« 2013、グアムの旅(その5)。 -やっぱり英語は必要です(汗)- | トップページ | 2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ- »

2013年3月 6日 (水)

2013、グアムの旅(その6)。 -初めてのビーチ&プール遊び-

これまでのあらすじ。<その1><その2><その3><その4><その5


Dscf2119

日差しが照りつける、GPO前。



GPOからホテルのあるタモン地区へと戻るバスであるが、選択としては二通り存在する。

1.行きと同様に「タモンシャトル」に乗る(来た道を戻る)。

か、

2.Kマート方面へ向かう。

1は説明に及ばず。2の場合はまず「ショッピングモールシャトル」に乗り、Kマートで「Kマート⇔DFSシャトル」に乗り換える事になる。おそらく時間的には最も早く帰れるルートだと思うのだが……Kマートは有名観光ショッピングセンターの一つ。乗り継ぎ客だけでなく、Kマートから乗る客も多いだろう。ただでさえ姫を抱えて乗り継ぎがしんどい我々。

そこで注目したのが、JTBが独自で運行している「コンチャ専用ショッピングエクスプレス」の存在である。15時以降から走り始めるこのバスは、ショッピングセンター間を巡るバス。GPOからだとKマート、マイクロネシアモールを経由して、DFSギャラリアへと達する。DFSギャラリアはアウトリガーの真正面。こういった交通の便からも、アウトリガーの立地の良さが分かる。


15分ほど待って、バスに乗り込む。多少混雑していたタモンシャトルに比べて、乗客は僕らだけ(爆)。各ショッピングセンターで5分程の待ち時間がそれぞれあった為、時間はもしかしたらタモンシャトルで帰るのとさほど変わらなかったかもしれない(汗)。それでも乗客が少ないという事と、乗り継ぎが無いという事はメリットとして挙げられるだろう。

車内で寝てしまった姫を抱えてABCで買出しをし、部屋へと戻る。姫のお昼寝時間が車内でとれたのも、幸いだった。部屋に戻ってから寝られたら、もう出かけられなかったかもしれない。


Dscf2122

バスの中はエアコンも適度で、姫もぐっすり(笑)。


休憩がてら姫が起きるのを待っていると、気が付いたら時刻は17時過ぎ(汗)。まだ陽は高いが、さすがに少々焦る。幸い姫も機嫌良く起きてくれたので、ミルクを補給させてイザビーチへ!

アウトリガーはエレベーターから直接プールへと行ける。プールからビーチへ。朝に散歩したのは、このルートを確認する為でもあった。チェックインの時に、部屋の鍵と一緒に受け取っていたタオルを借りる為のカードを交換所で出してタオルと、姫用のライフジャケットを念のため借りる。タオルはキチンと返却が必要で、再びカードと交換になる。カードはチェックアウト時に必要なので(無くすと一枚10ドルだったかな? を取られるらしい)、ちゃんとタオルの管理をしておかないとメンドウな事になりそう。

まずはビーチへ。アウトリガー前のビーチはホテルとは関係の無いレンタル業者がパラソルや、海上には人力の水上バイクやらスワンボートやらを適当に配置しているのだが、17時の営業時間を過ぎると回収されるので、何も無い自然な感じになる。


Dscf2127

ビーチでも、帽子とぬいぐるみは必須(笑)。

Dscf2125

タモンビーチに陽が落ちていく……。


タモンビーチは遠浅で、かなり沖までいっても足が届く(ちなみに僕の身長は177)。海中には上記のボート類を係留する為にコンクリブロックが沈められていたり、サンゴの欠片が結構鋭かったりするのでサンダル類は必須。

保育園でプールは経験しているのだが、海水浴は初めての姫。波打ち際までは進むものの、それ以上は行こうとしない。とはいえ無理に引きずり込んで、海を嫌いになられても困る。まずは水に慣れてもらおうと、幼児用(?)プールに移動。なんだか少しにごっていたりするが、仕方あるまい。おそらくビーチから帰ってくるヒトが足を洗っているのだ。

ちなみにタモンビーチ、砂の目はかなり細かい。サンゴが砕けた結果の砂だから、という事なのだろうか。ビーチとプールの間に一応シャワーがあるのだが、その数はたったの一つ(汗)。何故か水の出も悪く、足の砂を流そうとしても、なかなか落ちないのである。メンドウになってホテルに戻ろうとするとーーそこには足を洗うのに絶好な場所(幼児用プール)があるじゃありませんか、というワケなのでありますね。

しばらくプールサイドで棒立ち状態だった姫だが、rikaと楽しく遊んでるフリをして(笑)何とか誘い込みに成功! その勢いに乗って、大人用のプールにもチャレンジ。


Dscf2128

ピースが出れば、もう大丈夫(?)。

Dscf2130

浮き輪も気に入ってくれたようだ。せっかく持ってきたんだから……。

Dscf2135

大きな、滝のあるプール。写真ブレブレでスイマセン(汗)。

Dscf2140

ライフジャケットを着せて、浮かべてみる(笑)。


気が付くと辺りはすっかり暗くなってしまった。気温の変化は特に感じず、まだ海に入っている人もいる。ホテル前のビーチのみ、一部ライトアップされているのである。姫もそれなりに楽しんだようなので、最後にジャグジーでも入ってあがりますか、となったのだがーー。時計を見ると、19時過ぎ。アッと思った。タオル交換所は19時までで、その後はフロントに行かなければならないのだ。

それ自体は別にいいのだけど、この時の僕らはどこかで焦っていたのか、


プールからストレートにフロントに行ってしまった(爆)。

後から考えれば一度部屋に戻り、着替えたりしてから改めて交換すれば良かったのだ。まぁそのままといっても全員水着っぽい水着姿じゃなかったので、ロビーでもそこまで違和感はなかっただろう……と思いたい(汗)。


そんなドタバタがありつつも、全員シャワーを浴びて後は寝るだけの体制を整え、


Dscf2144

『パーム・カフェ』に出撃!


ブッフェか普通のレストラン方式かを入り口で訊かれたのだが、キラクなブッフェを選択。少し心配していた客入りもさほどではなく、落ち着いた雰囲気。ソフトドリンク一杯サービス、というのでアイスコーヒーとアイスティーを頼むと、でっかいグラスになみなみと注いでくれる。で、無くなりそうになると、即座にまたなみなみと……。お代わりし放題なのであった(汗)。

メニューにはなんと寿司や天ぷら、刺身まであり、当然のように割り箸も完備。流石である。味については不味くは無い、というレベルなのであるが。


Dscf2145

お箸で頂くパーム・カフェ。


種類は多いけど、これで数千円取られるんだったら別のレストランかフードコートでもいいかなぁ、なんて個人的には思ってしまった。ブッフェにどこまで求めたらいいのか分からないけど、あまり華が無い感じなのである。


まぁタダだからいいけど(爆)。

昨日とは違い、姫は大人しく10時前には寝てくれた。やはりプール遊びが良かったのだろう。というワケで、残り約1時間、買い物を楽しんだrikaでありました(笑)。



翌日は、記事は既に7つめなのだが、日時的にはグアム3日目。





この日、グアムは激変する……っ!




つづく……。(その7へ



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 2013、グアムの旅(その5)。 -やっぱり英語は必要です(汗)- | トップページ | 2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ- »

子育て」カテゴリの記事

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/50593417

この記事へのトラックバック一覧です: 2013、グアムの旅(その6)。 -初めてのビーチ&プール遊び-:

« 2013、グアムの旅(その5)。 -やっぱり英語は必要です(汗)- | トップページ | 2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ- »