« Last touring -富士山周辺の旅 前編- | トップページ | ラチェット音がしないのです。 »

2008年12月 3日 (水)

Last touring -富士山周辺の旅 後編-

これまでのあらすじ。<前編
-----------------------------------------

Ca390902紅葉台展望台から、富士山を望む。天気はサイコー!!


我々が山中湖に行ったら何をするか。というか、何処に行くか。必ずといって良いほど行くのが、

Papermoontop
Cafe Paper Moonである(画像はHPより拝借しました)


10歳以下は入店禁止という、人によっては結構高飛車なイメージを与えるこのお店。しかしお店は外観、内装共にオシャレで、駐車場には必ず高級外車が止まっていたりして、かなりの賑わいをみせているのである。

10歳以下が入店禁止なのは「大人にとって「心地よい時間と空間」をご提供するため」らしいのだが、正直言って「別に子供がいたっていいじゃん」と思えるような柔らかい雰囲気。

しかしお値段的には、確かに「お子様お断り」を感じさせる。ケーキと紅茶がほぼ同じ値段で、平均各700円(汗)。殆どの人がケーキと飲み物を頼むだろうから、最低でも一人1,400円はかかる事になるのである。

ウーム、なんだかケチくさい話しになってしまった(汗)。ま、美味しい事は確かなのです。

Ca390909
苺のショートケーキ。美味しかった……(笑)。


このCafeに来るのは1年以上振りになるのだが、ここに来る度に思うのである。店の雰囲気に合った若いキレイドコロのおねーちゃん達が4、5人働いているのだが、

この人達はどこからここに来ているのだろう?

それも毎回、面子が違うように思うし……まぁ、たわいのないヒトリゴトなのですが(爆)。

お茶を終えて、僕らは一旦河口湖へと戻る事にした。それというのも、今日の最大の目的があったのである。

「河口湖オルゴールの森美術館に連れてけ(意訳)」

と、rikaがのたもうたのだ。どうやら雑誌に載っていたのを見たらしい。

「イルミネーションが綺麗なんだって」

うーむ、オルゴールだのテディベアだの、はたまた星の王子様だのといった、何故か観光地によくあるその土地と無関係な(?)ミュージアム関連には、一生縁が無いと思っていたのだが。

しかし、時刻は14時半をまわったばかりで、暗くなるには時間がある。とりあえず、河口湖畔にある「道の駅かつやま」で時間でも潰そうか……と思って向かったのだが、

何かおかしい。

反対車線が妙に混んでいる。中央高速の入り口には殆ど動かない位にクルマがひしめき合っている。河口湖に近づくにつれ、かなり異常な事態になっている事が分かった。

中央高速の入り口を先頭に、河口湖畔までずーーーーっと渋滞ができているのだ(汗)。

河口湖大橋の上は勿論、旧道にいたるまでヒドイ状態だ。殆どクルマが動いていない。後で知ったのだが、この日は河口湖周辺でマラソンのイベントが行われていたらしい。終了したのが13時半頃で、準備を終えた参加者達が一斉に帰宅を始めた結果、この大渋滞が引き起こされたというワケだ。……つくづく、反対車線で良かった。

そう思った瞬間、気が付いた。「道の駅かつやま」に行くには、一旦本来の目的地である「河口湖オルゴールの森美術館」を通り過ぎる必要がある。という事は、

戻る時に渋滞にハマるじゃん(汗)。

 

急遽、方針を変更! とりあえず「河口湖オルゴールの森美術館」に入ってしまう事にした。かなり広い駐車場で、案内係もちゃんといる。観光バスが何台も並んでいたりして、結構な観光スポットなのかもしれない。暗くなるまで時間が潰せるのか、と心配していたのだがーー心配無用だった。

Ca390911 入り口の看板。オシャレです。

広い敷地内には幾つかの建物があり、それぞれで時間毎にオルゴールの紹介や演奏、はたまた弦楽四重奏団の生演奏等のイベントがあり、しかも回毎に微妙な変化を加えて、客を飽きさせないようになっている。

Ca390915

一時間毎に行われる、カラクリ人形と噴水のセレモニー。

Ca390918

夜バージョン。

オルゴールだけではなく、「自動演奏楽器」というくくりで幅広い展示物があり、本来客船「タイタニック」に搭載されるはずだったが制作が納期に間に合わなかったが故に生き残った、「タイタニックモデル」の自動演奏楽器の歴史などを知る事もできる。

スマン! オレはオルゴールを侮っていた!

