« ネット通販にフト思う。 | トップページ | キン肉「痛」マン、二日目。 »

2011年2月 7日 (月)

ハイキングなら膝に優しい…というワケでもないらしい(汗)。


Dscf0257
運命の分かれ道……。



思い起こせは昨年の1月に大山に登った事が、僕が生まれて初めて大山の山頂に立った瞬間であった(多分)。

というワケで。


今年も大山に登ってきました。


別に毎年恒例行事にするつもりは無いのだが、自転車乗るにも右膝がアヤシイし、ハイキングだったら大丈夫なんじゃね? --という根拠の無い理由から、思いつきで決めたのである(笑)。ついでに、色々と祈願をしてこよう。しかし「思い付きで行ける山」が近くにある、という事はシアワセなのですな。つくづくそう思う。

思い付き、ではあるが別に舐めてるつもりは無い。一回しか行った事が無いし、今回は単独行。それに今回はケーブルカーを使わず、最初から最後まで徒歩で行く、というのを目標にしていた。防寒装備にトレッキングシューズといった装備はしっかりとしておかねば。

そして日曜日。起きたら陽が出ていたが、天気予報では午後から曇り、のち、雨。山の方はガスっていて見えない。眺望は期待できなさそうだが、まぁ「登る」事が目的だからいいや。


9時半に出発して、1時間程で到着。市営の第二駐車場は既に満車であったので、近くの民間駐車場へクルマを止めて、イザ! 

観光客はそこそこ居るが、さすがに1月程では無い。参道の商店街も、所々にシャッターが閉まっているところがあった。駐車場が満車になっても回転率が極端に悪いから(朝山に登って、夕方に降りてくる)、お店にとってはお正月以外は厳しいのかもしれない。


Dscf0255
こま参道を過ぎると、駅に到着。

Dscf0256
「男坂」と「女坂」。アナタはどっち?


ケーブルカー駅をスルーして横の道を進んでいくと、「男坂」と「女坂」分岐点に差し掛かる。ここは迷わず、「男坂」へ。オレも男だ! やってやる!

が。


5分で後悔した(滝汗)。


一応階段があるのだが、一段一段の高さにかなりの落差がある。こういった登山の時はあまり歩幅を広げず歩く方が疲れづらい、なんて本で読んだ気がするが、強制的に歩幅を広げさせられてしまうワケである。加えてあまり整備がされておらず、長い年月を経た石段は磨り減って、こちら側に向かってナナメになっているのだ。普通に足を乗せると体重が後ろに傾いてしまい、ヒヤッとする場面も度々(汗)。

恥も外聞も無く、両手も使って這い蹲るようして登っていくが、額からは汗が滴り落ちる。


131


まさに、↑の状態。ていうかそのまま本当に「未完」になってしまいそうな勢いであったが、途中で休みつつ何とか進み、30分程で下社に到着! ウインドブレーカーを脱いで、今後に備える。天気は曇りだが山の中は風が無く、フリースで何とかなる感じだった。


Dscf0259
阿夫利神社下社。


11時40分に、下社から山頂へ向かって出発。

で。


Dscf0263
12時30分頃に山頂到着!


単独行だと、途中経過であまり書くことが無い(爆)。しかし「男坂」がよい準備運動になったのか、それ以降はさほど息が切れる事も無くスムーズに登る事ができた。ちょっとホッとした(笑)。


山頂は完全にガスの中。にも関わらず、結構人が居る。ガスバーナーでお湯を沸かしてお茶を飲んだり、カップラーを食べたり。僕もそれを考えていたのだが、出発が遅くなってしまったのと水を多めに持っていかなければならないのでヤメたのだ。

今回は自転車用のショートボトルに水を入れて持ってきたのだが、正直ギリギリだった。季節的に喉が渇いて仕方ない、という状況にはならなかったが、ロングボトル程の量は必要かもしれない。

山頂で簡単な昼を済ませて、下山開始。少し迷ったが着た道を戻るので無く、少し遠回りになるが見晴台経由のルートを選択。今まで行った事が無いルートを行きたい、という単純な理由。しかしこのルートは尾根伝いを行くので風は強いが眺望が良く(この日はダメだったけど)、歩いていて気持ちの良いルートだった。


Dscf0266
見晴台への道。いかにも「尾根」って感じ。

Dscf0267
北側斜面には雪が……。


見晴台から山の中に入り、崖っぷちを歩いて下社へ。帰りは女坂をチョイス。って、


Dscf0273
結構キツくね?(汗)。


脚が大分終わりかけていた、という事もあるだろうが、男坂に比べて距離が長く感じた。斜度が多少緩く、それなりに整備はされていたが決してラク、というワケではなさそうだ。


そんなワケで14時30分頃に駐車場に到着! 特に事故も無く、最初から最後まで歩き通す事が出来た。これでご利益があればいいのだが……(笑)。

当初は自転車で行き、完全走破して帰ってくる、という事も考えていたのだが、「やらなくて良かった!」とつくづく思った(爆)。まだまだ、今の僕には無謀な挑戦だ。何故なら、


今日、走れない位に激しい筋肉痛だからだ(滝汗)。


なんか膝も痛いし(泣)。

やはり、「思い付き」で行動するのは良くない事なのかもしれない……。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« ネット通販にフト思う。 | トップページ | キン肉「痛」マン、二日目。 »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

お疲れさま。そして無事の下山、良かったです。

私も、ケーブルカーでは登ったけれど、そこまでで、nakajiさんの様に歩いて登りたいです。

投稿: MATSU | 2011年2月 8日 (火) 09時06分

>>MATSUさん
ケーブルカーを使わず歩いたのは、僕も初めてでした。達成感はありますね!ヽ(´▽`)/

また登るかどうかは…うーん(汗)。

投稿: nakaji | 2011年2月 9日 (水) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/38774129

この記事へのトラックバック一覧です: ハイキングなら膝に優しい…というワケでもないらしい(汗)。:

« ネット通販にフト思う。 | トップページ | キン肉「痛」マン、二日目。 »