« 正月限定の楽しみ(?)。 | トップページ | 丁寧なコトバ。 »

2013年2月 2日 (土)

逆周りのズーラシア。

1月の3連休の中日、ドカ雪が降った前日。姫を連れて、ズーラシアに行ってきました。

既に翌日の両親と御殿場へ出かける予定はキャンセルが決まっていて、僕らだけで前日に行くという選択肢もあったのだが、ここは近場をチョイス。結果的にこの判断は正解で、天気も良くて何より風が弱かったので、屋外でもさほど問題なく過ごすことが出来た。


姫にとっては野毛山以来二度目となる動物園。以前に比べると「動物」というものをかなり認識してきたので、前回以上に反応が楽しみ(笑)。

連休中日といったら混雑が心配ではあったが、開園30分後に到着してみたところ、その心配はなさそうだった。天気が良いといっても真冬の屋外だしね。躊躇する人も多かろう。これがGWとかになると、阿鼻叫喚の渋滞地獄と化すのだが……。

それよりも驚いたのが、


駐車場が二階建てになっていた!



という事だ。考えてみれば、僕がこの前にズーラシアに行ったのは5年以上前。それもナイトズーラシアで、昼間のズーラシアに来たのは本当に10年振り位なのではなかろうか。まぁ子連れか、余程の動物好きでもなければそうそう来ないよなぁ。


入場券を購入する時に、ダメ元でrikaの会社が出している証明書のようなものを提示してみたところ、何と150円も安くなった! やってみるものである。そこまで混んではいないが、やはり入り口付近はそれなりに客がいる。それでは出発ーーと思ったらゲートを入ってすぐにオッサンが立っていて、

「オカピバスに乗りませんか?」

という。聞くと、本来は一番ラストであるオカピの所に一気にワープする園内バスがあるのだという。

「入り口近くはやっぱり混みあいますからね。逆周りで今の時間なら、ゆったりと園内をご覧になれますよ」



Kappa67_2



有料(100円)なのはちょいとシャクだったが、入場券でトクしているのだからいいだろう。


Dscf2034
オカピバス「ズッピ」。目が開いたり閉じたりする。


結果的にこの選択は大正解! 空いているというだけでなく、今回初めて知ったのだがズーラシアの立地的に入場してから通常ルートで進むと、基本的に出口に向かって上り坂になっているのである。その為逆周りに進むと下り基調で歩くことができるのだ。

さて、オカピを初めて見た姫の反応は、というと……。


Dscf2038
「ね、なにシマウマ?」


という感じでイマイチ(爆)。


色々見ている内に、<動きが活発な>もので、<自分が知っている動物>でないと、反応が薄いことが分かった。ま、そりゃそうだよなぁ。キンシコウだろうがチンパンジーだろうが、姫にとっては「おさるさん」でひと括りである(笑)。その分、マイナーな動物であっても動きが活発であればかなり食いついて離れようとしなかったりするから油断できない。



Dscf2041
カンガルーエリアにて。ジャンプしてみる(笑)。


丁度ダレ始めた頃にやってくるライオンにはかなり期待していたのだが、残念ながらメスしかおらず……。姫にとってはやっぱり『ライオン=オスライオン(たてがみ有)』という認識だったのか反応は鈍く、それよりも見学所の手前にあった小さな階段を上り下りするのに夢中になっていた(笑)。

それでも、本来のルートであれば最初の「掴み」である象がラストにやってくるのは悪くない。入園から約4時間。途中の昼食を挟んでもそれなりに歩き、いつもならお昼寝の時間であるにも関わらず姫のテンションも上がる。


最後にアイスクリームを食べて、終了! 昔はハーゲンダッツだったのだが、撤退してしまったようだ。休日以外は閑古鳥だろうしね。高梨乳業はスポンサーのままだったのだが……。


ここまで頑張っていた姫だったが、やはり限界だったようでクルマに乗せると5分も経たずに爆睡。よく頑張りました!



Dscf2039
おねむのポーズ(爆)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

 

|

« 正月限定の楽しみ(?)。 | トップページ | 丁寧なコトバ。 »

子育て」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/49123145

この記事へのトラックバック一覧です: 逆周りのズーラシア。:

« 正月限定の楽しみ(?)。 | トップページ | 丁寧なコトバ。 »