« 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -前編- | トップページ | 寝過ごして、お買い物ポタ(汗)。 »

2009年2月10日 (火)

丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -後編-

これまでのあらすじ。-前編-


Ca391093
水面穏やかな、丹沢湖。



さて、昨日のblogでも散々書いた通り、この丹沢湖で道はデッド・エンド(一般車は)。素直にR246へと戻る。ここからは足柄峠、さらにその先の「万葉うどん」へと通じる、県道78号線を目指す事になる。


が。


自分の腹の前に、まずクルマの腹を満たさねば(汗)。


自宅近くのスタンドが何故かやたらと混んでいてスルーした結果、燃料が残り一目盛り(爆)。南足柄に抜けるまでガマンしようか、と思ったが、これから峠越えともなると少し不安が残る。なので給油をーーと思うのだが、静岡に入るとR246は片側二車線となり、


下り側には全然GSが無い、という現実。


上り車線にはいくつかあるのだが……。



Uターンを考えもしたが、カードを持っていないGSだったのでスルーして進んでいくと、いつの間にか御殿場まで来てしまった(汗)。ここでR246を降りなければ、県道78号へは行けなくなってしまう。なのでR246を降りた、R138のGSで1,000円だけ給油(結局カードの無いGSしか無かった)。リッター103円であったので9リッターと少しの給油だったのだが、それでも針はハネ上がり、半分よりも上へ。ビバ、軽自動車(笑)。

県道78号は、入り口は狭かったがしばらく走ると工業団地内を抜ける、快適な道へ。JR足柄駅周辺で少し分かりづらくはあるが、何とか線路を越えて、足柄峠へ! って、

狭い……(汗)。

さらに道端に雨で流れて溜まったとおぼしき落ち葉が堆積し、狭さ感増幅。対向車に気を付けながら、グイグイと登っていく。ウーム、やはりターボ付きにして正解だったとココロから思う瞬間(笑)。途中でT字路のような、広がった場所に出た。登山者のものだろうか、何台かのクルマが止まっている。そして正面の藪の前にオッチャンが一人座っていたのだがーー。


猟銃持ってるよ、オイ(汗)。


別に撃たれるワケではないだろうが、何となく慌ててその場を後にする。しかしこの季節、一体何を撃つのだろう?


裏ヤビツを彷彿とさせる道を辿り、ようやく足柄峠へと到着。駐車場に何台かクルマと自転車が止まっている。看板を見ると、県道78号線は、「金太郎富士見ライン」と呼ばれているようだ。うーん、あまり走りやすくはなかったが。

峠にあったのは、城址であった。足柄城址である。小田原城での北条家と豊臣家との闘いの際に、廃城になったらしい。北条家は徹底的に小田原城に戦力を集中して籠城する作戦をとったというから、その時の影響を受けたという事なのだろう。

登山道の途中に位置しているらしく、ハイカーの方々も加わって、それなりに賑わっている。何があるというワケでもないのだが、


Ca391096この展望があれば十分!


富士スピードウェイから、その横の峠道までバッチリ見える。素晴らしいですな。


さて、ここからは基本的に下り基調なのであるが、何となく道に既視感を感じた。何故だろうーーと考えたら、思い出した。もう7、8年は前になるだろうか。富士スピードウェイにGT選手権(現・スーパーGT)を友人A沢と見に行った帰り、駐車場から出るまで2時間近くかかり、かつ東名高速が渋滞20ウンキロだ、という事を知って、A沢の案内で「裏道を行こう」と走ったのが、ここだったのだ。

当時僕は千葉に住んでいて、この界隈には全く詳しく無かったのだが(道志みちも知らなかった位 汗)、A沢はインテRの新車に乗っていたボンボンだったので(爆)、結構色んなトコロに走りに行っていたらしい。結局その時はR246も大渋滞で、素直に大井松田からの東名渋滞にハマったのであるが……。


細いヘアピンカーブが続く山道を下っていくと、ポン、と整備された道に出る。ここまで来れば、「万葉うどん」はすぐ。時刻は2時半近くだったのだが、結構お客の数は多い。ざるうどん(500円)を食べながら、フト南足柄に住んでいるという、会社の上司に連絡してみようかな、と思いついた。

以前この「万葉うどん」の話題で盛り上がり、その人が近くに住んでいる、という事が判明。てかそうなると、


南足柄から横浜まで毎日通っている


という事なのだが……スゲェな(汗)。

「近くまで来たら連絡寄越しなよ」

と言われてはいたものの、あまりに突発的なのでどうかなぁと思ったのだが、ここはイキオイである(笑)。さすがに驚いた様子だったが、まぁ顔見せ程度に、という事で市内まで降りて待ち合わせ。どうせ翌日も会社で会うんだし(笑)。

上司の家は、田んぼやら畑の真ん中にあった。道は狭く、ガードレールもない(汗)。だが、それはそれで良い味を出している。庭になっているというハッサクを頂き、30分程でおいとま。その後は大井松田から東名に乗り、厚木で降りる。ETC休日昼間、50%割引のおかげで軽自動車で380円! 500円でお釣りが来るなら、高速を使おうって気にもなりますな(笑)。R246は、伊勢原で混むってのが分かってるので。


帰りに買い物をして、マッタリと18時頃帰宅。近場でも、まだまだ良いところがあるものだ。「近く、深く」が今後のトレンドですかね(笑)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -前編- | トップページ | 寝過ごして、お買い物ポタ(汗)。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

いやあぁ~、道筋は参考になります。
「万葉うどん」は、エンドウ氏も書いておりますが、場所が解らなくっていろいろな書き込みで、何となく大体解ってきました。

私の珈琲車は2月頭の車検以降、未だ走っていない…寂しいです。

投稿: MATSU | 2009年2月10日 (火) 21時45分

>MATSUさん
どうもです。千葉からだと、結構一日がかりのスケジュールになってしまいますかね……。

ツーリングルートとしては小粒ですが、ピリリと辛いです(笑)。この時期だと朝はまだ凍結しているらしいので、暖かくなってからどうぞ! 

カプチは手放しましたが、ドライブそのものは変わらずに続けたいですね。

投稿: nakaji | 2009年2月12日 (木) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/27948282

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -後編-:

« 丹沢湖から足柄峠へ、近場の旅。 -前編- | トップページ | 寝過ごして、お買い物ポタ(汗)。 »