« 2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ- | トップページ | 2013、グアムの旅(その9)。 -トニーローマと丸天と?- »

2013年3月28日 (木)

2013、グアムの旅(その8)。 -お買い物は、いと楽し?-

これまでのあらすじ。<その1><その2><その3><その4><その5><その6><その7



Dscf2147
この日はスコールが多かった。タモン湾にかかる虹。



GPOに比べると、マイクロネシアモールまではあっと言う間な感じである。10時開店で、10時半前には到着した。何度も繰り返してしまうがこの日は土曜日。それなりの混雑を覚悟していたのだが、まだ早いせいかそこまでお客の数は多くない。

ここもGPO同様、ツアーで来ている日本人以外のアジア系の方々が目立つ。とりあえずの目標は、モールの目玉ともいえる(?)メイシーズ。そこへ行くまでの店を幾つか冷やかしつつ進んでいく。建物の規模はさすが「モール」を謳うだけあってかなり広く、大きい。

しかしこれはGPOの時にも思ったのだが、建屋の規模に対して

トイレの数が少なくないか?

さらにその中でも、キタナイ話で恐縮だが大便器の数が1トイレにせいぜい2つか3つ。もう少しあってもいいと思うのだが……。そういや、日本にあるコストコもあれだけの図体していながら、どこの店舗でもトイレは一つきりだもんなぁ。アメリカ人って、あまり外で用を足さないんですかね? 


そんな事を思いつつメイシーズへ。婦人服と紳士・子供服で完全に店舗が分かれているので、まずは婦人服。ブランド毎に区画が分けられており、それなりに見やすい。一階と二階があるが、二階は台所用品等の生活用品がメインで、衣料品はビッグサイズのみ。服を買うなら一階だけで事足りる。

とにかく広いので、姫の手を引きながらrikaの後を着いて行く。ショッピングというと、子供にとってはツマラナイ事だというのが定番で、飽きて騒ぎ出したりするのが心配になるが、グアムでは少なくとも姫に対してはあまり心配はしなかった。何故ならば、


そこら中に「キティちゃん」グッズがあるからだ(笑)。


これはモールに限らず、街中のABCストアは勿論、GPOやJPスーパーストアといった日本人観光客が立ち寄りそうな所には必ず、キティちゃんグッズが何かしら置いてあったり、あるいはコーナーが設けられている。

早くもキティラー(?)の兆しを見せ始め、この旅行にもお気に入りのキティちゃんブランケットを持ってきた姫。キティグッズを発見する度、

「あ! キティちゃん!
(何故か「ティ」にアクセントがくる 笑)

と指差し、

「みて、キティちゃんかわいいよ~」

と走りよる。

それはそれで大変な事もあるのだが、泣き喚かれるよりは数千倍も良い(爆)。


rikaは何着か試着をしたりしたのだが、結局コレといったものは発見できなかったらしい。それでもそれなりに時間は経過していて、時刻は11時半過ぎ。混む前に、フードコートに行ってみようかという事になった。

フードコートは2階にあり、いくつかのブロックで区切られている。テーブルは固定されていて、椅子も根元が固定されていて、回転だけもしくは多少スイングするタイプ。


Micro0
これが結構使いづらい(汗)。


日本ではあまり見なくなったタイプだが、グアムではこうでもしないと、椅子とテーブルがグチャマラになってしまうのかもしれない。子供椅子は別に置いてあるので、適当に持ってくる。

スペースはかなり広いし、店の数も食べ物の種類も多い。それは確かだが……。

観光目的で行くほどのものかな?

まぁ「フードコートが目的で」モールに行くヒトなんていないと思うが、わざわざガイドブックなんかで紹介するホドなのかなぁ……と感じたのが正直なトコロ。日本人にとっては物珍しい料理を安い価格で気軽に食べられる、というのは確かに言えるけどね。

現地のヒトもかなり利用しており、若い女の子達が騒いでいたり、軍服を着た集団が一角に陣取ったりしている。姫を置いてはいけないので、交互にそれぞれが食べたいものを買いに行く。まずはrika。ようやく、念願のサブウェイを食べられるハズだったのだがーー。

「結構混んでたから、『チャモロ料理』っていうのを買ってきちゃった(笑)」

……当人が納得してるなら、それでもいいか。

さて僕はーー。とりあえず一周してみる。事前のネット情報では、韓国系の店が美味しいとあったが、昨今の情勢からしてなんとなく遠慮申し上げたい感じ(笑)。そんなこんなで、『ハワイグリル』という店の焼きソバちっくな料理に落ち着いた。本来なら自分で色々材料を選んで鉄板で焼いてもらう、という方式のようだが、メンドウ(というか英語がニガテ 爆)なので、最初から組み合わせが決まっているセットメニューをチョイス。まぁ焼きソバなら、姫も食べられるだろうという判断もあった。


Dscf2158
食べかけで失礼(笑)。姫の後ろには、軍服の集団。


食後は、今度は紳士・子供服のメイシーズへ。とはいえ、子供服は昨日のGPOでそこそこ買ってしまったし、僕の方はーー以前、書いたとおり。さらっと眺めて再び、rikaのワンピース探しの旅に出る。ーー結局はテキトウなお店にあった、適当なワンピースで妥協することとなった。

