« 静岡へ、ナラシの旅。-前編- | トップページ | 小腹が空いたら……。 »

2009年1月16日 (金)

静岡へ、ナラシの旅。-後編-

これまでのあらすじ。-前編-


Ca391054
入り口に建つ看板。


三保の松原への入り口は、随分と分かりづらかった。三保半島へと国道を左折した後、さらに左折する必要があるのだが、その場所がマッタク分からない。

結局半島先端の灯台まで行ってしまい、駐車場のオババに道を尋ねてようやく、辿り着く事ができた。案内表示が「三保の松原」だったり、「羽衣の松」だったりと統一されていないのもどうかと。

とまぁ、最初から文句タラタラでイマイチ印象がヨロシクなさそうな、カタカナだらけの印象をもたれるだろうが、


Ca391058
絶景かな!



素晴らしい景色。これで風さえなければ……orz。飛んでくる砂に背を向けながらの移動。しかしこの砂、触ってみるとかなり暖かいのだ。寝ころんだりしたら、かなり気持ちがいいだろうなぁ。


Ca391055

一応、「羽衣の松」もおさえておく(笑)。


時刻が12時半をまわったところで、由比に向けて出発。桜エビのお店としては、「美味しんぼ」に載ったというものから通向けの、あまりよく知られていないような店までかなりの数があるという。そんな中、僕らが選択したのはツーリングマップルに載っている、「ゆい桜えび館」の「桜えび茶屋」。ええ、安全第一ですが、何か(爆)。

国道150号から1号に入り、海沿いに進む。ツーリングマップルには「まるで高速道路のよう。スピード注意!」と書かれているこの区間。確かに高架になっている部分が多く、信号も無くて正に高速道路モドキ。クルマの交通量は多いが、流れはスムーズである。これだったら、沼津で降りてそのまま下道でも良かったかもしれん。

国道を降りると、反対車線をぽつぽつとローディーが走ってくる。

「何か、大会でもあるのかな?」

と、rikaが言って思い出した。確かこの日は、静岡でブルペが行われているのだ。殆どのヒトが着ている反射ベストからみても、間違いない。それと意識して、プルぺをしている人達を見るのは初めての経験だった。しかし海沿いは風がキツそうだ……。


程なく、「ゆい桜えび館」に到着。「桜えび茶屋」は結構混んでいたので、名前を書いて併設されている土産物屋を物色する。桜エビを使ったお菓子や漬け物などが並べられ、試食も出来る(笑)。


Ca391061
結構賑わう店内。



しかし色々見てみたのだが、どれもこれも、人工着色料が使われているんだよなぁ。桜エビのあの桜色を出すには、仕方が無いという事か……。「人工着色料不使用」なんてのが、パッケージにドンと書かれているものもある。逆じゃないの? と思わなくもないが。「使ってます」とドンと書いてくれ。

結局ここでは買わなかったのだが、外の駐車場の一角で地元農家の野菜が売られているのを見て、思わず目の色を変えてしまった。


レタス1個100円! 人参が5本で100円! キュウリも5本で200円!


うおお、安いぜ! 


ーーという事で、即買い(笑)。うーむ、かなり以前とは反応するモノが変わってきてしまったワタクシである。


Ca391062
茶屋では、オバチャン達が奮闘中。


20〜30分は待っただろうか。ようやく順番が回ってきた。迷わず注文したのは、


Ca391063
かき揚げ丼!(1,050円)


Ca391064
rikaはかき揚げ定食(1,150円)


サクサクでサイコーです。


rikaが一枚食べている間に、全て完食してしまった(爆)。


さて、あとは帰るのみーーなはずなのだが、地図上に『田子の浦』という文字を見つけたrika。

「ちょっと寄ってみない?」

という。

「何があるの?」

と僕。とりあえず、あの有名な和歌は知っている。



「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける 」


特に、本文とマッタク関係ない位置に配された「ゆ」のインパクトは絶大で、誰が歌ったのかは憶えていなくとも、内容はアタマにこびりついているのだ(笑)。(「ゆ」は経由を表す古語らしいです。田子の浦から〜という事)

「知らないけど……とりあえず、景色はいいんじゃないの?」

まぁどうせ帰り道の途中だし、という事で寄ってみた。帰ってから調べてみたのだが、歌にある「田子の浦」と、現在の「田子の浦」は別の場所であるらしい。現在の田子の浦は工業地帯の真っ直中にあるものの、富士を見上げるその位置取りはなかなかヨロシイ。

Ca391067 田子の浦から見た、箱根の山々(だと思う 汗)。

満足して、とりあえず沼津まで1国でーーと思ったら、沼津直前で大渋滞! 慌てて三島方面に逃げたのだが、この日は街々で消防の出初め式が行われていたらしく、ここも渋滞……orz。何とか246に出て、裾野ICから東名へーーと思ったら、


事故で渋滞中……っ!(涙)


上り線、海老名SAを出たところで多重通突。怪我人も出ているとの事で、渋滞の数字が徐々に伸びていく。何とか厚木ICまで持ってくれ! との願いもムナシク、思いっきり渋滞に巻き込まれてしまった。高速代をケチらず、富士からのっていればこんな事にはならなかったのだが……。


とりあえず、本来の目的(?)であったナラシについては、この旅で1,100kmを突破! 十分、その目的を果たしたと言えるだろう。

久々の知らない場所へのツーリングであったが、それなりに満足した一日でありました。

<オマケ>
Ca391068 渋滞中に、でっかい月が昇ってきたので撮ってみた。

……分からんな、こりゃ(汗)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 静岡へ、ナラシの旅。-前編- | トップページ | 小腹が空いたら……。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

私もnakajiさんの文を読みながら、ツーリングマップルを拡げ場所の確認をしてみました。

そうそう、OC2004の帰り道、御前崎の相良町(地図P-3のB-4)で、映画「亡国のイージス」のセットを発見。
イージス艦の艦橋部分の一分の一のセット。
本を読み、映画も観ました。
そんな記録が私の地図に書いてあった。

ところで、ツーリングマップルは鉄馬用の地図だけど、自転車乗りも愛用しているのですか?

投稿: MATSU | 2009年1月18日 (日) 06時14分

>MATSUさん
ヘビーな自転車海苔の方々はとにかく荷物が
増えるのを嫌うので、ネットの地図をプリント
アウトして、クリアファイルに入れてからポケットへ(汗で濡れるから)、という方が多いようです。

縮尺的に、ちょっと自転車向きではないかもしれませんね~。

投稿: nakaji | 2009年1月18日 (日) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/27190240

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡へ、ナラシの旅。-後編-:

« 静岡へ、ナラシの旅。-前編- | トップページ | 小腹が空いたら……。 »