« 金曜色々。 | トップページ | やむを得ず(?)、横須賀往復。-後編- »

2009年4月20日 (月)

やむを得ず(?)、横須賀往復。-前編-

久々に、何の予定も無い土曜日。天気は曇り、時々晴れ。雨が降る様子は無く、陽が出ていない分空気もひんやりとして気持ちが良い。


ーーよし! 久々に、少し長い距離を走ってみよう!


第一目標は何となく決めていた。横須賀駅の、スカレー君。引っ越し後の新居から横須賀、ひいては久里浜まで一体どれだけ時間がかかるのか。実家からだと、久里浜まで1時間、約40kmであった。そこから幾分かは近くなったのか、それとも遠くなったのか。一度確かめなければならん、と思っていたのである。そしてそこからは三浦半島にでもーーというのは、諦めた。何故なら、


起きたのが10時半だったからだ(滝汗)。

またかい、と言われそうだが、事実だから仕方ない。一度普段通りの6時に目が覚めたのだが、起きられなかった……orz。ブランチ的な食事を済ませ、細々とした所用を済ませると、時刻はもう13時。タイヤに空気を入れて、慌てて出発!


今の家から、最も短い距離で横須賀に行けると思われるのが、『環状4号とことんルート』。国道1号原宿交差点を横切り、最終的に国道16号六浦交差点に達する。そこからは勝手知ったるーーとまでは行かないが、走った事のあるルート。基本的に一本道だから、迷う心配もない。朝比奈の辺りに一本トンネルがあるが、懸念するようなものでもなかろう……と思っていた。


が。


甘かった。僕はすっかり忘れていたのである。内陸部のトンネルの前後は坂になっている、という原則を(汗)。まぁ冷静になってみれば大した斜度でも距離でも無いのだが、国道1号を越えると道は途端に狭くなり、それでいて交通量は多く全く気が抜けない状況に。

加えて、クリートの位置がやはり合っていなかったのか、右足が痛くてたまらない。この日履いていたのは、wiggleで買ったRT-51。


Ca391159
↑コイツですね。


実戦初投入である。コイツのクリート調整も、今回の目的の一つであった。ローラー台で一応仮の位置合わせは済ませていたのだが、やはり実戦で使ってみないと分からない事もある。

どうやら僕は少し足先を外側に向けるクセがあるようで、真っ直ぐにセットした位置では痛くなってしまうのだ。横須賀までガマンするかーーとも考えたが、たまらずスペースを見つけて微調整。するとスッと痛みが消えた。


そんなこんなで、今年初(爆)のスカレー君にご挨拶。実は一年以上振りだったりして……。


Ca391255 明けまして……でいいのだろうか(汗)。


ヴェルニー公園で休憩がてら、再度クリートの調整。ここまで約28km、1時間15分。うーん、実家からより30分程度早く着いたのだが……何故か、「近くなった」という感じがしない(汗)。サボり過ぎ、ですな。


Ca391257

ヴェルニー公園はのどかです。


さて、三浦半島一周はアキラメたのだが、このまま来た道を戻るのではあまりに芸がない。僕が目を付けたのは、『最短でR134へ接続するルート』だ。まぁ本当に最短かどうかは分からないが、分かりやすい中では、という事で御了承願いたい(笑)。


それが、県道26号から27号へと経由していくルートである(地図参照)。

0101

(クリックで拡大)

しかし国道16号から右折した県道26号。

繁華街のド真ん中(汗)。

そして京急横須賀中央駅の前をさらに右折すると、

いきなり急坂!

人通りが多いものだから、醜態を見せるわけにはいかない。しかも今日はS.S.Rジャージを着ているのだ!

何とか坂をクリアして、先に進む。付け根とはいえ半島を横切るのであるから、多少は「山越え」的なものをしなくてはならないだろう。ダラダラ登るよりはいいのかもしれないが……。

ヴェルニー公園では飲み物を手に入れられなかったので、途中の自販機でペットボトルを購入。ロングボトルを持ってきたのだが、殆ど無くなりかけていたのだ。とりあえずは、県道27号への分岐点、衣笠へと向かわねば。


続く……。(後編へ



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 金曜色々。 | トップページ | やむを得ず(?)、横須賀往復。-後編- »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/29209136

この記事へのトラックバック一覧です: やむを得ず(?)、横須賀往復。-前編-:

« 金曜色々。 | トップページ | やむを得ず(?)、横須賀往復。-後編- »