« 灼熱の三浦半島~超・久々の100km越え~(前編) | トップページ | 初めてだらけの江ノ島クルーズ。-前編- »

2009年8月19日 (水)

灼熱の三浦半島~超・久々の100km越え~(後編)

これまでのあらすじ。 -前編-


Ca391486
ガリガリ君は、夏の必需品。



さて、出発したのはいいのだが、この頃になると陽が照り始めてきた。観音崎のちょっとしたお湿り(という程でもなかったけど)が懐かしい。背中のフローズンドリンクは思ったより、というかマッタクその存在が気にならない。それはいいのだが、冷たさも感じられないという事。まぁ飲む時に冷たければいいのだが。

火力発電所の横を進むちょっとした登りをクリアして、野比海岸から三浦海岸へ。ここは海岸沿いに駐車場があり、反対車線には店が建ち並んでいるのでかなり交通量が多い。路肩も狭く、かつ海からの風も結構あって、ゆっくり進む。突き当たりにあるマクドナルドまでの約2kmが、やたらと長く感じられた。

突き当たりを海岸沿いに左折すると、個人的にはいよいよ本格的な三浦半島! という感じがする。国道を外れるので交通量が一気に減り、走りやすくなる事もあるのだろう。しばらくは快調に進んできたのだが、剣崎の手前にはちょっとしたーーというか、僕にとっては結構大変なーー坂がある(汗)。



ここでフロントギアはインナーへチェンジ!(爆)


ヨロヨロしながら、登ったところに丁度あるコンビニの駐車場へ。とはいえ、久里浜からせいぜい10km程。30分程度しか走っていないので、補給はナシ。脚を休めるだけにする。そろそろ剣崎灯台が近いはずなのだが、曲がる場所がよく分からず。コンビニの所で左折する道があるのだが……。と、何やら地図があったので見ると、どうやらここから先は『関東ふれあいの道』らしく、トコトン海岸線沿いを行く道のようだ。

Ca391488 コンビニの傍に建つ看板。

 

それは願ったり叶ったリ……と一瞬思ったのだが、地図を見るとどうやら灯台へは繋がっておらず、かつ舗装されているかどうかも分からず。とりあえず出発してまっすぐ道なりに進むと、「←剣崎灯台方向」と書かれた看板が目に入った。矢印通りに左折してしばらく進むと……。


農道(汗)。


畑の真っ直中、トンボが飛び交う中をぽつねんと走る。どうでもいいが、赤トンボが向かってくるとどうしても蜂と勘違いしてしまう。オニヤンマはやたらとデカイくてビックリするし……。

道は段々細くなり、やがて終点へ。灯台へのアプローチは押して(ないし、抱えて)進むのはデフォルトだ(笑)。で、


Ca391489
剣崎灯台ゲット!


初剣崎である。他に誰もおらず、正にこの瞬間、この灯台は僕だけのモノなのだ(笑)。

Ca391490

磯遊びによさげな入り江がありました。

 

ーーさて。本来の道に復帰して走り始めたのだが、僕の記憶では坂がもう一本あったハズ。うわっきた! と思ったら実は分かれ道の側道だった、というフェイントを一発挟んで、トンネルを抜けると目の前に広がる、ぐわんとくる直登り(汗)。

覚悟を決めてアプローチを開始するが、その覚悟が良かったのか、先程の坂よりも何故かスムーズに進み、ギアもセンターのまま。ここを過ぎると、三浦名物(?)「まるよし食堂」まですぐらしいのだが、時刻は10時半。うーん、昼を食べるにもビミョーな時間だなぁ……。とウダウダしている間に、気が付いたら城ヶ島に到着(笑)。

Ca391491

坂の向こうに、風車が見える!

