« 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-中編- | トップページ | 病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-前編- »

2009年11月10日 (火)

通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-後編-

これまでのあらすじ。 -前編- -中編-

P1020108
通仙峡から、クリスタルラインへ。



掌にじっとりと汗をかき、数回の対向車とのヒヤッとするすれ違いを乗り越えて、中間点の乙女高原に辿り着いたのは、クリスタルラインに入って1時間も走った頃だった。驚いた事に、駐車場の入り口では3人の自転車海苔が座って食事をしている。それもロード海苔だ。

後から知ったのだが、この乙女高原は自転車海苔にとっての一つのランドマークとして結構有名な目的地らしい。僕らが走ってきた道はロードバイクにはちと厳しそうな路面状況だったので、違うルートで登ってきたのだろう。


中間地点とはいえ、ここまでくれば大分気が楽になる。すぐ近くには平成20年3月に完成したばかりの琴川ダムがあり、その人工湖である乙女湖の周りはビシッと整備されているからだ。キチンとセンターラインの引かれた道! 素晴らしい!

ーーそれを過ぎるとまた1車線の狭い林道になるのだが、林の間からは下界に開けた甲府盆地がチラチラと見えてくる。左右にブドウ畑が広がり始めたら、終点はもうすぐだ。国道に合流したら一旦北上し、道の駅「花かげの郷まきおか」に入る。時刻は13時過ぎ。



お昼を食べないと!


ここは山梨県。となるとアタマに浮かぶのは「ほうとう」の四文字。道の駅の高台に立って周囲を見回すと、駅を含めて四軒ものほうとう屋(っていうのか?)が眼に入った。その中の一軒を選んで入ってみる。

Ca391769
こんな店構えです。


かつて、信玄の狼煙台があったというその店は(実際駐車場に狼煙台を復元したものがある)、昼時ということもあってかそれなりに混んでいた。10分程待って中に入ると、通されたのは窓際の絶景ポジション! これはラッキーであった。

ほうとうメインといいつつもメニューには普通の定食とかもあったりするのだが、ここはやはりほうとうだろう。僕は「ほうとう定食」を、他のお三方は普通の「ほうとう」をチョイス。定食の方は普通のほうとうに加えて、いろいろついているらしい。

母上はとにかく、窓から見える富士山の姿に感動しきり。机に置かれていた落書帳を眺めたりしている内に、ようやくやってきた!


Ca391771
ドン。


そこからしばらくは、皆無言の世界(笑)。そして人心地ついた頃、母上が一言。

「なんかちょっと、思ってたのと違うわね」

「コレ、ほうとうじゃないな。単に太い饂飩って感じだな」

と、父君も続く。

「お野菜しか入っていないっていうのが物足りないわね。もっといろんな種類が選べればいいのに」

山梨県出身の母上が言うと、妙に重みを感じるのは事実なのだが……。



お願いですから、もう少し小声で(滝汗)。


まぁ、僕も正直同じような事を感じてはいたのだが。コレだったら、チェーン店の「小作」とか、「みさか路(チェーンじゃないけど)」の方がいいかも。

「まぁ、窓からの富士山が一番のご馳走だから、それでいいわネ」

という締めのお言葉を頂き、店を後にした(汗)。

Ca391770
店内からの景色。富士山も見えて、絶景!


その後はせっかく近くなのだから、とフルーツ公園に寄り、甲府盆地を一望する眺めを堪能して帰宅した。rikaのご両親とは初めての遠出だったのだが……。


かくも、気疲れするものか(爆)。

しかし、とりあえず紅葉も見られたし、クリスタルラインも走れたし、と予定は全てこなした。自分的にも満足な一日だったのでありました。


ちなみに、父君にはハリアーを点検して貰った方が良いのでは、と差し出がましい意見をしたのだが、どうなることやら……。

Ca391775 フルーツ公園より、富士山と甲府盆地を同時に望む。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-中編- | トップページ | 病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-前編- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/32162263

この記事へのトラックバック一覧です: 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-後編-:

« 通仙峡からクリスタルラインへ、紅葉狩りの旅。-中編- | トップページ | 病院のち、ヨコハマ、ヨコスカ。-前編- »