« 閑話休題。~10万ヒット御礼~ | トップページ | みんなでドタバタ、房総旅行記。-その4- »

2010年4月15日 (木)

みんなでドタバタ、房総旅行記。-その3-

これまでのあらすじ。 -その1その2


結局、rika一家にたっぷりと峠道をお見舞いしてしまったワタクシ。隣からの冷たい視線が痛い……(涙)。が、途中からは道幅も広くなり、かなり整備された道となった。

途中に清澄寺というお寺があるのだが、そこに参拝すると思しき白装束の大集団に出くわしたりしつつ海が見えてからはスムーズに進み、宿に到着したのは13時半頃。当然、まだチェックインは出来ないのである。


Ca392108
鴨川ホテル三日月、外観。


鴨川ホテル三日月にはチェックイン前でも宿泊者が無料で利用できるスパがあるのだが、じゃあ皆でスパに入るかと言われると……(汗)。という事で、ロビーに置いてあった周辺観光施設の割引チケットの中からどこか行きたい場所を選ぼう、という流れになった。選択されたのは、

勝浦海中公園。

海中展望台がある、というのにココロ惹かれたらしい。鯛の浦で遊覧船に乗る、という案もあったのだが、どうも天気がヨロシク無いという事に加え、かなり海が荒れている、という事もあったのですね。


数年前に自転車で走った道を、クルマで辿って行く。えらく苦労した記憶がある坂も、クルマでならば大した傾斜に感じないのがある意味悲しい。行川アイランドという廃墟の横を通り過ぎ、おせんころがしを経て勝浦へ。

ここへ至る道には所々に「勝浦海中公園●km」というような表示があったので、一応ナビはセットしたけど迷うことは無いかな……と思っていたのだが、実際にはかなり分かりづらい場所にあった。細い道を辿り、最後にトンネルを抜けて左折すると、何だか別世界に来たかのような(大袈裟)、立派な建物がある。併設されている、「海の博物館」だ(駐車場は共通)。

そこにクルマを止めて、海側へと歩いていくと……。


Ca392109

さ、寒い……(汗)。


しかしここまで来たら、「せっかく」の精神で突入あるのみ! 海の上に渡された歩道を歩いていく。悪い事にここに来て風雨が強まり、海の荒れ具合もかなりのもの。それでも海中ならば多少は……という一縷の希望を胸に抱きつつ。


Ca392112
イザ、海中展望台へ。

Ca392111
海岸には、こんな人工物が多数。昔の生簀の跡だという。


海中展望塔の中はエレベーター等は無く、300段以上ある螺旋階段を下っていく。底には楕円形の窓が幾つかあって、そこから海中を覗く事ができるのだ。


Ca392114
おお、結構いるぞ!


やはり荒天の為か「泳ぎ回る」というよりか、「うねりに身を任せて漂っている」という感じではあるが、思っていた以上に様々な種類の魚がいる。普段見ることが出来ない光景である為か皆、思った以上にテンションが上がる。さらに鮫の姿を発見した事で、他のお客さんを巻き込んでコーフンは最高潮に(笑)。


Ca392116
こんな感じで覗きます。

Ca392118
寄餌に集まり、渦を巻く。


しかし、別料金であったが「せっかく」なので入ってみた「海の博物館」の方は、というと……。

「何だか事業仕分けで無くなっちゃうんじゃないかしらねェ」

ーーという、rika母のコトバで察して頂きたい(汗)。


そうこうしている間に、チェックイン可能な15時を過ぎたので宿に戻る事に。今回予約したのは二部屋。広さ的には一部屋で6人十分寝られる位に広い。勿論オーシャンビューである。ゼイタクだなぁ。


Ca392120
部屋からの景色。曇天なのが残念。


何となく流れで、部屋割りは「アダルトチーム」と「ヤングチーム」に分かれる事になった。僕とrikaは勿論、「アダルト」(爆)。20代のヤングチームはお二人でお幸せにーーということなのでありますね。

夕食時間は18時半で、2時間程時間がある。その間は自由時間で、お風呂でもそれぞれ入ってきましょう、という事に。ヤングチームはスパに行ってみると言う。うーむ、若いなぁ(爆)。オジサンは温泉につかれれば十分です。

rika父は早速お風呂に旅立って行ったのだが、まだまだ時間はある。お風呂は30分もあれば十分だろうし、ちょっと横にならせてもらおう……と座布団を並べてゴロンと寝っ転がる。で、


気付いたら18時半ですよ(核爆)。


どんだけ熟睡していたのかと。

皆さんお風呂に入って既に浴衣姿の完全装備状態。一人だけ普段着というのもナンなので、慌てて浴衣に着替える。夕食は別会場でとるので、移動する必要がある。

「5人までだったら部屋食でOKなんだけど、6人だと別の部屋じゃなきゃダメなんだって」

と、予約したrikaが言う。個室の宴会場らしいのだが、6人であまり広い部屋でもなぁ……という感じ。

「6人以上だと、テーブルに料理が載せきれないんだって」

って、マジですか?(汗)


恐る恐る宴会場を覗いて見ると……。


Ca392121
……。


まぁ、こんな感じか。まるっきり、社内旅行ですな(笑)。何となく左右で男女に分かれて座るのだが、間が広すぎて序盤の会話が盛り上がらないのもそんな感じである(爆)。

料理は豪華! メインはやはり、鮑ですね。生きたまま土鍋で焼いたものにレモンをサッとかけて、バターを付けて頂く。料理が載せきれない、というだけあって、種類は多く、最後の御飯は殆ど必要無い、という具合であった。こういう食事の時になると毎回思うのだが、もっと早く御飯を出して欲しい。何なら、最初からあったって構わないぞ。


Ca392125
料理全景……といいつつ、この後も色々追加されました(笑)。

Ca392124
活き鮑! 


食後、少し休んでからようやく温泉へ。ここ、鴨川ホテル三日月には売りの一つとして、純金の湯船があるのだ。何とまぁ下品な……という気もしなくもなかったが、一応つかっておきましたよ(笑)。



続く……。(その4へ



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 閑話休題。~10万ヒット御礼~ | トップページ | みんなでドタバタ、房総旅行記。-その4- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

旅記に感動してます(嬉)

投稿: MATSU | 2010年4月16日 (金) 04時49分

>MATSUさん
んん? 何か、感動させるような事書いたでしょうか……? キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

投稿: nakaji | 2010年4月19日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/34239688

この記事へのトラックバック一覧です: みんなでドタバタ、房総旅行記。-その3-:

« 閑話休題。~10万ヒット御礼~ | トップページ | みんなでドタバタ、房総旅行記。-その4- »