« 富良野、そのあと。-2010年北海道の旅・その6- | トップページ | 2010年、新ジャガ収穫。 »

2010年6月30日 (水)

サラバ、北海道。-2010年北海道の旅・最終回-

これまでのあらすじ。 -その1- -その2- -その3- -その4- -その5- -その6-


Ca392327
ニングルテラス入り口。毛虫は、苦手ですか?(爆)



さて最終日なのであるが、ぶっちゃけレンタカーを返して飛行機乗って帰っただけなので、
実はあまり書く事が無い(爆)。

ーーというのもナンなので、これまでで書き忘れていたりした、よしなし事を織り交ぜながら、最終回という事にさせて頂きたいのである。


今回の旅で最大の事件が起こったのは美瑛であり、絶対忘れられないというのは確かなのだが、個人的な趣向としては、やはりメインは初日の帯広であった。スイーツ三昧という目的を果たした、という事もあるが色々と印象に残る事があったのである。

<その3>でも書いたが、帯広の人の少なさといったら尋常では無い。夕食を食べる場所を求めて街中をうろついている内に空は次第に暗くなり、賑わっているのは飲み屋ばかり。行きかう女性も、皆「出勤中」とおぼしき人ばかりで、道路に並ぶのはタクシーと運転代行のクルマばかりである。

「……なんか、一人では歩きたく無い雰囲気だねぇ」

とrikaは呟いていた。

フト見ると、コンビニ前に何やら派手な色のジャージを着た女の子の集団がたむろしている。そのジャージの背中には、

『遺愛学院 剣道部』

……えーーーっと、


そういうお店ですか?


と、反射的に思った。だって「遺愛(=居合?)」と「剣道」ですよ。あまりに出来杉君じゃないですか(笑)。

流石北海道、斬新なお店もあったものだーーなどと思っていたのだが帰ってからフトした興味で調べてみると、

実在するホンモノの学校でした(核爆)。

なんでも函館にある、北海道一歴史のある女子高なのだとか……それもクリスチャンの。……ごめんなさい。


飲み屋のオネーチャンにしか見えませんでした(滝汗)。


しかし、北海道4回目にして何となく感じたのだが、北海道民の方々は、オレンジ色が好きなんですかね? 北海道=セイコーマートという図式は誰もが納得して頂けると思うが、そのイメージカラーはオレンジである。


Seicomart
みんな大好き、セイコマのロゴ。


それだけかよ、と言われてしまうかもしれないが、前述の「遺愛学院」のジャージも鮮やかなオレンジだったし、街中でも何だかやたらとオレンジ色を見かけたーーような気がするーーのである。その他に夕張メロンの果肉の色とか、北海道限定のリボンシトロンの色とか。まぁ、さほど根拠の無い思いつきなのでありますが(笑)。



ーーというワケで(?)最終日。天気は曇天であった。しかも、高速を千歳に近付くにつれて雨が降り出す。まるで、僕が心で流している涙のように(爆)。

ここまで来たら覚悟を決めるしか無いのだが、とりあえず僕はユーウツであった。rikaが「せっかく借りてきたのに一度も聴いてなかった」とかけたディズニー系テーマソングCDからは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のテーマが流れている。

只でさえ、旅行の最終日といったらアンニュイな気持ちになるものなのに……やはり、事故というのはイヤなものだ。

高速を降りてからガソリンを入れる為、予め調べておいたGSへ向かう。北海道の高速道路は、ETCレーンよりも通常支払いレーンの方が圧倒的に混んでいる。まぁ、普通に生活している分には、高速はさほど必要ではないのだろう。今回の社会実験で、大部分が無料化される事だしね。

GSのオッチャンはなにやらこの型のインプレッサを見るのは初めてのようで、

「コレ、どこのクルマ? インプレッサ? スバルの? へぇ、新しいヤツかぁ」

と、しげしげと眺めていた。てか型的にはそんなに新しくも無いハズなのだが……。


北海道をクルマで走ると、フロント部分には虫の死骸がこびり付く。最初は厄介に感じるのだが、段々それを溜めていくのが快感になってくる……のは僕だけだろうか?(汗) 今回はレンタカーなので、返す前に洗車した方がいいのだろうか……と思ったが、よく考えてみれば借り受ける時に車体が濡れていた。という事は、レンタカー屋で洗っているのだろう。

特に言われてもいないし、という事で燃料だけ満タンにし、覚悟を決めてレンタカー屋へ。
千歳のレンタカー屋は空港に直結しておらず、少し離れたトコロに広大な敷地を構えている。空港までは、バス で送迎しているのだ。

クルマを止めると同時に、店員が駆け寄ってくる。一瞬緊張したが、別に僕だから、というワケではないらしい。クルマの傷の確認とその際の状況を説明し、お金を払って終了。まぁお金ーーそれも最低限のーーで解決できる範囲で済んだのだから、まだツイていたのだろう。そう思わないと。予定では11時半頃返却、となっていたのだが、この時はまだ10時ということで、多少割引があったのも幸いだった。


空港まで移動し、お土産を買って飛行機に乗れば終了! --なのだが、飛行機の到着が遅れたとの事で、出発が約45分遅れに orz。

全体的には天気にも恵まれて、色々初めてづくしではあったがそれなりに順調な旅であったと言えるだろう。そう満足していた翌日、rikaが言った。


「あたし、クルマのデッキに借りたCD入れっぱなしにしてきちゃった……」


「……」






O0326057410219109789





お後が宜しいようで……。



CDはレンタカー屋に電話して、着払いで送ってもらいました。1,000円もかかったよ(涙)。まぁ脱輪して余計なオカネを支払う原因をつくったワタクシには、何も言う権利はこざいません。ええ、ございませんともさ(爆)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 富良野、そのあと。-2010年北海道の旅・その6- | トップページ | 2010年、新ジャガ収穫。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/35584811

この記事へのトラックバック一覧です: サラバ、北海道。-2010年北海道の旅・最終回-:

« 富良野、そのあと。-2010年北海道の旅・その6- | トップページ | 2010年、新ジャガ収穫。 »