« 2013、グアムの旅(その6)。 -初めてのビーチ&プール遊び- | トップページ | 2013、グアムの旅(その8)。 -お買い物は、いと楽し?- »

2013年3月11日 (月)

2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ-

これまでのあらすじ。<その1><その2><その3><その4><その5><その6



Dscf2094
夜のビーチ。毎晩、必ずカップルの姿が……(怒)。



3日目の朝。朝食は昨日同様、買ってきて部屋で食べる事に決めていた。それが一番ラクで、時間の効率がいいのである。アウトリガー1階のエレベーターホールにカフェがある、というのは前に書いたが、ロビー階にも売店があり、飲み物や軽食を売っている。

朝と昼で微妙に商品が変えられていて、朝には結構美味しそうなサンドイッチ等があるというのを、rikaが昨日目ざとく発見していたのである。飲み物は高いので予めABCストアで仕入れておく。果汁100%ジュースの種類が豊富なのは、子連れには非常に助かるのである。


僕らが泊まったアウトリガー17階のオーシャンビューツインルーム。事前の情報で、部屋の設備内容はある程度確認していた。ズボンのプレス機とドライヤー、冷蔵庫があり、電子レンジは無いがコーヒーメーカがあるので、コイツでお湯を沸かすことができる。

氷は各階に備え付けの製氷機があり、そこで補充可能。日本だとちょっとした小部屋などに設置されている事が多いように思うが、アウトリガーのそれは廊下の壁に突然扉があり、そこを開けてボタンを押すと氷が出てくる仕組み。製氷機に近い部屋の人は、ホテルへの印象がちょっと悪くなるかもしれない(笑)。

事前にネットにあったホテルへのレビューを読んでいると、水周りへの不満が非常に多かった。排水が悪い、水の出が悪い、水が止まらない……等など。まぁアウトリガーに限らず、グアムのちょっと古めのホテルではよくあることらしいのだが。

僕らの部屋では幸い、そこまで問題は無かった。一度だけトイレの水が流れっぱなしになるという事はあったが、タンクを開けてちょっとケーブルを引っ張れば解決したのでOK(笑)。


問題ーーという程ではないがーーは、タオルである。バスローブ、バスタオル、手拭タオル、フェイスタオルが人数分置かれているのだが、

風呂に入る時どれを使えばいいのか?

という事なのだ。フェイスタオルは小さすぎて、手拭タオルは分厚すぎる。仕方なく持参したタオルを使ったのだが、困った事があった。

洗濯物が乾かない!

のだ。日本だと干物かと思う位にパリパリになるのが定番なのだが、アウトリガーは乾かない。物干しロープは設備としてはあるのだが、どんなに締めても弛んでしまうし……。エアコンはキチンと効いているのだけどね。湿気が多いのだろうか。ホテル内にコインランドリーもあるのだが、メインが水着類だったので使うワケにはいかなかったのでありますね。


この日の朝食は、コーヒー、ジュースにベーグルのサンドイッチ、昨日の残りのマフィン。そして、


080628cupnoodle
カップヌードル(爆)。


正直何故こんなものを後生大事に日本から持っていったのか……後から考えてもナゾである。rikaに

「グアムでカップラー買うと、高いらしいよ!」

と言われて、おお、なら日本で買っていかないと! --なんて妙な使命感にかられて二つ買ってしまったのだ。で、スーツケースに入れようとしたら、

「あ、でも確かアメリカって肉類持込禁止じゃなかったっけ……」

「そうなの?」

調べてみると、

【アメリカへの肉類(牛、豚、鶏)、及び肉を含んだ食品、肉のエキスを含んだ全ての食品持ち込みは禁止されています。】

当然、カップヌードルには肉が入っているワケで……。




0d97c605



しかしカップラー類の持込についてはネット上でも結構熱い議論が交わされており、とにかく持ち込めるか持ち込めないかというのは、その時の状況というか運によるトコロも大きいようだ。まぁ結論を言ってしまうと僕らの場合は問題無く持ち込めてしまったワケなのだが。

だからといってルールで禁止されている事を破っていいのか、と仰る方もいるだろう。とりあえず、コレだけは言わせて欲しい。僕はカップヌードルを持っていった事を後悔している。


だって意味無いもの(爆)。


三泊程度で日本食が恋しくはならないし、そもそもタモン地区には前回の記事でも書いたように日本食が結構あるのだ。まったくもって、ムダな荷物だったと言わざるを得ない(汗)。


ここで唐突に、部屋のレビューに戻る(笑)。

実は部屋の中には背もたれの無いソファと、これも背もたれの無い椅子が一脚、それに荷物置き場と思われる木製の台が一つあるだけで、テーブルと呼べるものは無かった(汗)。厳密に言えば、「移動可能な」テーブルは無かった。あるのは壁際に取り付けられた、細長いカウンターテーブルだけ。


Dscf2149
部屋の写真はあまり撮ってなかった…(汗)。


椅子が一脚しか無いのでカウンターで食べるワケにはいかず、仕方なく荷物置きをテーブル代わりにして二人はソファ、一人は椅子に座るという体裁となった。まぁ姫は殆ど床に座っていたけど(笑)。


Dscf2151
窓際の特等席をGET!?


