« 自転車四輪生活はアリなのか。 | トップページ | 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-中編- »

2009年11月 6日 (金)

通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-前編-

11月3日の文化の日。

「ちょうど紅葉が見頃みたいだよ」

と、その一週間前位に情報を持ってきたrika。せっかくだから、rikaのご両親も誘って皆で紅葉狩りに行こうではないか、という計画が持ち上がった。まぁ、たまにはゴマすっとかないと孝行をしないといけませんな。当然ながらワタクシは、徹頭徹尾運転手であります(爆)。


そして当日。前日が突発的な仕事の関係で帰宅が遅くなり、2時就寝のワリにはパッチリと5時45分起き。自転車の時にもこれができれば……。だが問題が一つ。


すっごく、寒い(汗)。

天気予報は知っていたのだが、ここまで寒いとは……。服装に迷ったが、ユニクロのヒートテックシャツを引っ張り出して長袖シャツの二枚重ね。その上にフリースジャケット(否ユニクロ 笑)。さらに外を歩くときにはウインドブレーカー。スイスの山を乗り越えた服装であるから、コレで何とかなるだろう。

rika実家から7時出発の予定だったのだが、少し遅くなってしまい7時10分過ぎに、父上のハリアーに4人乗って出発! 目的地は山梨県、通仙峡である。2年程前にrikaの案内で行ったことがあるのだが、rika家にとっては何度も行ったことのある、お気に入りの場所なのだそうな。

「昇仙峡ほどメジャーじゃないから、人がそんなに多くなくていいのよね」

とは母上の言。車内でお手製のおにぎりを頂きつつ、相模湖ICから中央高速へ。祝日ではあるが連休ではないので、交通量は多いが流れは順調。


しかし。


運転していたワタクシには少し、気になる事が……。それは父上のクルマ、TOYOTAハリアーの事である。


それもブレーキ(汗)。

一般道を走っている時にはさほど気にならなかったのだが、高速走行時に軽くブレーキを踏むと、前方からガタガタと振動が(恐)。ローター表面に凸凹があるか、そのものが歪んでいるのか……。4人乗っていてブレーキの利きづらさを感じていた事もあり、結構ビビってしまった(汗)。


まぁすぐにどうこうなるという問題でもなかろう……という事で、韮崎で高速を降りて明野経由でみずがき湖を目指す。先の須玉ICで降りてもいいのだが、農道を走る明野の方が、眺望がいいだろうと思ったのだ。

「……昔、友達と同じ時期にここに来たことがあるんだけど、その時すっごく混んだ記憶があるのよね。確か、大根祭りとかがやっていたのよ」

と、山梨出身の母上が呟く。明野といえば向日葵! というイメージしかなかったのだが、大根も有名なのだという。向日葵だけじゃ、食べられないもんな(笑)。

「まぁ、今日は違うと思うけど。大丈夫よね」

と、そんな事を言っていたら、



まさにこの日がだいこん祭りだった(爆)。


幸い時間が早かったせいか渋滞などはなかったのだが、会場の駐車場は軒並み満車。「大根収穫体験受付」と書かれたテントには、主に家族連れの長蛇の列が伸びている。止まっているクルマを見ると地元山梨のモノが多く、地元の方々には結構メジャーなイベントなのかもしれない。

「……へぇ、そんなにお金払ってでも大根抜きたいって人、いるんだなぁ」

と、父上が感心したように言う。rikaの実家では祖父がちょっとした畑を借りており、季節の野菜を育てているのだ。そんなお金を出してまで……と思ってしまうのだろう(笑)。


そんなこんなで、みずがき湖畔にあるビジターセンターに到着! ここの駐車場は無料でヨロシイのだが、そこかしこに干しブドウを売りつけようとするオッチャンがいるので要注意(笑)。

P1020092
天気はサイコー! だけど、風がちょっと強くて、寒い(汗)。

P1020093

ビジターセンター入り口には、アヤシイ生物が(笑)。


ここにクルマを置いて、通仙峡まで歩いて行くことになる。その前にーー、


靴をウォーキング用に履き替えるワタクシ(爆)。

何しろのrikaのご両親は健脚で、1時間や2時間歩くのなんか屁でもない、というヒトタチなのだ(汗)。果たして、これからどれくらい歩き続ける事になるのだろうか……。


靴紐をギュッと締めて、イザ出発! である。


続く……。(中編へ)。

<次回予告>

P1020095
トンネルを抜けるとそこはーー。

P1020099
紅葉に巡り合えるのか!?


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 自転車四輪生活はアリなのか。 | トップページ | 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-中編- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

早くぅ~、次、次っ・・・っと急かしてみる。

ツーリングマップルを観ながら、成る程ナルホドと楽しんでおります。

通仙峡にマーカーペンで標しを付けました。

そういえば、某国営放送の「家族に乾杯」で鶴瓶が北杜市を訪ねる旅をしていたよ。
11月末だと路面凍結かなぁ~。

投稿: MATSU | 2009年11月 8日 (日) 18時24分

>MATSUさん
何気に標高が高いところなので、11月後半になると、危険かもしれません。

それ以前に、林道のゲートが閉まってしまうかも……。カプチで走るには、結構気持ち良い道ですよ、クリスタルラインは(道幅的に考えて 笑)。

投稿: nakaji | 2009年11月 9日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/32099100

この記事へのトラックバック一覧です: 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-前編-:

« 自転車四輪生活はアリなのか。 | トップページ | 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-中編- »