« 2013、グアムの旅(その9)。 -トニーローマと丸天と?- | トップページ | 2013、グアムの旅(最終回)。 -最終日の写真は少ない(爆)- »

2013年5月 6日 (月)

「木下大サーカス」に行ってみた。

さて、2月に行ったグアム旅行記も最終回を残すばかりなのでありますが、とにかく更新が遅くなって申し訳ないです(汗)。

3月はいいペースで書けていたのだが……4月になったとたん、公私ともども色々あって忙しく。とりあえず、4月に1回でも更新できただけで、コチラはホッとしている有様であります(爆)。

3月4月と、それなりにネタになりそうな出来事もあるのだが、今回は『時事ネタ』として4月29日の出来事を書いてみたい。グアム旅行をぶった切る形になって申し訳ないが、事情は後述致します。

さて、4月29日の祝日。


Kinoshitadaicircus_2
木下大サーカスを見てきました。

数年前にボリショイサーカスを見に行った事があるのだが、それは横浜文化体育館で行われ一階席はパイプ椅子だったりと、ショーの内容はともかく、設備的にはどうしても簡易的にならざるを得ない、大人の事情が見え隠れするものであった(今年も夏にやるらしい)。

比べて、木下大サーカスはみなとみらいの一等地(?)に専用のテントを構え、かなり本格的な雰囲気。横浜に来るのは、9年振りなのだとか。

それだけだったら「へぇ、そうなんだ」で終わっていたかもしれない。しかし今回、rika母のツテで割引券が手に入ったのだ。というか無料券も何枚かあって、rikaと姫はrika母と一緒に、既にそれを使って一度平日に観に行っているのだ。にも拘らずーーというか負い目(?)もあってかーーファミリーで見に行こうよ、となったのである。

しかし、頂いたのはあくまで割引券。チケットそのものではないので、チケットを買わなくてはならない。キチンと計画をたてての行動だったら予めコンビニで前売り券を買うことも出来たのだが、後の祭り。前日の14時~15時には電話で「前日限定指定席予約」という事もできるというのでかけてみたのだが、結局繋がらなかった。これでつまり、

当日券をゲットしなくてはならない

という事態になったのである。

rika曰く当日券、しかも指定席を手に入れるのは、かなり至難だという。

「開園の1時間半前には、もうその回の指定席券は売り切れていたよ」

祝日の公演は10:20,13:00,15:40の三回。状況によっては追加で4回目の公演がある事もあるらしいが、あったとしても時間的にあまり選択肢には加えたくないトコロ。最悪、三回目までのどこかで席が取れればいいよネ、と話してはいたものの、早い時間に越した事は無い。一回目の可能性を捨てないのであれば、とりあえず二時間前には現地に行っておいた方がいいだろう。

現地までの時間を逆算して考えると、まぁ平日に会社に行く電車に乗れば大丈夫という事が分かった。ーーというワケで、家を出る。

一人で(爆)。

いや、まぁコレは僕が提案したのである。運良く一回目の券が取れたにしても、行列に並ぶのは必至。姫がそれに耐えられるかどうかギモンだし、それ以前に僕らの準備も大変になってしまう。ならば身軽な僕が先行し、状況をみてrikaと姫の出発時間を調整しよう、という事にしたのだ。

結果から言うとこの判断は、

大正解だった。

僕が最寄であるみなとみらい線馬車道駅から地上に出たのが8時15分頃。大体一回目の公演の2時間前だが、

既に2回目までの指定席券は売り切れ(汗)。

三回目でようやく、という感じであった。

Dsc_0200
朝8時30分、チケット買いの列に並ぶ。


本来ならばチケットの購入開始時間は9時20分という事だったのだがかなり早くに窓口が開き、購入できたのは並んだのは約1時間。これはまぁ、幸いだった。購入と同時に家に連絡し、出発をストップ。僕も一度戻って、改めて出直すことにした。こういう事ができるのは、地元民の強みである(笑)。

しかしこの当日指定席券というヤツ。HPから拝借してきた図をご覧頂きたいのだが、「自由席」と名の付くもの以外全てが指定席となり、ゾーンで値段が分けられている。

Stage2012


僕が購入したのは「リングB」。できるだけ正面から見るべき、という情報を仕入れていたので「ロイヤルブルー」と迷ったのだが、rikaが以前行った時に見たのが「ロイヤルブルー」だったとの事で、少しでも近い「リングB」にしたのだ。金額も、数百円しか変わらないしね。
しかし、「指定席」というコトバで僕が勝手にカン違いしていたのだが、

席の位置までの指定は出来ない

のですね……。てっきり映画館みたいに選べるのかと思っていたよ。さらに「○○番の席」とチケット上に書いてはあるのだが、

それが実際どこなのか、入ってみるまで分からない

のである。これはサスガにちょっと、不親切じゃないか? とりあえず、複数人数の時は並びを用意してくれはするのだが。不親切といえば、会場の誘導もそうである。列は、

・次回公演の自由席をゲットする為の列
・入場券及び、指定席券を購入する為の列
・指定席券等の確実に席が用意されている券を持っているのだが、とりあえず早く来ちゃったから並んどこうの列

の3種が同時に存在するのだが、

正直、どれが何の列だかサッパリ

なのである。さらに、「入場券」と「指定席券」が別、というシステムも、混乱に拍車をかけている気がする。100年以上の歴史があるサーカス団との事だが、これが100年の経験を経た上で構築された、最も効率の良いシステムなのだろうか……とついつい思ってしまう。
まぁ、基本的に移動可能なテントを拠点に行われる興行であるからして、全てをシステマチックに行うことも難しいのだろうという事も理解はできるのだが。

Dsc_0201
コチラは入場券を持ち、自由席をゲットする為に並ぶ列。

とりあえず、無事に(?)三回目公演のチケットをゲットした僕は一度家に帰って出直す事にした。そしてーー予定時刻より10分程遅れて、開演。

席はステージに対して、真横に近い場所であった。見るにはそこまで悪くないが、リングA,B,Cのリングサイド席は全てフラットな為、前のヒトのアタマがちょっと気に掛かる(笑)。また、ステージの演者へのスポットライトは左右から当てられているので、眩しくて何が行われているのかよくワカラン、という場面が何度かあった。が、全体的には楽しめるショーであった。

しかし、一番の売り物であるライオンのショーであるが、

未就学児のお子様方には不評

であった(爆)。やはりお子様方には動きが派手なものの方が良いらしい。

これから見に行く方の参考に少しでもなれば幸いーーと書きたかったのだが、このblogを公開した時点で、

開演期間は残り2日なんですけどね(核爆)。

2月からやっていたらしいのだがなぁ……。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 2013、グアムの旅(その9)。 -トニーローマと丸天と?- | トップページ | 2013、グアムの旅(最終回)。 -最終日の写真は少ない(爆)- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/51507556

この記事へのトラックバック一覧です: 「木下大サーカス」に行ってみた。:

« 2013、グアムの旅(その9)。 -トニーローマと丸天と?- | トップページ | 2013、グアムの旅(最終回)。 -最終日の写真は少ない(爆)- »