« またしても、発熱。 | トップページ | 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -後編- »

2009年2月 9日 (月)

丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -前編-

先週水曜日の夜に高熱を出し、そのまま木曜日会社を休んだワタクシ。金曜日は普通に出社したのであるが、午後から展示会に出かけてしまった(爆)。それでも幸い、ぶり返しはしなかったのであるが、咳は出るワ、ハナミズは止まらないワで、土曜の出勤は自転車で行こうかと考えていたのだが、あえなくキャンセル。日曜日はどうしようか……と考えていたのだが、大事をとってやはり見合わせる事にした。


とはいえ、家でただ安静にしている、というのも精神衛生上ヨロシクない。さりとて、朝早起きしてまで出かけるのもどうなのヨ、という気持ちがある。そうなると、答えは一つ。


「近場にクルマで出かける」

まぁそれもヨシ、である。クルマで出かけるとなると、ついつい宮ヶ瀬方面に目が向くのだが、どうせならあまり行った事がない場所に行きたいもの。という事で目を付けたのが、「丹沢湖」であった。『丹沢大山国定公園』の冠を名前に頂くそれなりに有名な湖であるにも関わらず、これまで何故か行った事が無かった。

位置的には手頃な場所にあるのに何故だろう? と考えてみると、問題はまさに湖がある位置と、そこへ至る為のルートにあるのだと思い当たる。僕が比較的良く行く宮ヶ瀬、山中湖、箱根、といった観光地は、皆メジャーな国道で繋がっている。丹沢湖は宮ヶ瀬から山中湖へ行くその中間点辺りに位置するのであるが、そこへ繋がるルートはR246の一本のみ。

R246を回避したいが為に、宮ヶ瀬〜山中湖という道志みちルートを行くのであるから、足が向かないのも当然といえば当然。一応林道によって道志みちと繋がっているらしいのだが、一般車両は通行止め。非常に残念だが、自然保護という意味では仕方ないのかも。また、繋が道が1本ということから分かるように、完全に独立した状態。「丹沢湖を経由して○○へ行こう」という事が出来ないのだ。これも、これまで縁がなかった原因と思われる。



今回、丹沢湖へはとりあえず「行ってみる」事が目的であり、「行って何かする」という事は全く考えていなかった(爆)。よって、丹沢湖以降のルートも考える必要があったのだが、これはさほど苦労する事無く決まった。「足柄峠を越えて、『万葉うどん』でうどんを食す!」
という事である(笑)。

『万葉うどん』にはこれまで何度か行った事があるが、全て箱根から矢倉沢峠を越えて行くというルートによるもので、何故がこれまで足柄峠を越えた事が無かったのである。峠を越えたらあとは南足柄から松田に出て、R246かはたまた東名で帰ればいいジャン、という自転車でも行けちゃいそうな(?)ルート選択であった。


そして、日曜日の朝。1時間寝坊して(爆)、9時に家を出る。時間が遅くなってしまったのでR246は伊勢原付近で渋滞。新善波隧道を越えるとようやくスムーズに流れるようになった。それにしても善波峠の坂は長い。ヤビツに行くにはこれを越える必要があるのだが、自転車ではキツいよ、これは……。

トンネルを過ぎると、R246は山間区間に入り、信号もぐっと少なくなる。大井松田まではアッという間。松田の付近では、「桜まつり」なんていうのぼりが多く立っていた。河津桜だろうか。伊豆に行かなくても見られるなら、それもいいかもしれない。R246から丹沢湖へ行くには、県道76号へと右折する必要がある。

青看にパッと表示が出てきたので曲がってみたのだが、何だか様子がおかしい。どうみても、方向的に逆走しているのである。クルマを止めて地図をよく見てみると、県道76号はR246の旧道的なもので、国道に沿う形で山肌を走っているのだ。所々で国道と合流している為、単純に「県道76号」という表示に従っていると間違えてしまう。1車線程度の幅しか無く、コミュニティバスも走っているようだが、R246に比べると交通量は格段に少ない。自転車だったら、こちらを走った方がいいかもしれない。

先程から「自転車だったら〜〜」という表記がやたらと目につくのであるが、何もムリして言っているのではない、決して(汗)。自転車にはサッパリ乗れていないワタクシではあるが、クルマで走っているとついつい、頭の中で「自転車だったら〜」と考えてしまうのだ(汗)。所謂「自転車脳」?(爆) 場所が近いだけに、尚更なのでありますね。御了承頂きたいのであります。



さて、丹沢湖方面への県道76号は、キッチリと「丹沢湖入り口」という表示が出ていたので間違いようがないのであった。僕が思っていたように、県道を辿ってきたとおぼしきローディーを何人か避けながら走っていくと、小さな道の駅がある。「道の駅山北」である。本当に、これを道の駅と言ってしまっても良いのだろうか、という位小さな道の駅なのであるが、地元の新鮮な野菜などがズラッと並んで売られている。

Ca391090_2 道の駅山北。小さいけど、頑張ってマス。

最近では、こういうのに目ざとくなってしまったワタクシ(爆)。ぎっしりと詰まった「山北みかん」(515円)をゲット。中玉程のサイズが、20個位入っている。非常にオトク。

Ca391092_2

道の駅から、丹沢湖へと向かう県道76号線。


丹沢湖までは、そこからすぐであった。無料駐車場には何台かクルマが止まっているものの、人気はあまり、無い。案内図を見ると湖を一周する道があり、途中に「展望台」があるらしい。この日は多少風が強かったが、天気は上々。富士山もキレイに見えている。

「だったら行くだろ!」

ーーという事で行こうと思ったのだが。



周遊道路は、反時計回りに一方通行になっているのだった。


それを知らずに時計回りから行こうとしたので、道を見失って行ったりきたり……(汗)。やっとこ展望台前の無料駐車場にクルマをとめた時は、ちょっとグッタリしてしまっていた(爆)。それでも何とか気持ちを奮い立たせ、展望台まで登る。所々、石段が崩れていたりするワイルドな道を辿っていくと、


Ca391095
おお、絶景!


丹沢湖畔を走っているローディーには出会わなかったのだが、レンタサイクルなどもあるらしい。クルマに自転車を積んできて、湖を一周するのも楽しそうだ。


それにしても、最近「どこかに出かける」というと、必ず富士山を写真におさめている気がする(笑)。ま、それはそれでいいのだが。


思いがけず長くなってしまったので、続きます……。

後編へ。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« またしても、発熱。 | トップページ | 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -後編- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/27920183

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -前編-:

« またしても、発熱。 | トップページ | 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -後編- »