« 「鉄の男」は赤かった。 | トップページ | 喰ってばかりの週末(汗)。 »

2011年2月24日 (木)

鍵は永遠の悩み?

ロードバイクのみならず、多少お値段の張る自転車を購入した時、心配するのはやはり「盗難」である。余談だが、昨今大阪では電動アシスト自転車の「バッテリーだけ」がよく盗まれているそうな。ていうか、あれってロックかからないのか……。構造的に、問題があるんでないかい?

それはともかく、とりあえず言いたいのは「鍵」なのである。ママチャリ等には標準装備されているが、重量を気にするスポーツ自転車には当然未装備。自分で購入する必要があるのだが、これが実に様々な種類があるのですね。


僕はクロスバイク購入と同時にワイヤー錠を購入して、走る時にはフレームに巻きつけていた。で、しばらくしてから巻きつけていた部分のフレームを見てみると……。

塗装が剥げていた(汗)。


おそらく振動で鍵のシリンダー部分がコンコンとぶつかり、そんな事態になってしまったのだろう。さらに、そのワイヤー錠は鍵をシリンダーに入れてから捻る、という一般家庭と同じ開錠方法だったのだが、サガミサイクルに行った際にさて帰ろうか、と鍵を捻るとーー。


ポッキリ折れた!(爆)



仕方なく店からワイヤーカッターを借りて、泣く泣くワイヤーを切断したのである(あまりにアッサリカットできたので驚いた)。その後改めて「鍵を差し込んだら開錠される」タイプのワイヤー錠を購入したものの、そもそもワイヤーそのものの脆弱さを知ってしまった以上、『なんとなく、ただ感じる不安』は拭えなかった。


そんな時に、友人はりねずみ氏が使っていた鍵を見てコレだ! ーーとマネして購入したのが(笑)、今使っている鍵である。


Ca392592
↑コレ。


カラピナ式で、三桁のダイヤルでロックをかけるタイプ。これが五桁とかだと横着して端の一桁しか回転させない、という事をしてしまいそうだが、三桁程度なら迷う事無く全てを回転させる事ができる。

余程時間をかけないと切断は不可能だろうし、ムリヤリ乗っていこうとすれば、後輪のスポークを破壊しなければならない。まぁ最悪スポークを外し、再度取り付けてからなら乗って走行する事もできるだろうが、さすがにそこまでは……(汗)。

軽くて、開錠の為の鍵も不要。ツールボックスに入るサイズ、と良い事づくめなのであるが、一つだけ問題があった。所謂、

『地球ロック』が出来ない。


のだ。画像の通りに一応ワイヤーがついているが、細すぎて本気で盗もうとする人間にとっては障害にもならない。車両ごと持っていかれたらアウト! なのである。コンビニ休憩程度ならば大丈夫だろうが、長く離れる時は不安であった。


何か、良いモノは無いかな……と探していて見つけたのがコチラ。


33782400001l0
tate AG70 フォールディングロック


ワイヤーでなく鋼鉄のプレートを繋げた、オートバイに使われるような鍵である。ちょっと長さが短いような気もするが、重量およびサイズとの兼ね合いを考えた時に、ベストなサイズなのだろう。


33782400001l5
広げたらこんな感じ。


お値段約3,000円。高いか安いか、判断は難しいが……盗まれて後悔するよりかは、ですね(汗)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 「鉄の男」は赤かった。 | トップページ | 喰ってばかりの週末(汗)。 »

自転車関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/39000561

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵は永遠の悩み?:

« 「鉄の男」は赤かった。 | トップページ | 喰ってばかりの週末(汗)。 »