« 車検の季節。 | トップページ | ホムセンを幾つか巡ってみた。 »

2011年11月 4日 (金)

いつの間にやら、「自転車専用道」ができていた。

以前にも書いたが、警察による自転車の取締りが本格的になってきた、というニュースが流れる中、何となくではあるが歩道を走る自転車(この場合は主にママチャリ)の数が減ったように思える。まぁたまたま、という可能性は高いのだが……。

このblogを読んで頂いている方で知らないヒトはいないと思うのだが、「自転車は絶対に歩道を走ってはいけない、というワケではない」。


402001_20081203_0002_2


↑この標識があれば、あくまで歩行者優先という条件で、歩道を走る事が可能である。

だから順番としては、

①自転車は車道を走らなければならない。
②ただし、標識があるところであれば歩道も走れる。


というのが本来なのだ。


この標識がある歩道は、ある程度広いものに限られているーーような気がする。そもそもどんな基準があって設置されているのかマッタク分からない。「道路標識設置基準」などでググってみても、設置する高さだのという基準しか出てこないのだ。

しかし先ごろ、標識が設置される明確な基準が明らかになった。これまでは「2m以上の幅のある歩道」だったのだが、今後は「3m以上の幅のある歩道」の中で、標識を付けるかどうか、検討するらしい。

すなわち狭い歩道に「自転車通行可」の標識が設置されている事は無い、という事になるのだが、そのような歩道がある道は大抵車道も狭かったりするので

「怖くて車道は走れない」

という自転車側の意見と

「狭い道で自転車は邪魔。フラフラしてむしろ危険」

という自動車側の意見が一致して

「だったら積極的に歩道を走った方が良い」

という結論になってしまっている、というのが実情だろう。自転車がやむを得ず歩道を使う場合、本来は「自転車を押して歩く」のが正解なのであるが……キレイ事だけではやっていけない、というのもまた事実なのだ。


少し脱線してしまったが、要は「法律を守らない方が(自転車にとっては)安全な道も多い」という事を言いたかったのである。法律を守るには、先ず環境の整備から、とはよく言われるハナシで、実際に自転車専用道も伸びている、というのだが……。

最近、僕がよく使っている環状4号線に自転車専用通行帯ができた。


Ca392764
↑コレ(左の青く塗られた部分)。


実際『自転車専用』と明確にされると、やはり歩道でなく車道を走るヒトが多いようだ。しかしこの環状4号線、片側1車線ではあるが歩道も車道もかなり幅広く作られた道路なのですよ。歩道も当然のように、「自転車通行可」の標識がある。


Ca392765
「自転車専用」の文字がある。


むしろ歩道が狭い道路を優先に、何かしらの整備をして欲しいものだが……現場的には「まずはやりやすいところから」となってしまうのだろうなぁ。この自転車専用道もほんの一区間のみ。やるなら環状4号全線にやる、くらいの気概が欲しいものである。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 車検の季節。 | トップページ | ホムセンを幾つか巡ってみた。 »

自転車関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/42848673

この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にやら、「自転車専用道」ができていた。:

« 車検の季節。 | トップページ | ホムセンを幾つか巡ってみた。 »