« ORTLIEB COR13、コダワリの一品。 | トップページ | 二年ぶりのスキーへ。-後編- »

2009年2月18日 (水)

二年ぶりのスキーへ。-前編-

かつては、シーズンに5回もスキーに行っていた事もあった。だが年をとると共に周囲の友人達や、そして自分自身の生活環境も変わり、次第にスキーに行く回数も少なくなっていった。3回も行けば「多い」方で、2回や1回。そしてついに昨年は、一度もスキーに行かないままにシーズンが終わってしまった(泣)。


なので、今年は行くぞ!


ーーという事で、行って参りました。数日前からウエアや板を準備して。さらに実家グルマとワタクシのスティングレーを交換し(スティングレーはまだスタッドレスを持っていないので 汗)、と準備は抜かりなく。


が。


当日の天気予報は雨……orz。


まぁ、山に行けば雪になっているという可能性もある。負けるもんか! と気合いを入れ直してみたものの、

予想最高気温が14度ってどういう事ですか?(滝汗)

スキー場現地の予報である。横浜では、当日20度に近かったらしい(驚)。ちなみに今回のターゲットは、毎度おなじみ(?)、長野『富士見パノラマスキー場』。通称<フジパノ>である。07年の1月に、この時もrikaと一緒に行ったのだ。3kmのロングコースがあるので、お気に入りなのである。レポはコチラ

確か一昨年も雪不足と言われていたのだが、当日にドカ雪に降られて大変だった記憶がある。雪が降るならまだ良い。雨だったら……最悪だ。



2月14日。朝5時半出発。


Ca391129
雪道担当、アウトバッ君(笑)。


天気は雨。それにナマヌルイ風が吹いている(汗)。前日に春一番が吹いたらしい。全くタイミングの悪いことだ。

どこの入り口から中央高速に乗ろうか、と事前に色々考えていたのだが、時間と金額のバランスが最もとれている(と思われる)八王子ICから乗る事にする。

ETCの100km以内通勤割引を使いたいので、どこから乗るかというのは結構重要になるのでありますね。

八王子からだと、韮崎ICで一旦降りてUターンする必要がある。その前に、双葉SAで休憩&朝食。山梨の山岳区間に入ると雨&霧の連続であまりスピードが上がらず、この時点で時刻は7時半過ぎ。


Ca391130
双葉SAにて。雨が降る……。


食事を終えて、パンフレット等が置いてあるところを見ると、「富士見パノラマリフト券、4000円で販売中!」とあるではないか。現地で買うより、500円も安い!

普段ならば迷わず「買うだろコレは!」ーーとなるのであるが、今回はストップ。何故かというと、雨である。

横浜では降ったり止んだりを繰り返していたのであるが、先程書いたように高速に乗ってから雨脚は強くなる一方。双葉からフジパノ最寄りICの諏訪南まではさほど遠くはなく、現地も雨の可能性は十分。

「午前中は様子を見て、最悪午後からでも……」

という考えもあったのだ。天気予報では午後から晴れの予報だったので、こちらの方が現実味があったのである。


が。


韮崎でUターンの後走っていくと、雨がパッとあがったではありませんか。


ヨロコンでいいやら悲しんでいいやら、複雑な気持ちのまま諏訪南で高速をおり、とりあえず現地へ。フム、曇天ではあるがとりあえず、雨は降っていない。所々青空も見られる。まぁそれは良いとして、


Ca391110001
雪が無い!


ゲレンデは人工雪で何とか覆われているものの、その他の部分は殆ど雪が無い。当然、ここに来るまでの道も同様で、前を走っていて結局スキー場まで一緒だったチェイサー(FR)は、何とノーマルタイヤ(汗)。うーん、地球温暖化とは、こういう事か……。何しろ気温も既に12℃! 異常である。

とはいえ、とりあえず全面滑走可。早々に準備を済ませ、昨年同様、ゴンドラが動き出す8時45分までは通常のリフトを使って1、2本脚を慣らす。思っていたよりは体が感覚を覚えていた事に安堵して、いよいよゴンドラへ。

しかし雪が少ない為、ゴンドラ乗り場の手前で板を外さなくてはならない(汗)。

いつもなら、板を履いたままで乗り場ギリギリに行けるのだが……。板とストックを抱えてむき出しの舗装道路をテコテコ歩いていくのは結構ツライものがある。天気のせいもあるのだろうが、ゴンドラはガラガラで、いつもは自分で板をホルダーに突っ込んでいたのだが、係員が親切に入れてくれる(笑)。頂上までは、約15分。良い休憩時間ではあるのだが、この時の僕は全然落ち着いていられなかった。


雨が凄い勢いで、窓を叩いていたからだ(滝汗)。


果たして頂上の状況はどうなのか!?



続く……。(後編へ)



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« ORTLIEB COR13、コダワリの一品。 | トップページ | 二年ぶりのスキーへ。-後編- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

私も一昨年以降行ってません。
愛妻を誘うと、「寒いからイヤダ!」だと。
嘗てはフルセットを買ってやったのに。
しかもセットで幾らではなくって、ちゃんとした装備品を!
子供を誘っても、金だけ付いてきてくれれば良い…だと。

只ね、私の板は190cm。
いまじゃあ、ジャンプ板になるのかな(笑)

投稿: MATSU | 2009年2月19日 (木) 18時39分

>MATSUさん
年配(失礼 汗)の方、結構MATSUさんと同じような境遇の方が多いみたいですねぇ。会社で、グチを聞かされた事があります。

カービングではない190cmの板で、ゲレンデを颯爽と駆け抜けると、逆に目立つかもしれませんね(笑)。

投稿: nakaji | 2009年2月23日 (月) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/28179164

この記事へのトラックバック一覧です: 二年ぶりのスキーへ。-前編-:

« ORTLIEB COR13、コダワリの一品。 | トップページ | 二年ぶりのスキーへ。-後編- »