« センチュリーライドって何キロ?-2010南房総一周・前編- | トップページ | 200kmの果てには?-2010南房総一周・後編- »

2010年7月21日 (水)

海を渡って峠を越えて。-2010南房総一周・中編-

これまでのあらすじ。 -前編-


Ca392350
イザ、房総半島へ!


夏に走る時には、休憩する時に必ず心がけている事がある。それは、顔や腕(できれば頭も)洗うことだ。少しでも汗を流せてサッパリするし、僕の場合肌が弱いので、顔に塩がついたまま拭ったりするとエラい事になってしまったりするので、それを防ぐ意味もある。勿論、熱中症対策にもなる。

フェリーの中で一応朝飯を食べていたので、ここでは基本的に水分補給のみ。サイコンを見ると、千葉に上陸してから約20kmというところ。もう少し走っていると思っていたのだが……。

20分程休憩して、再出発。安房鴨川に出たところで、国道128に合流する。


ーーさあ、ここから南下だ。


ここまでは山の中を走ってきたという事もあって、さほど風の影響を感じなかったが、これからはモロにその影響を受ける事になる。

南風=向かい風を。

それでも、海岸沿いを走る国道は結構入り組んでいるので真正面からの逆風でないだけまだマシだ。道の駅「鴨川オーシャンパーク」が近付くと、外房の海を望める。風のせいか、海面上がなんとなくガスって見える。


Ca392356
外房の海だ!


海水浴場は多いのだが、道は結構空いている。風に吹かれつつも、快調に進む。道の駅を過ぎると、鯨で有名なその名もズバリ「くじら家」は思ったよりもすぐだった。おお、もう和田まで来たのか。野島崎までは約30kmちょい。--このまま、休憩無しでも行けるかな?

しかし信号は少なく、この時は交通量もやたらと少なかったこの道。走りやすいのはいいのだが、止まれないので休めやしない(汗)。あまり良くないとは思いつつ、ところどころで脚を止めて、惰性で進む。

それにしても、海岸線は暑い! 

こういう時の為に、準備してきたダブルボトルである。シングルだと基本的にスポーツドリンクを入れるので、体にかけるワケにはいかない。ならばダブルにして片方は水にしておけば、思う存分水を被れるというワケだ。

それまでは信号ストップの時にカラダにかけていた水だが、こう止まれないなら走りながらやってみようか、と思いついた。ノールックでボトルを取り出し、蓋を開けて体にかける。

……おお、オレってカッコ良くね?(笑) 

などと思いながら、ボトルを仕舞おうとヒョイと下を見て気が付いた。


スポーツドリンクの方をかけちまった orz


幸い和田浦の信号でストップしたので、改めて水をかけまくる(汗)。


しかし本当に、自転車海苔の姿を見ない。ここまでで、フェリーで一緒だった3人を除けば対向から来た4人程度。やはり、こんなクソ暑い時に房総を走ろうなんていうのが間違いなのだろうか……。

和田浦を過ぎると道は国道を外れて、県道297号線房総フラワーラインへ入る。途中の道の駅「ローズマリー公園」で休憩。先ほどのODOYAから約30km、トータル約90km地点である。汗とスポドリ(爆)をサッと流して出発。


Ca392358
ローズマリー公園にて。BMCも木陰で休憩中(笑)。


確か、以前反時計回りをした時の記憶では、野島崎からローズマリー公園まではさほど距離が無かったハズ。だとするともう少しかな? 


--と思ったのが間違いだった。


一度国道に合流した道は、千倉の手前で再び県道へと分かれる。その海沿いの県道に入った途端、脚がさっぱり回らなくなってしまったのだ。向かい風のせいもあるが、この感じは既に「売り切れ」てしまったような……。25、6km/hといった、平均時速ギリギリの速度で進む。

道は再び国道に合流し、野島崎へ。そしてようやく到着! --する直前にあったODOYAに吸収(汗)。時刻は午後二時近く、トータル約108km地点。何かお腹に入れておこうと、おにぎりセットを購入。それとアイス(笑)。さらに夏の定番、かち割りレモンと、


Ca392361
リアルゴールド!


今回、このサイズの飲料にはかなり助けられた。ドリンクの補充というと、そのままボトルに詰め替える事を考慮に入れるためどうしてもスポドリになってしまう。しかしいい加減味に飽きてしまうので、何か他に炭酸系が飲みたい! と思うのだが、さりとて500mlも要らない。350mlでも多い。--という時に、この小ささがジャストサイズなのである。

アッという間に平らげて、休憩がてらストレッチをしてみる。すると、あちこちがかなり凝り固まっている事に気が付いた。腕も、脚も。やはり長時間同じ体制でいるので、凝ってしまうのだろう。脚が少しでも回復しないかとアキレス腱を伸ばしてみると、これが気持ちよくてたまらない(笑)。


トイレで顔を洗って、再出発! 時間の関係上、野島崎灯台は眺めるだけでスルー。しばらくはまだキツイコンディションだったが、その内脚が回るようになってきた。


Ca392362
野島崎では、お祭りの準備中。


最南端を過ぎて、風が追い風になったのだ! それとやはりストレッチの効果もあるようだ。ギアも一段シフトダウンして、とにかく脚への負担を減らす。……ようやく、時速30km/hをキープできる位に回復した。これならば、フラワーラインのストレートも快適に走れるかもしれない。何だか妙に、


お尻が痛いけど(泣)。


続く……(後編へ)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« センチュリーライドって何キロ?-2010南房総一周・前編- | トップページ | 200kmの果てには?-2010南房総一周・後編- »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

体に相当負担がかかる暑い日でした。
熱中症は大丈夫、の様子ですね(安心)

投稿: MATSU | 2010年7月22日 (木) 06時09分

>MATSUさん
今更ながら、当日は結構過酷な環境だったと思います(汗)。
腕の日焼け、皮が剥けてきてエラいことに……。

投稿: nakaji | 2010年7月22日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/35835849

この記事へのトラックバック一覧です: 海を渡って峠を越えて。-2010南房総一周・中編-:

« センチュリーライドって何キロ?-2010南房総一周・前編- | トップページ | 200kmの果てには?-2010南房総一周・後編- »