« 「も少し行こう」で、いつの間にやら三浦一周。-前編- | トップページ | 連休は、クルマに乗るべからず。 »

2010年3月25日 (木)

「も少し行こう」で、いつの間にやら三浦一周。-後編-

これまでのあらすじ。 -前編-


Ca392055

とにかく、良い天気です。


久里浜までの道程で、せっかくだからと剣崎灯台へ。途中の細道ではクルマがすれ違えなくてエライ事になっていたのだが、何故か灯台に人の姿は無し。後からカップルローディーが一組やってきただけだった。


Ca392057

房総半島が思った以上に近く見えて、絶景であります。


それにしてもこの日は本当に、自転車海苔が多かった。ソロもいれば、集団もあり。剣崎灯台の入り口では、SSRジャージ2名を含む3名の方ともすれ違った。……そういえば、今年はまだ双龍に行っていないなぁ。大将にご挨拶せねば。

大根畑では家族総出で、ぶっとい大根の収穫。港でも家族皆でハバノリの天日乾し。ほのぼのとした雰囲気の三浦半島をそれぞれの気持ちの良いペースで行く。自転車バンザイ! ですな。


混雑した三浦海岸を過ぎて野比の交差点を曲がり、国道を外れると前には一人のローディーが。ピナレロFP3海苔の方でペースが良かったので、後ろに着かせて頂く。そのまま引いてもらって久里浜まで進んだのだが、気が付くとはりねずみ氏の姿が無い。後で聞くと、途中で片側交互通行の信号に引っかかったり、バスに行き手を阻まれたりと、結構大変な事になっていたらしい。

他人の前を行く、というのは正直僕にとって初めての経験だった。この日は機材の違いもあるし、もう少し気を遣うべきだったのだろうが、あまりに気持ちよくてずっとマイペースで走ってしまった。反省である。はりねずみ氏に、お詫びします。

しかし機材の違いと言いつつ、そんなに間が開くワケでは無い。33Cのスリック(?)を履いた26インチのMTBで、平均時速も23~25km/h。



やはりこの男、侮れない(汗)。


開国橋の交差点で、再び道の選択。

「『浦賀の渡し』に行ってみたいんだよなぁ……」

と言ったのは、またしてもワタクシ(爆)。

じゃあも少し行こうか、という事で、観音崎方面に向かう。『浦賀の渡し』も、他の方のblogで知ったのだが、場所が特定できていなかった。途中にあった地図で見てみると、目立つランドマークは消防署! 

--という事で行ってみると、そこはこれまでも何度か見たことのある、『渡し』の記念碑(?)が建っている場所。分かりづらいが石碑の横に細道があり、奥に行けるようになっている。おっかなびっくり進んでいくと……。


Ca392059
おお、ここでいいんだな。


ちょうど対岸から戻ってくるところだったので、さほど待つことも無く乗船。およそ二分足らずの時間という事だったが情緒はたっぷり。


Ca392060

ノンビリと、対岸へ。


大人1人+自転車で200円だったのだが、500円玉しか持ち合わせが無かった。だが、

「ああ、おつりは勝手に取っていってよ!」

という船長(兼操舵手)の感じも良い(笑)。対岸に到着してドリンク休憩を経て、イザ観音崎へ! 手前に結構な急坂があったような記憶があったが、走ってみるとそれほどでは無かった。しかし路面に暴走対策の(?)凸凹がつけられており、下りの際に怖いのなんのって……。こういった路面では、MTBには敵いませんな。



Ca392062
観音崎にて。さすがにバーベキューしている人はいなかった(笑)。



結局もう少し、もう少しといいつつ城ヶ島を除いた三浦半島をコンプリート! しかもお初のまるよし食堂と浦賀の渡し舟を経験して、満足至極であった。馬堀海岸を過ぎると、後は街中を延々と走る。

環状4号との分かれ道で、はりねずみ氏と解散。何だかんだといいつつ、MTBでしっかり100km以上走ってしまう彼はやはりスゴいオトコだ。ねずみ氏視点からのblogもあるので、よろしかったらどうぞ(笑)。

途中で一度補給をして、帰宅は17時頃。何とか暗くなる前に帰り着く事ができた。走行距離約117km、平均時速23.4km/h。考えてみれば、BMCで初めての100km越えだ……って、


どれだけお初づくしなのかと(滝汗)。


疲れたが、しかし気持ちの良い疲労感を味わえた一日。友と自転車と、お天気に感謝であります。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 「も少し行こう」で、いつの間にやら三浦一周。-前編- | トップページ | 連休は、クルマに乗るべからず。 »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

「浦賀の渡し」は、昨年秋、nakajiさんの記事に誘われて車で行った時に偶然に渡し場に出ました。
フェリーで渡って走れるように訓練しなくっちゃ。

ねずみ氏の所へ行ってきました。
両氏の視点で見ると面白いです(笑顔)

投稿: MATSU | 2010年3月26日 (金) 05時24分

>MATSUさん
毎度どうもです。「浦賀の渡し」は、キチンと捜さないと、中々分かりづらい場所にありましたね。

三浦から房総へ渡る自転車海苔は多いのですが、房総から三浦に渡る方、というのはあまり聞きません……。

房総は広すぎですが、走ると三浦以上に気持ちいいですよね(笑)。

投稿: nakaji | 2010年3月26日 (金) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/33926943

この記事へのトラックバック一覧です: 「も少し行こう」で、いつの間にやら三浦一周。-後編-:

« 「も少し行こう」で、いつの間にやら三浦一周。-前編- | トップページ | 連休は、クルマに乗るべからず。 »