるのか?

折り畳みに拘っていたが、車輪が26インチでも綺麗に折り畳めて、電車に同乗できるのか?
競輪選手が乗せているのは観たことがありますが。

私の理想は26インチを電車で都内に…なのです(乗って楽だから)
坂の多い都内を、ギアの着いた自転車でノンビリと、が理想です。

ちなみにクロスバイクが理想です。
アドバイスを宜しく。

投稿: MATSU | 2008年11月25日 (火) 21時53分

>ikedaさん
お久しぶりです。ようやく、少しずつですが時間を作れるようになってきました(汗)。

身近になった境川ですが……思った以上にDEEPですねぇ(笑)。

今後もお互い、頑張っていきましょう!

投稿: nakaji | 2008年11月25日 (火) 23時59分

MATSUさん、はじめまして。
nakajiのメカ顧問?の、はりねずみです。
もし見当違いの回答だったらごめんなさい。
輪行をご存知でなかったら、以下の回答です。

電車の乗せるのは26インチどころか、レーサーでも電車に乗車可能です。
私はクロスバイクを何度も電車に乗せました。

たぶん、「デカ目のバッグ」とは輪行袋ですね。
大体は前輪後輪はずして収納します。
ものによっては前輪しかはずさないものも・・・。
袋に入れてしまえば電車に乗車可能です。

以前は「手荷物料」というやつ(どこまで行っても260円)を払う必要がありましたが、阪神大震災を機に自転車は無料になりました。

峠の傍までは電車、おいしいところだけ走って帰りも電車、ってスタイルが実現できます。
乗換えがだるいけど。

ちなみに、バスに自転車を乗せてしまったツワモノもいます・・・。料金2倍だったそうです。

投稿: はりねずみ | 2008年11月26日 (水) 00時04分

>MATSUさん
輪行袋を使えば、26インチでも問題なく電車に乗せられますよ。

問題は折りたたむワケではないので、出し入れに手間がかかる、という点ですね。袋の種類にもよりますが、少なくとも一つはタイヤを外す必要があります。

最も手軽に輪行でのサイクリングを楽しむなら、やはりフォールディングバイクだと思いますよ。僕も欲しいです(笑)。

ちなみに、こんなページを見つけました。参考になれば……。

http://www.k2.dion.ne.jp/~style/folding/

投稿: nakaji | 2008年11月26日 (水) 00時14分

>ねずみ氏
おお、コメントが入り乱れてしまった(笑)。

丁寧なレスをありがとう。お互いに復活の日曜日だったみたいですね!

お互いに頑張ろう(笑)。

投稿: nakaji | 2008年11月26日 (水) 00時17分

>はりねずみさん
有り難うございます。
輪行というのですね。
坂の多い都内を自転車で走るには、26インチ位無いと段差などで走りにくい、ギア段数が満足しないかな、と思っていました。
組み立て分解は腰袋に何点か工具を持って行けばよいし、然程苦になりません。
とても勉強になりました。
有り難うございます

>nakajiさん
参考欄を見てきました。
折り畳み自転車を、フォールディングバイクというのですね。
成る程…フォールディングナイフを思い出しました。
カプチーノに乗せないで、走行第一ならば26インチ以上でしょうか。
また、たまにカプチーノに或いは他の車に乗せるのならば、フォールディングバイクでしょうか。
駅で即、走行に入るにはフォールディングバイクが確かに便利ですね。

いずれにしても、しっかりとした自転車(そこそこの価格)を選ばなければいけませんね。

さて棒と茄子の時期。
後は、愛する妻を如何に騙す…元へ、承諾承認を頂くかです(笑)

投稿: MATSU | 2008年11月26日 (水) 18時59分

>MATSUさん
最後の壁が高そうですが(笑)、買う前が一番楽しいですよね~。

頑張って下さい!

投稿: nakaji | 2008年11月29日 (土) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/25640550

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田牧場へ、リハビリポタ。:

« ハンサムにはなれないが、スーツを買ってみた。<後編> | トップページ | ヘンなCメールが来た。 »