« 僕らはスーパーサイヤジン。 | トップページ | またしても、発熱。 »

2009年2月 4日 (水)

サイクル野郎がやってきた。

「あの子が要らないって言うから、持ってって」

という言葉と共に、オフクロ様から持たされた段ボール箱。この場合の『あの子』というのは我が兄の事を指しているのでありますね。で、中身はというと、


Ca391081001
コレ。


荘司としお著 サイクル野郎(1〜34巻)


おお、懐かしい!


兄貴が自転車にハマっていた頃、コツコツと買いためていたらしい。まだ捨てていない、という事は知っていたが思っていたよりも綺麗な状態だったのに少し驚いた。

惜しむらくは、カバーが無いのが1冊あるということ。そして何より、全巻揃っていない、という事だろう(最終巻は37巻だし、間も所々抜けている)。中身までは確認していないが、確か扱いが雑だったせいで落丁しているものもあったはずだ。


最近流行りの競技系自転車マンガではなく、ツーリング……というか、旅情派系のマンガ。wikipediaで調べてみると、「このマンガでユースホステルの存在を知った人も多いと思われる」と書いてあったりするのだが、僕もまさにその一人(笑)。ストーリーも楽しめるが70年代の世界を知る、という意味でも結構楽しめる。


Ca391082001
当時の自転車の装備(その時々で違ったりしてるけど 笑)を見ても楽しい。


単行本は絶版になっていて、オークションでもそれなりのプレミア価格が付けられたりしているのだが、e-bookという形で再版をしているらしい。それも結構なお値段ではあるが(汗)、興味のある方は一度読んで頂ければと思う。旅に出たくなります(笑)。


昨年末から、結構な量の漫画本を処分してきたワタクシ。サイクル野郎がやってきた事により、元の木阿弥というハナシもあるが……。コイツは手放せないなぁ(笑)。



<オマケ画像>

Ca391083001

巻末によくある、他のマンガの宣伝スペース。つのだじろうって、こんなマンガも描いていたのか……。時代を感じますな。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!

人気blogランキングへ

|

« 僕らはスーパーサイヤジン。 | トップページ | またしても、発熱。 »

自転車関係」カテゴリの記事

コメント


ウチに「湾岸」が移動した分が埋まっちゃいましたな。

投稿: | 2009年2月 5日 (木) 00時16分

>涼さん
一冊の厚さと大きさが小さいので、何とかギリギリセーフでした(何が?)。

投稿: nakaji | 2009年2月 5日 (木) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/27766224

この記事へのトラックバック一覧です: サイクル野郎がやってきた。:

« 僕らはスーパーサイヤジン。 | トップページ | またしても、発熱。 »