« 海老名SA「だけ」に行ってみた。 | トップページ | 受けるべきか、受けざるべきか。 »

2012年10月 2日 (火)

皆がお初の、えのすいへ。

「近くにあって、いつでも行けるがこれまで一度も行った事が無い場所(施設)」

というのは、誰もが少し考えれば一つや二つは思い当たるのではなかろうか。僕もいくつかあるのだが、その一つが

『新江ノ島水族館』

であった。

そもそも江ノ島自体、自転車に乗るようになっていなければ一年に一回行くかどうか……という場所。その上水族館なんて……というカンジであったのでありますね。


しかし! 姫が生まれて色々と事情が変わってきた。子連れで遠出をするというのは疲れるもの。かといって出かけないのも(親の)精神的に悪い。だったら、「近くにあって、いつでも行けるがこれまで一度も行った事が無い場所(施設)」に行ってみないか? --という事で、姫もようやく最近「ワンワン(犬)」とか「ブーブー(ブタ)」等の動物を認識できてきたので楽しめるだろう! と、えのすいに行くことになったのである。

敬老の日が近かったので、日頃の感謝を込めて両家のジジババをーーなんて当初rikaは言っていたのだが、大人6人+子供1人。もはや一つの「団体様」である。クルマ何台で行くかとか、お昼を何処で食べるかとか考えるだけでもアタマが痛い。

それでも、片方に声をかえて片方には黙っている、なんてワケにもいかない(汗)。両方の実家が近い、というのはそれはそれで、気苦労が多いのである。幸い(?)。ウチの両親は都合があるとかで、今回はrika家のジジババと一緒に行く事になった。

9月になって、さすがに海水浴客も多くは無いだろう……と思っていたら、それは大間違い。気温は完全に真夏で、海の家は解体の真っ最中であったが海水浴客も多く、それ以前に季節カンケー無しのサーファーが多いのだ。最寄の地下駐車場は9時半の段階で既に満車で、少し離れた露天の駐車場にクルマを止める。後で分かったことだが、これでもまだマシだったのだ……。

Dscf1732
えのすいより、江ノ島を望む。下の建物は、解体中の海の家。


エントランス前で合流。チケットを購入するのだが、大人2,000円! 高い! 都内の水族館を幾つか調べてみたのだが、それらの中でもダントツである。しかしここまで来た以上、文句を言っても始まらない。事前にコンビニで前売り券を買っておくと安くなるらしいが、それもメンドウなので、せめてもの抵抗、『県民共済 わかばカード』の出番である。これを提示すると、一人200円引き。4名分で合計800円引きである。この差は結構デカイのだ。

姫を床に下ろしてみると、ワーッと水槽にかぶりつく。親にしてみれば今日はこの反応を見に来たようなものなので、お魚はあまり落ち着いて見られなかったもののそれなりに満足なのである。

Dscf1730
大水槽の前で。

Dscf1717
色とりどりのサンゴ。

Dscf1718
抱えてあげないと、見られないものも多い(汗)。


ーーいきなり結論を述べてしまったが、実際にはまだ水族館は始まったばかりなのである。想像していた通りファミリーが客の大半を占め、お子様の年齢層も低め。ワーワーギャーギャー賑やかな中を歩いていく。

しかし、館内暑くね?(汗)


エアコンが入っているのは確かなのだが、涼しいのは吹き出し口近辺の一部スポットだけで、全体にはやはり蒸し暑い感じ。人いきれと、結構外と開放されている場所が多いからだと思われる。この日は風があったおかげで、たまに外に出ると涼しいと感じてしまうくらいだった(笑)。

えの水の水族館としての規模がどの程度なのかよく分からないが、とりあえず姫の面倒はrika一族にお任せし、僕は先行してイルカショーの場所取りに向かった。30分前には行っておいた方が無難かな、と思ったのである。

が。

場所を確保して電話をしつつ振り返るとそこに全員が集合(爆)。曰く、

「人が多くて疲れちゃった」

との事。イルカショーのスタジアムは座れるし、軽食スタンドもある。それに上にも書いたが外にあるので、風が心地いい。展示はまた戻る時に見られるし……ということで、全員で移動したのは良い判断だったかもしれない。

Dscf1734
スタジアム全景。

実は時間を勘違いしていて、僕らが陣取った時間はショー開始の45分前であった(爆)。30分前になると席が埋まり始める。悪いことに、待っている最中にスコールが来て一部の座席が濡れてしまった為、15分前になるとほぼ満席に。最終的には通路にまで人が座っているという状態になってしまった。マナー的にはどうかと思うが、入場制限とかをしているワケでも無いので仕方ない。

Dscf1748
ショータイム中。コンデジの限界(汗)。

ショーは20分程で終わり、そのまま今度はペンギンのショーへ……と思ったが、タイミング的に開始15分前なのである。

もうヒトがスゴイ(汗)。

さらにお昼時になったせいか、座れる場所には家族連れがどんどん座り、食事をし始めた。自宅からお弁当を持参してきたと思しき人々もいる。通路がせまくなり、そこへショーが終わって移動するヒト、これからショーの場所取りに向かうヒト、別のショーへ向かうヒト、等等が入り乱れてカオスな状態になってきた。

それでも何とかペンギンのショーを見ていた僕らだったが、ハッキリ言って見えないし、音声も聞こえないという事で切り上げて退散! 通りがかりにたまたまタイミングが合ったクラゲのショーを少し見て、決断した。

一旦出て昼飯を食べよう!

というのも、実はこの新江ノ島水族館は再入場が可能なのである。よくあるスタンプ方式でありますね。

ーーこの時、「想像していなかった」といったらウソになる。このまま二度と、水族館に戻ることは無い、とーー。

余裕が残っていたら、戻るという選択肢もあっただろう。しかし、20分ほど待って席を確保し、暴れる姫を宥めながら何とか食事を終えて、そして改めて水族館の入り口を見た時、一同の意見は完全に一致したのである。

だって入場制限までかかってるんだもん(滝汗)。

あえて死地へと戻る勇気は、僕らには無かった。やっぱり午前中じゃないと無理だな……。


正直、見逃した部分も多い。ウミガメプールも行かなかったし、「しんかい2000」が展示されていたらしいが、そちらもスルーであった。ヒトが多すぎて、かつ館内が暗く、姫に注意を向けなければいけない状況の中で、館内のレイアウトがどうなっているのか、正直最後まで理解できなかった(爆)。

かといって、リベンジするには価格が……(汗)。

まぁとりあえずオトナはイルカのショーが見られたし、姫もそれなりに楽しんでいたようだから、ヨシとしますか。

Dscf1754
クラゲブースは照明(?)もクラゲ風。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 海老名SA「だけ」に行ってみた。 | トップページ | 受けるべきか、受けざるべきか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

気になっていた江ノ島水族館。
とても参考になりました(笑顔)

投稿: MATSU | 2012年10月 3日 (水) 10時22分

>>MATSUさん
返事遅くなり申し訳ありません(汗)。
ほんの一月ほど前の話しにも関わらず、随分前の事のようなイメージが……。

葛西の水族館の方が、値段も安いしお勧めかもしれませんよ(笑)。

投稿: nakaji | 2012年10月13日 (土) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/47287615

この記事へのトラックバック一覧です: 皆がお初の、えのすいへ。:

« 海老名SA「だけ」に行ってみた。 | トップページ | 受けるべきか、受けざるべきか。 »