« 「負けるが勝ち」とは、こういう事さ。 | トップページ | 近くて遠い(?)、熱海への旅。-中編- »

2012年2月29日 (水)

近くて遠い(?)、熱海への旅。-前編-


先日。

姫が生まれてから始めての旅行(泊まり)に行ってきました。

ママ友の中には三ヶ月で北海道に行ったとかいう猛者(?)もいるらしいのだが、基本的に我々は安全策をとりーーというか、単に余裕が無かっただけども言うがーーこれまで行くことは無かったのである。だが姫もだいぶ大きくなり、クルマの移動にも慣れてきた。そして何より、

「復職前に旅行に行きたい。夫は妻を労わるべきじゃないの?」

とのたまう方がいたのである。

「ハイハイ、(刺身の)ツマは大好物ですよ」

などと答えてケーベツ光線等を浴びせられつつ、場所を相談。クルマ移動が前提だが、ウチはスタッドレスを持っていない。実家のアウトバックは昔履いていた。秋田の温泉に行くのが恒例になっていた親父が、折角のAWDなのだから、とフンパツしたのだ。しかし昨年の震災のせいで、丁度賞味期限がきれてしまったスタッドレスを更新する気を失ってしまったのである。となると、雪のある場所は無理。暖かい場所というとーー。

「房総か、伊豆だね」

という事になるのである。しかし房総は先日行ったばかり。だったら伊豆か。

「そんなに遠くない方がいいよね。宿はホテルより旅館かな。だったら部屋食がいいよね。バイキングだと、落ち着いて食べられないし。それに姫を大浴場に入れるのはちょっと抵抗があるなぁ。他の人の迷惑になっちゃうかもしれないし。お部屋にユニットバスじゃないお風呂、できれば露天とかあったら最高だよねェ」

「……」



1260060296



とりあえず、場所だけでも決めよう。という事で、




793c4a6
熱海!



近すぎず、遠からず絶妙な距離。箱根経由で伊豆スカイラインを通っていくルートなど、夢は広がりんぐという感じ。万が一雪でも降った場合には、電車で行くという事も可能。


が。


前述のrika希望に適うホテルをピックアップしてみたら……高い(爆)。一名様料金30,000~50,000なんてのがザラである。まぁ露天風呂付きの部屋としては、当たり前なのだろうが。そんな中で見つけたのが、熱海の中心を少し外れた「長濱」にある宿『長濱苑』。

子連れプランで、部屋が一階のため眺望が良くない(海が見えない)からか、多少お安い感じになっている。まぁ我々としては、まだ姫は歩けないし、抱えて階段を上り下りする事を考えると一階というのは願ったり適ったり。一応露天風呂、しかもキチンと温泉だという。

いいじゃないか!

ーーという事で、予約をしたのが一ヶ月前。そして当日、の前の前日。


関東地方を大寒波が襲った(汗)。


平地でも雪がチラ付くという、最悪の天候。ルートとして箱根~伊豆スカルートを考えていたのだが、伊豆スカはともかく、箱根が厳しい。伊豆スカへと至るルートは箱根を経由するとなると、

・一般道
・箱根新道
・ターンパイク

の三本。

情報を仕入れるにあたって、役立ったのはターンパイクのHPから発せられるtwitter。オンタイムの情報源としては、これ以上のモノはないのではないか。それによると、前日の昼間であればターンパイクは滑り止め無しで通行できたという。翌日の出発予定は、9時から10時の予定。果たしてどうか……。


そして、翌日。

twitterによると、ターンパイクは滑り止め必要との事(涙)。だが、天気は良い。現地に付くまでに状況が変わる可能性も……と、一縷の望みを託して小田厚経由で箱根方面へ。困ったことに、高速走行中にはターンパイクに関する情報が一切入ってこない。何故ならば、ターンパイクは一般高速と管理者が違うから(爆)。それもどうなのよ、という感じでありますが……。

ラジオを付けていたのだが、タイミングが悪かったのか一度も交通情報が流れないままに箱根に到着してしまった。西湘バイパスに合流するかどうか、迷っている内に高速を降りてしまう(汗)。ターンパイクの入り口まで行くと……やっぱり、規制中だった(泣)。

こうなると、高速を降りてしまったことがアダとなる。神奈川方面から伊豆へ向かう第一の関門、高速の終点と一般道が合流する渋滞の名所『石橋IC』渋滞にバッチリハマってしまったのである。しかしまぁ、焦っても始まらない。時刻はまだ11時台。ノンビリ行こう。


ーーといいつつ、伊豆スカが諦めきれない僕(笑)。「湯河原パークウェイ」はどうかーーと密かに画策していたのだが、その後も何度か渋滞にハマリ、すっかりめげてしまった。昼食の場所を一旦熱海を過ぎた「道の駅伊東マリンタウン」に設定していたのだが、当初は伊豆スカで一気に! と考えていたのだ。熱海からならば問題無く伊豆スカにのることもできようが、それでは伊東到着がかなり遅くなってしまう。ならばまずはまっすぐ伊東へ向かい、熱海へ戻る時に伊豆スカを少しでも走ろう! というワケで、


Dscf1178_2
伊東マリンタウンに到着!


熱海を過ぎてからは順調であった。

助かったのは、姫がずっと寝ていてくれたこと。ベビーシートだと、よく寝るのは前からなんだよな……家だと3時間なんかとても寝てくれない。

時刻は13時半に近い。とりあえずは腹ごしらえだ。昼食場所に道の駅を選んだのは、子連れでも気を遣うことなく食べられそうだというのと、今夜の食事が海産物系なので、それ以外のものを食べようと思ったからだ。

が。

肝心の食べたものの写真を撮り忘れた(爆)。

仕方ないので、HPからお借りする(汗)。僕が


201201121753564434
「伊豆牛を使った焼肉丼」

rikaが

201201121754194472
「駿河うどん(大盛)」


を注文。バスツアーの客がかなり多かったのだが、フードコートは落ち着いていた。ツアー客は、もっとイイトコロでご飯を食べたのだろう(笑)。


Dscf1176
姫もご飯を食べました。

Dscf1183
マリンタウンにあったお店。何か違和感が……。


そこからは少し遠回りをし、伊豆スカ経由で宿へと向かう。冷川ICから伊豆スカへ。途中の道がかなり寂しかった(汗)。熱海まで行くと行き過ぎなので、手前の山伏峠ICで伊豆スカを降りる。一番の絶景ポイントをスルーしてしまう事になるが、まぁ仕方ない。しかし、伊豆スカから海岸までの道がまた狭い(汗)。伊豆スカは生活道路しての一面もあるらしいが、それも納得の道なのであった。

で。


16時半頃宿に到着!


想像していたよりずっと古めかしいが(笑)、それなりに居心地のよさそうな部屋だった。三人で二部屋プラス、露天風呂(庭付き)。


Dscf1191
広い部屋! 早速姫が暴れまわる(笑)。


文句無い文句無いーーと言いたいのだが、実はちょっとだけ文句(というか注文)がある。まぁそれは次回に回して、



Dscf1196
ご飯にしよう!



続く……。(中編へ


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 「負けるが勝ち」とは、こういう事さ。 | トップページ | 近くて遠い(?)、熱海への旅。-中編- »

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/44312012

この記事へのトラックバック一覧です: 近くて遠い(?)、熱海への旅。-前編-:

« 「負けるが勝ち」とは、こういう事さ。 | トップページ | 近くて遠い(?)、熱海への旅。-中編- »