« ジゴクのSW<中編その2> -運命の電話アタック- | トップページ | 横浜開国博Y150 追悼記念レポ -入場まで編- »

2009年9月30日 (水)

ジゴクのSW<後編> -どこまでいっても、大渋滞-

これまでのあらすじ。-前編- -中編その1- -中編その2-

Ca391630
御世話になった今回の宿、「まほろば」。名前に反してスイスちっくな外観(笑)。




明けて、翌朝。


天気は雨 orz

昨日の内にロープウェイ行っておいて良かった……とココロから思った。天気予報では悪くとも曇りの予報だったのだが、ここは山中。油断はならないのである。


出発の前にせっかくだから、と中尾地区をちょろっと散歩してみることにした。雨もこの頃になると、傘をさすほどでもなかった。宿の温泉は透明なお湯だったのだが、僅かに硫黄を含んでいるらしい。地区のあちこちから湯気が立ち上り、湯の花の跡もあったりする。

Ca391625
あちこちに源泉がある。

Ca391627

新穂高温泉中尾地区案内板。

Ca391629

酸漿がキレイに色づいていました。



真っ直ぐ帰るのもナンであるが、あまりノンビリしている余裕も無い。せめてこれだけは、と近くにある<北アルプス大橋>へ寄ってみる事にした。有名なのかどうなのかはよく分からないが、僕が旅系サイトで見た事があるという、ただそれだけの理由なのである(笑)。

細い道を辿って行ってみるとーー。


Ca391633

おお、結構いいじゃん。


天気は残念なのだが、橋の迫力は十分伝わってくる。巨大な橋、というのは何故かオトコのココロをぎゅっと鷲掴むものがありますな(笑)。

Ca391632

天気だけがなぁ……。


時刻は9時半。さぁ、先を急ごう。昨日の渋滞を反対方向から観察出来るかもーーと考えていた頃もあったのだが、この天気では上高地に向かおうとする人はグッと減るだろう。

それにこの日の朝のニュースでやっていたのだが、21日まではホテルの予約はほぼ満室なのだが、22日からは6〜7割りになってしまう所が多いのだという。正に、21日こそが鬼門! 出掛けてはいけない日だったのだ。

安房トンネルを抜けて上高地の手前を右折し、沢渡へ。ガラ空きーーとまではいかないが、駐車場にはまだ余裕がある状態。渋滞など、1mもありゃしない……orz 逆に松本方面へ向かうこちら車線の方が、街が近づき信号が増えると共に混み始めてきた。



行きも、帰りも渋滞。


それが、今回の上高地であった(涙)。


燃料にはまだ余裕があったので、とにかく行けるところまでノンストップで! と高速にのる。

が。


既に笹子トンネル付近で11km渋滞発生……っ!


まぁ水も食料もあるし、何とかなるだろう。こうなったらもう、開き直るしかない。それでも出るモノは始末しないといけないので、またしても境川PAで休憩(笑)。その後しばらくは順調だったのだが……笹子トンネル手前の登り坂から、いよいよ渋滞が始まった。時刻は13時過ぎ。この時点で、渋滞は17kmに伸びていた(汗)。そこからはもうずっと、断続的な渋滞。

Ca391639
クルマ、クルマ、クルマ……。


14時半頃に相模湖ICを降りてもR20が混んでいたので、上も下も、どうしようもない状態だったのだろう。それでも国道を外れれば通常はさほど混まない道なのだが……。


どこもかしこも、渋滞(汗)。


相模原方面へ向かうのだろうクルマが詰まって、全体的に流れを悪くしている。アタマにきて普段は通らない細道へと逃げたのだが、そこで何処かでオフ会でもしていたのだろう、カプチーノの集団と遭遇(笑)。抜け道を熟知しているだろう彼らも渋滞に巻き込まれていた事からも、この異常さが伺える。

三増峠経由で厚木方向へ抜け、そこからR246かなーーと思い描いていると、ラジオが言うのである。

「国道246号上り線は、下今泉で4kmの渋滞です……」


ハイ、やめます!


とはいえ、どの道で帰ったものか……。


迷っている時間は十分にあった。R129に合流して、R246との交差まで辿り着いたのが16時過ぎ(汗)。そこからさらに、自宅周辺でもあり得ない渋滞に巻き込まれ、

帰宅したのは18時過ぎ……orz

普段ならば1時間の行程を、4時間かかって帰宅(汗)。


Akebono
もう……ボク倒れてもいいよね、ママン……。



「なんか、ずーーっとクルマに乗ってばかりだったような気がする」

後にrikaが言った一言であるが、まさに今回の旅を象徴する一言であった。


しばらく、中央高速方面に行くのはやめよう……。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« ジゴクのSW<中編その2> -運命の電話アタック- | トップページ | 横浜開国博Y150 追悼記念レポ -入場まで編- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/31584691

この記事へのトラックバック一覧です: ジゴクのSW<後編> -どこまでいっても、大渋滞-:

« ジゴクのSW<中編その2> -運命の電話アタック- | トップページ | 横浜開国博Y150 追悼記念レポ -入場まで編- »