 

実は、ここにもチェックポイントがある。「ウミウ展望台」である。大体の場所は分かっていたので、橋を渡ってから迷わず右折し、それなりの斜度のある坂を登って展望台へ。1組のカップルが占領していたが、汗とニオイと殺気で追い出す(爆)。で、

Ca391492

ウミウ展望台をゲット!(スイマセンあの時のカップル 汗)


突き当たりにある公園のトイレでボトルの水を補給。もうすっかりボトルの水はトイレ水が普通になってしまった(笑)。自転車海苔は僕一人。駐輪場もないし、あまりここまでは来ないのかな? しかしいつもの事だが、ここまで同方向に進む自転車海苔を一人も見かけていない。追い越しもしてなければ、追い越されもしていない。ウーム。やはりこのクソ暑い日に三浦を一周しようなんていうのはヘンなのだろうか……。


城ヶ島を出ると、やたらとお腹が空いてきた。コンビニはあるのだが、進行方向のコンビニは時間の関係で日陰がマッタク無い! かといってわざわざ反対車線側に渡るのもなんだしなぁ……と迷っていると、あまりコンビニを見かけなくなってきた。なので慌てて、目に入った反対側にある「いなげや」にピットイン。日陰にベンチもあり、シチュエーション的に言う事はナシ! なのだ。

家族連れで賑わう店内を汗にまみれたジャージにレーパン姿のオトコが一人闊歩して、購入したのはお握り2つと午後ティーであった(笑)。保冷用の氷を少し頂戴して、膝や首筋を冷やす。コンビニじゃ、こういう事はできませんな。


城ヶ島で距離を確認すると、まだ68km位しか進んできていないのであった。なのでそれ以降は距離計を見ずに進む。徐々に道は狭くなってくるが、時間のせいかさほどクルマも多くない。バスがいる時はさすがに閉口したが……。

この頃になると、同方向に進む自転車海苔の方にもちょくちょく出会うようになってきた。主に抜かされるのだけど orz。自分的には良いペースで、葉山御用邸前へ。国道と県道の分かれ道なのだが、ここは真っ直ぐ県道へ。確かこちらの方がアップダウンが少ないのだ(笑)。


渚橋のampmには、多くの自転車海苔が集まっていた。皆一様にアイスを食べている。ここは海水浴客も多いせいか、ガリガリ君が無かったので仕方なくカップアイスのかき氷。ここを最後の補給にしようと決めて、フローズンボトルを購入してイザ、江ノ島方面へ! が、


走りづらっ!


クルマは渋滞、道路横断者(場所を選ばず)多数、自転車海苔(ママチャリ含む)も多数! 
何度か通った知ってる道なのだが、その様子はすっかり様変わり! という感じ。

Ca391495 普段はガランとした歩道も、違法駐輪で一杯(汗)。

ガヤガヤした雰囲気の中を江ノ島まで進み、そこから境川CRへ。


さあ、追い風だ! 


疲れた脚でも何とか30km/h前後で進み、家に到着したのは14時15分。総走行距離、119.37km。平均時速23.2km/h。コンビニ(いなげや)ストップ4回、消費アイス3個、飲んだ水2リットル以上。とにかく、膝が最後まで保ってくれたのが幸い。そして何より、一応100km以上走れたというのが嬉しかった、真夏の三浦一周でありました。


ーー次回は、もっと涼しい時に(笑)。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 灼熱の三浦半島~超・久々の100km越え~(前編) | トップページ | 初めてだらけの江ノ島クルーズ。-前編- »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

22日土曜日、行ってきました。三浦半島右回り。
プリンの場所までは行けなかったけれど、ユッタリと走ってきました。
あっ、車は愛妻のを使用しました。
剣崎は行き止まりのところまででした。
「うみう展望台」はカップルは居なかったけど(笑)、公園を中心に歩いて汗がタップリ。
油壺でヨットを眺めたりで、よかったです(笑顔)

帰りに木更津港で砕氷艦「しらせ」を眺めてきました。
見学会は終わってました…残念。

投稿: MATSU | 2009年8月23日 (日) 20時15分

>MATSUさん
充実した三浦ツーリング、良かったですね。お疲れ様でした。

「しらせ」は木更津にいるんですか! アクアライン800円の内に、行ってみようか……。

投稿: nakaji | 2009年8月25日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/31020996

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の三浦半島~超・久々の100km越え~(後編):

« 灼熱の三浦半島~超・久々の100km越え~(前編) | トップページ | 初めてだらけの江ノ島クルーズ。-前編- »