« 三日目:フランス入国! -2008年秋・スイス旅行 その7- | トップページ | 四日目:『エギュ・ド・ミディ』 -2008年秋・スイス旅行 その8- »

2008年11月 4日 (火)

既知との遭遇 〜久々のドライブ〜

スイス旅行記は一旦ブレイクさせて頂き、今日は通常の内容です(笑)。


三連休の中日、11/2(日)に久々の箱根に行ってきました。

スイマセン、クルマです(汗)。

引っ越してからというもの忙しくて、近場といえどもなかなか出かける機会がなかったのですね。今回は、会社の社員旅行で熱海に泊まっているrikaをピックアップする、という目的をあえて造りだし(爆)、出撃したというワケであります。


寝坊して、家を出たのは6時40分。本当に久々の(1年以上振りじゃないか?)カプチフルオープン! 9時頃に熱海という事だったので、実はそんなに余裕が無い。この日はいろいろイベントがあり、カプチーノ関係では浜松で全国規模のミーティングが。自転車関係ではmasaさんが主催する「おいらの行き先は割り箸に聞いてくれオフ」というまるで「水曜どうでしょう」の<サイコロの旅シリーズ>のようなオフ会が行われているのだった(笑)。

どちらにも参加できていない非常に中途ハンパな立場であるのだが(爆)、浜松はムリだけど、masaさんオフは確か熱海方面を目指していたはず。運が良ければ、どこかで遭遇する事ができるかもしれない。……声まではかけられないけど(汗)。

そんなアマイ考えのもと、とりあえず海岸線から西湘バイパス経由で箱根に行く事に決定。


が。



R134が大渋滞……orz


R1の方がまだ空いていたかもしれん。失敗であった。ジリジリしながらサザンビーチを過ぎ、新湘南大橋を越え、平塚を通過してやっと、西湘バイパスへ。ここは順調(笑)。時刻は既に7時半をまわっていた。経験上、7時を過ぎると箱根の渋滞は始まってしまう。特に行楽日和の三連休中日。

危険を察知して、ここはターンパイクから大観山へ向かう事にした。その方が、椿ラインを通って湯河原経由で熱海に行くにも都合が良い。ターンパイクの料金所に着いてみると、



ポルシェポルシェ、フェラーリフェラーリランボルギーニのてんこ盛り!


日本は不況じゃ無かったのか?(汗)

ターンパイクは700円。千円払ってお釣りを受取り、脇に止まってそれを仕舞おうと思ったのだが、


後ろから迫り来るV12のエンジン音!!

反射的にそのままアクセルを踏む。右手に300円を握ったまま(爆)

とはいえ、勝負なんかするつもりもないーーてか勝負にならないーーので、すぐに道を譲る。しかし、譲っても譲っても後から来るんだよ(汗)。ガヤルドに追っかけられる体験なんか滅多に出来ないなァ、等と思いながら、大観山に到着! 


そこは、趣味車の世界(汗)。


一体何億円がこの場に集まっているのだろう、と思えるような光景であった(写真撮っておけば良かった……)。フェラーリ、ポルシェ、スーパーセヴン等のオフ会が花盛りだったらしい。あまりボヤボヤしているとまた後ろから突かれかねないので、僕にとっては初となる椿ラインへ。走って分かったのだが、フェラーリ軍団は決して近寄らないだろう、狭い峠道であった(笑)。時折来るバイクを先に行かせつつノンビリと下り湯河原から熱海駅へ。


rikaが泊まっているというのは「熱海百万石」。この時になって、詳細地図を忘れてきた事に気付く(爆)。しかしツーリングマップルを見ると、キチンと載っているではないか。それくらい有名なら、近くまで行けば案内くらい出ているだろう……と予想して駅前に行くと、果たしてあった(笑)。

看板を頼りに迷うことなく進んでいくと、道の脇にどこかで見たような標識が立っている。

6eb3024d6273e23d097230158e7c9b23
↑コイツ(masaさんのHPより拝借)


そう、「熱海百万石」は、masaさんオフが目指している「頼朝ライン」の途中に建っているのだった。にしても、



エライ斜度なんですが(汗)。


数時間後にはここを通過するであろう自転車の方々に申し訳無いと思いながら(?)、rikaをピックアップして僕はクルマで通過する(爆)。そこから伊豆スカイラインを経由して、熱海峠から箱根に戻る。芦ノ湖畔に着いたのは11時頃。クルマは既にかなり渋滞中であった。セブンイレブンの横を通過する時、サイクリストらしき姿が見えた。そのレーパンのフトモモには、「Sagami Shonan Riders」の文字が! 

アッと思った時には既に遅く。通り過ぎてしまった……orz


帰りは、まだまだススキが美しい仙石原から本来通っては行けないのであろうが(汗)、いつもゲートが開いている明神林道を抜けて足柄経由で。途中で万葉うどんを食べて帰りました。何度も通った道も含まれていたが、久々のオープンドライブ。やはりイイ! でありました。


Ca390854002
大観山展望台、午前8時。幻想的な風景。







話しは変わって。


実は最近、カプチを手放す事を考え始めている。こんなクルマはもう二度と出てこないだろうし、持っている事自体、理解される事は少なくとも(苦笑)実は誇りに思っている部分もある。

しかし生活環境の変化もあり、最近ではお買い物グルマと化してしまっている部分も多々あり……(汗)。二台クルマが持てれば何の問題もないのだろうが、フトコロ的にはそれが許される立場ではない。

個人的な思い入れは、かなりある。北海道に二回行き、ネットを始める切っ掛けにもなった。僕にとっては大袈裟ではなく、「人生を変えてくれた」クルマだ。自分のミスで一度事故ったり、エンジンを潰してしまったりもしたが、復活させてきた。しかし……。


今、かなり悩んでおります。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 三日目:フランス入国! -2008年秋・スイス旅行 その7- | トップページ | 四日目:『エギュ・ド・ミディ』 -2008年秋・スイス旅行 その8- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/25022608

この記事へのトラックバック一覧です: 既知との遭遇 〜久々のドライブ〜:

« 三日目:フランス入国! -2008年秋・スイス旅行 その7- | トップページ | 四日目:『エギュ・ド・ミディ』 -2008年秋・スイス旅行 その8- »