« 出発。 | トップページ | 海を渡って峠を越えて。-2010南房総一周・中編- »

2010年7月20日 (火)

センチュリーライドって何キロ?-2010南房総一周・前編-

7/17(土)、目が覚めたのは午前5時半。そのまましばらくボンヤリとしていて、本格的に起きたのは午前6時であった。普段の休日の朝と比べると、圧倒的に早い(笑)。

この日は一日フリーな休日。せっかくだから、どこか遠くに行こう! と前から思っていたのである。山か、海か。--となるとやはり「海」を選択してしまうワタクシ(汗)。なんたって、梅雨明けで最高気温が35、6度の予想なんて聞いたら、坂なんか登っていられないではないか(?)。


海でロング、というとやはり房総半島を思い浮かべる。2年前の3月に、SCOTTで南房総を反時計回りに一周した事がある。その時は帰りに輪行して、トータル距離は約170kmというところだった。

……じゃあ今回は、オール自走を目指してみようではないか!

といいつつ、一応輪行袋を準備する弱気なワタクシ(爆)。いやホラ、メカトラとかあるかもしれないし、ね。その他に熱中症対策で、今回は初のダブルボトル装備。一本はカラダに振りかけ用としてだ。あぶれたツール缶の中身はサドルバッグへ。輪行袋も入っているので、結構ギュウギュウ。後から考えれば、輪行袋はジャージのポケットでも良かったな……。


事前のチェックで、久里浜発8時20分のフェリーに乗ろう! と思って時間を合わせたハズなのだが、出発してまだR16に合流してもいないのに、気付くと時間は7時45分。アレ? 確かR16に合流してから横須賀まで8km。久里浜はさらに10kmは先なのだからーー。

どう考えても間に合わないじゃん orz。


思い返してみるとどうやら僕は、横須賀までの時間で計算していたようだ。そりゃ、間に合わなくもなるだろう(汗)。

こうなると一本遅らせて、9時20分の便に乗るしかない。逆に余裕ができてしまったので、スカレー君にもご挨拶(笑)。


Ca392347
横須賀駅にて。本日はダブルボトルにサドルバックのフル装備。



久里浜フェリーターミナルに到着したのは、8時40分というところであった。海岸沿いの道には多くの人が出て、一斉に露天の準備を始めている。何かイベントがあるのか、単に海水浴客目当てなのか。

ちなみに、自宅から久里浜までの距離は約40km。やはり2時間は必要か……。乗船は9時からだったので、朝飯の買出し等をしているとさほど待つ事無く船内へ。アクアライン値下げの影響か、やはりバイクの数が少ない。自転車海苔は僕の他に3人のみ。時間が遅い、ということもあるのかもしれないが……。三連休初日の9時台としては、圧倒的に寂しい。クルマにしても、二階デッキはガラガラであった。


Ca392353
自転車は、ハンドルを引っ掛けるだけのシンプル固定。


船内にいるとエアコンが利きすぎて寒かったので、甲板に出る。日差しは強いが、風があるので心地良い。椅子に座って思わずウトウトとしてしまった。フェリーは定刻どおり、10時5分に着岸し、10時9分には出発! 


Ca392355
イザ、上陸! タラップが徐々に下がっていく。


鋸山の麓を走りながら、僕は思案していた。本日の予定は南房総一周、すなわち保田の交差点から鴨川へと繋がる長狭街道で半島を横断し、それより下の海岸線をぐるっと回るコースである。問題は、時計回りか、反時計回りかという事。

2年前は、上でも書いたように反時計回りだった。さらにその2年前に、友人らと時計回りのコースを二日かけて走っている。--じゃあやっぱり、時計回りだな! 海岸沿いを行くときは、より海に近い時計回りに走るのがツーリングのお約束。さらに、このコースには一ヶ所だけ「峠」と名の付くものがあるのだが、それは先ほど紹介した半島を横断する長狭街道にある「横根峠」。体力のある内に坂道をクリアして、あとはフラットロードを進もうではないか、という魂胆もあったのでありますね。


なので、すっかり僕の中ではお馴染みとなった「保田」の交差点から国道を外れて、県道34号長く狭い街道へ。長いといっても約30km、狭いといってもさほど狭くも無く、クルマの交通量もさほど多く無い。鴨川へ抜ける最短ルートであるのだが、今やクルマのメインルートとなったアクアラインからでは逆に効率の悪いルートなのである。

登りにさしかかると、とたんに全身から汗が噴出してくる。千葉の道は、路肩に枝や小石が溜まっていたり、路面が盛り上がって荒れていたりするので、影があっても近寄れないのがツライ。しばらくアウターでガマンして進んでいたが、こらえきれずインナーへシフトチェンジ。その瞬間、


ガツッ!


という音と共に、クランクが止まった。何度か逆転させてから踏もうとするが、全く受け付けてくれない。ーーおいおい、勘弁してくれ! チェーン? クランク? それともBB? とりあえずコケるまえに自転車を降りて、路肩へ。フロントリング部をチェックしてみると、チェーンに何やら挟まっている。何かと思ったら、サイコンのケーブルを固定していたタイラップが外れて、それを噛み込んでしまっているのだ。

とりあえず、深刻なメカトラではなさそうだ。少しホッとした。タイラップの噛み込みを外したら、無事にクランクは回るようになった。だがその後、アウターからインナーへ落とす際に、何度かカン、カン! とスムーズにいかない事があった。見た目は問題なさそうなのだが……ショップでチェックしてもらうかなぁ。


横根峠は、峠のピークを過ぎた後も幾度かのアップダウンを繰り返す。何とかそれらをクリアして、目指すは国道410号を過ぎた所にある「ODOYA 長狭店」だ。そこで、最初の休憩をとることにする。


続く……。(中編へ



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 出発。 | トップページ | 海を渡って峠を越えて。-2010南房総一周・中編- »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/35821840

この記事へのトラックバック一覧です: センチュリーライドって何キロ?-2010南房総一周・前編-:

« 出発。 | トップページ | 海を渡って峠を越えて。-2010南房総一周・中編- »