「せっかく来たんだから、ねぇ」

まぁ気持ちはワカランでもない。

フードコートではデザートを買わなかったので、シナボンとかで何か甘いものでも食べようか、と思っていたら、


Dscf2160
姫、寝る(爆)。



相変わらず、間の悪いタイミングである。仕方なく(?)、親だけで何かーーと思って目に付いたのがフローズンヨーグルトの『メンチーズ』。サイズの異なるカップを選び、中身やトッピングもセルフサービス。最終的には量り売りとなる。以前、テレビで同じようなシステムの店紹介を見た記憶があったので、迷うことは無かった。


Dscf2159
幾らだったか忘れたが、結構な量(笑)。


食べながら、この後の相談をする。今日だけでなく、帰国日である明日の行動も踏まえないといけない。明日は、13時15分にロビー集合で空港に向かう予定。午前中は自由行動だが、あまり遠くへは行けない。なので当初は『お土産購入デー』として考えていた。

しかし今のこの状況。これ以上モールに留まる理由は無く、姫は寝ている。時刻は13時半を回ったところ。今夜の夕食は予約をしており、18時半に迎えが来ることになっている。約4時間を、どう使うか。結論としては、


恋人岬はキャンセルし、今日中にお土産を買う


という事になった。まずはタモンに戻り、DFSギャラリアへ。rikaが行きたいと思いつつ、まだ一度も足を踏み入れていない場所だ。14時過ぎには到着するだろう。買い物をして、15時半というところか。それから、ホテルに戻ってプール遊び(笑)。16時から1時間半程度は遊べるハズだ。17時半には切り上げて準備をし、夕食へ。夕食後、JPスーパーストアで会社向け等の細かいお土産を購入してしまえば、明日はフリーになる。

そこで最後の水遊びを!

ーーというワケである。


とりあえず、僕らの中では「グアムに来たからにはできるだけ水遊びをしたい(させたい)」という思いが共通で(?)あった。姫の水遊び用オムツは一袋に3枚入り。別に腐るものも無いというのはわかっちゃいるが、どうせなら使い切って荷物を少しでも減らしたい! 的な思いもあったのでありますね(爆)。

まぁ、姫にとっては恋人岬なんて、何の興味もないだろうし。

というワケで、DFSギャラリアへ。途中で姫は起きてしまったが、どうせ店の中では抱っこをねだるのでしばらく抱っこ紐でガマンして頂く。タダでさえブランドショップが多いタモン地区だが、DFSギャラリアはその集大成という感じ。全体的に、キラキラしている。とはいってもTシャツにサンダルで入れる雰囲気なので、敷居そのものは低いのだが。

土曜日だからということもあってか、日本人の姿も多い。女性が多く群がっているのは<レスポートサック>のブース。しかし先程ブランドショップが多い、と書いたが、中でもレスポの店は半径100m以内に3,4店はあるんじゃないかという位にそこここで見かけるイメージ。規模も違うし、そのせいか品揃えも微妙に異なっていたりするので油断はできないのだが、それでもよくやっていけるなぁ、と感心する。

だがやはり厳しい面もあるのか、GFSギャラリア内でも「改装中」とした空きブースがあったり、街中でも閉店したショップをいくつか見かけたりする。古いガイドブックやネット情報を鵜呑みにすると結構危険なのである。


さて、基本的に「安くても欲しくないものは買わない」主義を貫いてきたワタクシ。衣料品には全く興味を持たなかったのだが、rikaが品物を物色している間にフロアをうろついていて、見つけてしまった。

「……へぇ、TUMIがあるのか」

今も会社用に愛用しているのだが、10年近く経って大分草臥れてきた感があるTUMIの鞄。実は円高の折、個人輸入でもしたろうかと海外サイトを幾つかブックマークしたりしつつも、結局踏み切れずにいたのである。ーーだったら、いつ買うのか?



F7e960d597fe0623fbc4ef65fa3db3bb_0
今でしょ!


というワケで、衝動的にお買い上げ(笑)。TUMIの『T-TECH FORGE ベスレヘム ポートフォリオ』。


Sankilask_55616black
日本で買うと、34,650円!(公式ストア価格)。


グアムでは、約250ドルの値札が付いていた。この時は日本価格は知らなかったが、2万円台で買えれば十分に安いという事は分かっていたので、迷わずにレジへ。すると担当のお兄ちゃんは電卓をパチパチと叩き、スッとこちらに差し出した。見ると、


約175ドル。




00



何だかよく分からないが(爆)、約80ドルもの値下げである。ならば、



F7e960d597fe0623fbc4ef65fa3db3bb_2
追加で買うでしょ!


約120ドルのTUMIの財布をお買い上げ(こちらは安くならなかった 笑)。結局合計で300ドル近い、この旅で最も高額な買い物となってしまった。

「『買い物はしない』って、言ってたような気がするけど?」

と言われてしまったが、まぁ結果オーライなのである。




つづく……。(その9へ



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ- | トップページ | 2013、グアムの旅(その9)。 -トニーローマと丸天と?- »

子育て」カテゴリの記事

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/50994527

この記事へのトラックバック一覧です: 2013、グアムの旅(その8)。 -お買い物は、いと楽し?-:

« 2013、グアムの旅(その7)。 -三日目突入&幕間のようなオハナシ- | トップページ | 2013、グアムの旅(その9)。 -トニーローマと丸天と?- »