カウンターテーブルの上には壁掛けで42インチ位の液晶テレビがある。付けてみたのだが、日本のデジタル放送に慣れてしまった目には画質が……(汗)。それ以前にホテル内のみでの放送チャンネルになっているようで、NHKの衛星放送などもあったのだがあまり見たいとも思わなかった。


海外旅行といえばパスポートが重要であり、移動の際には必ず持ち歩く、というのが僕らの中ではこれまで常識であった。だから、お腹に巻くタイプのパスポート入れも持っていったのである。しかしアウトリガーの場合は、ひょっとしたら「パスポートは持ち歩かない」方が安全かもしれない。何故なら、部屋に金庫があるからだ。

金庫がある、という事は事前に調べていて、モノによっては壊れていたりするから必ず一度、何も入れずに試してみること! とネットに書かれていたのを忠実に実行した。要はここにパスポート等の重要書類一式を入れておけば、という事なのである。

それでも抵抗感が捨てきれないヒトもいるようで……。日本でパスポートのカラーコピーをとっていたのだが、本物は持ち歩き、コピーは金庫の中というワケの分からない状態になってしまった(爆)。

二日目は一日パスポートを持ち歩いたワケなのだが、さすがのrikaも腹に巻くのは躊躇したらしい。何せ暑いもの(汗)。ビーチに行くときはバッグに入れて持っていったのだが、水に濡れないよう気を遣うし、迂闊に離れるわけにもいかないし、と正直楽しむドコロではなかった。


だったらもう、パスポートは金庫に入れて外出してもいいんじゃないか?


と提案しても、頑なに首を横に振るrika。僕も、パスポートが入れておけるチェーン付き財布を買っており、とりあえず入れっぱなしにして行動していたので他人の事は言えないのだが……。


三日目となるこの日は、マイクロネシアモール(通称「モール」)に行く計画である。昨日のGPOがイマイチ不発だった為、モールに対する期待は大きい。とはいえ一日中いるとは思えないので、午後は時間を見て恋人岬へ行くか、またプールで遊ぶかを考えよう、という事にした。

ロビーに出ると、何だかヒトの動きが激しい。それで、今日は土曜日だったという事を思い出した。金曜日の夜便でやって来た人達が増えているのだ。


モールまでは御馴染みタモンシャトルを利用する。ホテル正面のDFSギャラリアからバスが出ている、ハズなのだが……。

バス乗り場、何処?(汗)

ストリート沿いには見つからない。ホテルで貰った路線図を良く見ると、DFSギャラリアの所はストリートから少し奥に入るような形になっている。……という事は、建物の横か? という事で歩き出したのだが……。


長い(爆)。


遠いというより、長い。それがGFSギャラリア。後から気付いたのだが、アウトリガーからモール方面に行くのならDFSよりJPスーパーストア前から乗った方が、距離的には圧倒的に近かった……。


Dscf2154
ストリートから見た、アウトリガー。


GFSギャラリアバス停の利点としては、開店前であってもエアコンの効いた部屋で待てる事と、同時に雨が凌げること。この時はどうもタイミングが悪かったらしく、15分程バス待ちをした。その間に結構なスコールが降ったのだが、濡れずに済んだのは幸いだった。

ようやくバスが来て、コンチャカードを取り出そうとした時にrikaが小さく悲鳴を上げた。

「パスポート、金庫に入れっ放しにしてきちゃった……」

だがここまで来て取りに戻るのは、あまりにもバカらしい。


というワケで。


この日一日、パスポートを金庫に入れっぱなしにしていたrikaだが、結果的に何の問題もありませんでした。出先で無くすリスクと金庫をこじ開けられて無くすリスクではどちらが高いのか、という事ですな。

「(金庫に)入れといた方が、何か安心だね」

と後に笑顔で語ったrikaなのだが……。





Dame





つづく……。(その8へ




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 2013、グアムの旅(その6)。 -初めてのビーチ&プール遊び- | トップページ | 2013、グアムの旅(その8)。 -お買い物は、いと楽し?- »

子育て」カテゴリの記事

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/50711458

この記事へのトラックバック一覧です: 2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ-:

« 2013、グアムの旅(その6)。 -初めてのビーチ&プール遊び- | トップページ | 2013、グアムの旅(その8)。 -お買い物は、いと楽し?- »