« 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-後編- | トップページ | 病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-後編- »

2009年11月11日 (水)

病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-前編-

昨日までのblogで書いていた、通仙峡に出かけた日はエラい寒さで空気も乾燥しており、いよいよ本格的な冬の到来を感じさせた。そうなると、個人的にちょっと心配になってくるのが、

喘息。

ここ一年、特に問題無く過ごしているとはいえ、油断は大敵。久々に、病院でも行ってみようかーーという事で、ついでに自転車に乗る支度も整えて向かった先週の土曜日。遅くなってしまったので混んでいるだろうかーーと思ったのだが、待合室にいた人の多くはインフルエンザのワクチン接種が目的だったらしく、さほど待つ事無く診察室に入ることができた。

「お久しぶりですネェ」

という先生のコトバに恐縮しつつ、問診。特に問題なし。念の為、4週間分の薬を出しましょう、という事になった。

「ところで、せっかくだからインフルのワクチン、接種していきます? 新型用じゃなくて、季節性のものですけど」

「え? あるんですか?」

「ええ。多くは無いから、あくまでウチの患者さんに限定させて頂いてるんですけどね」

うーん、としばし考える。

「……注射した後って、運動しても大丈夫なもんですか?」

「激しい運動はダメですよ」

先生はそう言って、僕の格好を改めて眺めると、

「……めちゃめちゃ運動しそうな格好されてますけど」

その時の僕の格好は、上はサイクルジャージに、下もロングタイツの上に、公衆の場所用にと持ってきたハーフパンツ。靴はSPDシューズ、というメンタンピンが揃った状態だったのだ。自転車で来てるんですが、というと、

「乗って帰る程度だったら大丈夫ですけど、ツーリングとかは絶対ダメです!」

……まぁ、そうなんだろうけどさ。

せっかく走る時間がとれて、その気満々だった僕にとって、ここでUターンして帰れ、というのはあまりにも寂しい。するとそこで、先生から救いの手が。

「来週でも大丈夫ですけど。金曜日に新しく入荷する予定なので、ワクチンは大丈夫だと思いますし」

「じゃ、来週で」

即決でありました(笑)。


薬を受け取ると、とりあえずR16を横浜方面へ。しかしどうも、喘息ではないのだが息苦しい。脚も重くて、回らない。ゼイゼイいいながらR1と合流し、桜木町方面へ。第一の目標、Y's Roadに行きたかったのである。

目的はロフルフィンガーのグローブ。真冬用の厚いものは持っているのだが、今の季節に合うような、少し薄手のものは持っていなかった。必要かどうか迷っていたのだが、あったに越したことは無いーーというワケだ。

Ca391777
サドルの上から見る、みなとみらい地区。


それ以外にヘルメット等も物色。他のお客が言っていたのだが、アパレル関係は何故かカステリ製品が多勢を占めていた。うーん、カステリだったら、wiggleで買うかな(爆)。


店を出て、山下公園の脇を通って本牧方向へ。実はワタクシ、自転車でみなとみらい方面に来るのは初めて。一応横浜市民であるからには、もっと来ないといけませんな。

Ca391778
山下公園の入り口にて。正面に見えるのは、氷川丸。


本牧通りをポタポタと走っていたのだが、フト気が向いて、R357に合流。高速の下を走る、片側3車線の道。交通量少なし。--ここがガンバりどころだ! と気合を込めて漕いだのだが。結構な向かい風と脚の重さ、それに信号が少ない分走り続ける事ができるその環境にヤラれてしまった。

ハイ、脚、
糸冬 了(爆)。

そこからはスピードよりも、ポジション重視で(笑)。乗る度に掌がしびれるのはやはり、姿勢が悪いせいではないかと思い、腹に力を入れて、サドルにお尻を押し付けるようなイメージで。そして背中を少し丸めるようにーー等と、色々と試行錯誤をしながら、R16を横須賀方面へ。


引っ越してからは、横須賀方面に行くには環状四号経由がメインになってしまったので、R16を下っていくのは久しぶり。2、3箇所坂があった記憶があったのだが、さほど力を入れることも無くクリア。

それにしても、脚が重い。重いギアを踏みすぎなのだろうか。フロントが3枚から2枚になって、これまで使いまくっていた「センター」にあたるギアが無くなった分、どこからインナーに落とせばいいのか良く分からないようになってしまった(汗)。無論、上り坂では迷うことなくインナーなのだが、やはり平地ではアウターオンリーでいくべきだろう。コンパクトなんだし(50×34)。

それで脚がパンパンになってしまうと言うことは、まぁ考えるまでも無く、根本的な脚力不足なんでしょうな(汗)。


新杉田を越えて、金沢文庫に差し掛かる頃には個人的にフラフラモードに(汗)。まだ30kmそこそこしか走っていないのに……。そんな状況の時、信号待ちで止まった僕の後ろから、「カチャッ」という、まるで捻って外しました、といわんばかりのどこかで聞いた事のある音が……。

脇の間からチラッと後ろを見ると、『SHIMANO』とロゴの入ったホイールが眼に入った。


ここで無駄に燃え上がる闘志!(核爆)


クロスバイカーだろうがローディーだろうが関係ない。あっさりと抜かれてカッコ悪い姿を晒す事ができようか! 

ーーというワケで、頑張ってみる(笑)。

横須賀まで、約2km。



続く……(後編へ)。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-後編- | トップページ | 病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-後編- »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/32176125

この記事へのトラックバック一覧です: 病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-前編-:

« 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-後編- | トップページ | 病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-後編- »