« クルマネタでごめんなさい(汗)。 | トップページ | カプチーノを売りに行く。(後編) »

2008年12月18日 (木)

カプチーノを売りに行く。(前編)

さて、一昨日予告した通り、今週は「クルマネタWEEK」となっております(爆)。本日は、カプチーノを売りに行った時のお話し。


知っているヒトは知っているが、カプチーノといったらこれはもう立派な


Ca390964
趣味車。


趣味車=実用的では無い、というイメージがつきまとうと思うが、それは事実。2シーターのオープンカー。それでいて軽自動車(しかも規格改正前)なのであるから、荷物の置き場など殆ど無いに等しい……それでもカプチはまだマシな方なのだが。

「走りを楽しむ為の、純粋なスポーツカー」

なのだ。

つまり何が言いたいのかというと、


普通の人は欲しがらない。


という事なのでありますね(汗)。

しかしその一方で、熱狂的なファンがいる事も事実。ではその「熱狂的なファン」のヒトとどのように接触したらいいのかーーというと、これはもう個人売買しかないのである。現在ではネットオークションで簡単にできるし、カプチ好きな方々も(最近はちょっと疎遠になってしまっているけど 汗)知っている。

とはいえ、個人売買=現状渡し、となるワケで、以前にも少し書いたが、クルマの現状を全て把握しているワケではないワタクシ(汗)。13年オチ、3オーナーのクルマである以上、それなりに手を入れていかなければならないだろう。

そうなるとやはり、

「お店に売るか……」

という考えに至ってしまうのでありますね。


最近ではネットで同時に複数の会社にオークション形式で見積もりを出させ、一番高い金額を付けた所に売る、という事もできるらしいが、調べてみるとあまり良い評判が聞こえてこない。落札の後、実際のクルマを査定してから最終的な金額を決める、という流れらしいのだが、その時点で落札金額よりも下がる事が当たり前、なのだという。

じゃあ落札金額って何の意味があるんだ?

と素直に思ってしまうのだが。

とりあえず、マンツーマンでの交渉はメンドウが多そうだ、という事で、何とか時間を捻出して直接店に持ち込んでみる事にした。と、その前に普通のディーラーでの査定をお願いしてみる。

先に、簡単なカプチーノのスペックを説明しておこう。


・H7年式(13年落ち)カプチーノ後期型ベースグレード
・僕で3オーナー目(記録簿有り)
・走行距離129,000km
・事故歴有り(右フロント、バンパー&フェンダー交換。走行に支障無し)
・エンジン交換歴有り(122,000km時に約60,000kmのリビルドエンジンに交換)
・改造箇所多数(基本的にボルトオンのもの)



まずは、スズキアリーナ。今回のクルマを買った店とは異なる。対応してくれたのは、若いアンチャン。見積もりと同時に査定をお願いしたのだが、エライ時間がかかった。何やら電話が長引いていたのだが、ややぁっと戻ってくると、

「いやぁ、苦労しました」

と、一言(汗)。

「ちょっと言いづらいのですが、あの年式と走行距離では……ちょっと、お値段がつかないんです」

うーーん、まぁ、そうか。そうだろうなぁ。

「ただ、カプチーノですし。ある意味特殊なクルマですから、掛け合って何とか、10万なら……という形です」

正直、単純にスペックだけで見られてしまうとクルマとしての価値は限りなく0に近い、という事は認識していた。しかしそれでも、ある程度の値段は付くだろう……という僕の自信を支えていたのは「カプチーノである」という事。その希少性である。

10万円、という金額が高いのか、低いのか。客観的に判断すると分からないが、少なくともその時の僕にとっては、失望の方が大きかった。生みの親であるスズキだったら、スズキだからこそ、価値を認めてくれると思っていたのだが……。

「希望金額はございますか?」

と訊かれると、正直困ってしまう。ただ中古車情報を見ると、どんなに安いカプチーノでも50万以上はするものが殆ど。となると、少なくとも気持ち的には10万では売れない!

次に行ったのは、ダイハツのディーラー。「軽の2シーターオープン」を現行販売している会社である。ちょっと期待しなくもなかったが……結果は、スズキとほぼ同じ orz。


とりあえず、スズキとダイハツの両方のディーラーに行って、思った事が一つ。


スズキはクルマ売る気あるのか?


ちょっとカプチの話しからはズレるのだが(汗)。ダイハツはクルマを止めようとすると店内からダッシュで店員がやってきて、すかさず誘導などをしてくれる。

対してスズキは放任主義(?)。クルマを止めようが、展示車を覗き込もうが、店内に入ろうが、アプローチがひとっつも無い! 別の日に狩場にある本社にも行ってみたのだが、この姿勢はマッタク変わらなかった。ある意味、かなり強気である。

うーん、クルマには結構魅力あるのだが……。以前ヒドイ対応をされた、長野のディーラーを思い出してしまった。それとも僕が、


余程カネ持ってなさそう


に見えたのか(爆)。


……とりあえず、ハナシは続くのである。



後編へ)

Ca390962 カプチの運命や、如何に……。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« クルマネタでごめんなさい(汗)。 | トップページ | カプチーノを売りに行く。(後編) »

クルマ関係」カテゴリの記事

コメント

ほんとスズキ(の営業)はやる気ないですよね・・・

それでも車は売れるんだから、ある意味ダイハツ・トヨタはやりすぎなのか?

投稿: 涼 | 2008年12月19日 (金) 00時11分

あ、でもウチの近所のスズキの営業さんはいい人だったなぁ。
試乗車ないからって自前のスイスポ乗せてくれたっけ・・・

買えなくてゴメン。

投稿: 涼 | 2008年12月19日 (金) 00時14分

>涼さん
スズキには独特のシステムがあり、それが「売れる」事になっているようです……。

実家近くのディーラーは、いい人が多かったですね。潰れちゃいましたが(汗)。未だにバス停の名前が「スズキアリーナ前」になっているのが悲しい(涙)。

投稿: nakaji | 2008年12月22日 (月) 18時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カプチーノを売りに行く。(前編):

« クルマネタでごめんなさい(汗)。 | トップページ | カプチーノを売りに行く。(後編) »