そう言いたくなる位、暗くなるまで思い切り楽しんでしまった(爆)。

Ca390921

夕闇が迫る富士。

Ca390922

コレが自慢の(?)、イルミネーション。

渋滞はいつまで続くのかーーと心配していたのだが、17時を過ぎるとほぼ解消されていた。後の問題はどういうルートで帰るのか、という事なのだが……。

ま、道志みちですな(笑)。

東名高速よりも、安全確実な下道を選ぶ。妙に速いレンタカーヴィッツに引っ張られるようにして、気持ち的にはアッという間に道志みちを駆け抜ける。

国道との合流を右へ。しばらく行くと、宮ヶ瀬湖方面への分岐があるのだがーー。

「行ってみない? 宮ヶ瀬」

と、rikaが言うのである。宮ヶ瀬には毎年12月にクリスマスツリーを見に行っているのだが、今年はいつからやっているのかそれが分かるかも、というのだ。

このまま国道を行くよりも、土山峠経由の方がクルマが少なくて、楽しいかもしれない。

そういう思惑もあり、宮ヶ瀬方面に向かう。道の脇に立て看があったのでストップして見てみるとーー。

『開催日 11月29日〜』

って、もうやっているのか(驚)。

ーーというワケで、


Ca390926

寄ってみた(笑)。


いやまぁ、せっかくですから。


それにしてもこの日は11月最後の週末の、日曜日の19時半。

Ca390925


人が少ない!


クリスマス近辺になると15時位から深夜まで、周辺の道路は地獄のような渋滞になるのだが、この日は渋滞など一切無く、rikaなどは

「もう少し人がいた方が雰囲気あるのになぁ」

などと、無い物ねだりを始める始末。

ちょっと驚いたのは、昨年に比べて格段にイルミネーションの数が増えている事。色も華やかになったような気がする。宮ヶ瀬も頑張っているんだなぁ。

Ca390928

今年は橋もライトアップ。キレイです。

毎度お馴染み、田口商店で豚ジャーキーとカルビをパク付き、ホットワインと甘酒で〆る。本当はホットワインだけでも良かったのだが、客があまりおらず売れていないからか、例年に比べてワインの味がかなり濃く、下戸にとってはキケンを感じた為、急遽甘酒を導入したのだ(爆)。

ちなみに、今までもそうだったのか分からないが、クルマで行った人は駐車券を見せると、メインブースでホットドリンクが1杯無料で貰える。しかし、メインブースにしかその案内は書かれていないので(爆)、これからクルマで行かれる方は、駐車券をしっかりと持っておく事をオススメする。

僕は財布の中を探しまくった(汗)。

200、300円が無料っていうのはデカイですよ(笑)。

これにて、朝から晩まで遊びまくったツーリングは終了! 渋滞にはまる事も、遅い車に悩まされる事も無く、快適なオープンドライブを楽しむ事が出来た。



……ところで、何故タイトルが「Last touring」なのか。薄々気付かれている方もいるかもしれないが、

カプチーノを手放す事にした。

それ故に、今回はカプチでなければならなかったのだ。手放す理由は色々あるのだが、イイワケがましくなってしまいそうな気もするので、ここには書かない。

僕が手に入れてから6年、その間の走行距離、約51,000km。今回の走行距離、約350km。

カプチーノよ、長い間、どうもありがとう。

Ca390908 peper moon駐車場にて。逆光でヘンになってしまった(汗)。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!

人気blogランキングへ

|

« Last touring -富士山周辺の旅 前編- | トップページ | ラチェット音がしないのです。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

あー
やっぱりそうなんですか。
残念です。


自分も実はMT乗り換えを模索してまして・・・
ちとご相談してもよろしいでしょうか?

投稿: 涼 | 2008年12月 4日 (木) 12時43分

>涼さん
どもです。
やはり、諸般の事情により(汗)乗り換えとなってしまいました……。

しかし、思わぬ所からオハナシが……。
一応、買い取り店には連絡しているのですが、正式契約では無いので、今なら相談OKっす。

とりあえず、浜集の掲示板に連絡先書いておきますね。

投稿: nakaji | 2008年12月 4日 (木) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/25872810

この記事へのトラックバック一覧です: Last touring -富士山周辺の旅 後編-:

« Last touring -富士山周辺の旅 前編- | トップページ | ラチェット音がしないのです。 »