« 「木下大サーカス」に行ってみた。 | トップページ | 2013、グアムの旅(あとがき)。  »

2013年6月 1日 (土)

2013、グアムの旅(最終回)。 -最終日の写真は少ない(爆)-

これまでのあらすじ。<その1><その2><その3><その4><その5><その6><その7><その8><その9


さて最終日! である。

といっても、既に前夜の内に土産物等の買い物一式を済ませているので、特に外出(というか遠出)の予定は無い。これまでに何度も書いているが、更新期間が大分空いてしまっているので(汗)、本日の予定のおさらい。


13時15分にロビー集合で帰国


まぁ、それだけなのだが(爆)。


Dscf2179
マグの中身はアップルジュース100%(笑)



それまでは、ビーチやプールで最後の水遊びをする予定。1時間半も遊べれば、十分満足できるというのはこれまでの経験で分かっている。朝食はいつもの通り、買ってきたもので済ませてビーチへGO!

この旅、三回目の水遊び。姫の水遊び用オムツは3枚一袋で、二袋持ってきたのだがようやく一袋を消費できる。もう一袋は未開封だが、まぁキリがいいから良いだろう。姫はプールはともかく、海には入ろうとしないのは分かっていたので今回は砂遊びメインで。ちゃんとスコップに熊手、ミニバケツといった装備も日本から持ってきていたのだ。これまではバケツを姫の洗面器代わりにしか使っていなかったのだが、晴れて本来の目的で使う刻がやってきた! のでありますね。

rikaに姫を任せて、僕は海へ。といっても後始末がメンドウ(というか、ゴーグルを持ってない)ので、足が届く範囲で沖へ行き、漂っているだけ(笑)。それでも遠浅なのでそれなりに沖へ出られたりする。一昨日とは違って、日曜日の午前中。もうビーチにいるヒトの数が全然違う! 勿論、9割方が日本人(だろう)。学生とおぼしき男女のグループや、おじい、おばあを含んだ大家族の姿も目立つ。さて姫は楽しんでいるだろうかーーと目をやると、どうも様子がおかしい。

戻ってみるとrikaが笑いながら、

「一旦、部屋に戻るわ。姫がウ○チしちゃったみたい」

曰く、プルプルッと震えたかと思うと、そういう時独特の悲しい目をして小さく、

「ウ○チしちゃった……」

と呟いたという。まぁ、出たものは仕方ないネ。プールの中じゃなくて良かったヨ。


とりあえずタオルや水遊びグッズといった荷物は置いて、rikaと姫は一旦部屋へ。僕は……浜で荷物の番、はツマラナイので、とりあえず荷物が目に入る範囲でもう一度海へ(笑)。

この日も天気は上々。ホテルの影になっている部分と日向との温度差がスゴイ事になっていて、その間を行ったりきたりしながら何をするでもなく漂う。…漂う……漂う……漂う。……まぁ面白いワケでは、ない(爆)。特に周囲のキャピキャピした環境と比べて、そのあまりの違いに愕然とせざるを得ない(汗)。

しびれを切らせて浜にあがると、丁度二人が戻ってくるところだった。海には十分入ったし、時間も良い塩梅だったので砂遊びは切り上げて、子供用プールでひと遊び。11時には部屋に戻った。


Dscf2181
最後の水遊び。


グアム最後の食事となる昼食は、無料チケットが残っているホテル内のレストラン『パーム・カフェ』のバイキングにする事に決めていた。荷物をまとめて、一旦ロビーに下りたのは12時を少し過ぎたところ。カウンターに行く前にチラッとパーム・カフェの方を見てみたところ、


何かエライ行列ができてるんですが?(汗)


休日だとこうなるのか! 金曜日の夜の空き具合を体験してしまった為、完全に油断していた。慌てて緊急協議。最悪、ABCとかで何かを買ってロビーで食べる事も覚悟したのだが、結論としてはとりあえずパームカフェにチャレンジしてみよう! という事になった。

チェックアウトの時に荷物を預けられるかどうか訊いてみると、ロビーの脇に置かれた水槽を指してあちらに持っていけ、という。どうやらそこが預かりサービスで、本当の入り口である階下まで運んでくれるらしい。キンピカなタグを受け取り、イザパーム・カフェへ!

その頃には、2.3組の待ちとなっていた。とりあえず列に並ぶ……のだが、今の状況がどうなっているのかがマッタク分からない。前の人が案内係のオニーチャンに訊ねたりしているのだが、どうも要領を得ない感じだ。ーーと、そこに赤いジャケットを着た色黒のお姉さんがやってきて、案内係と二言、三言。するとどうでしょう。

アッという間に、席に案内されたではありませんか。

どうやら客の数に対して店側の人員が足りていないようで、人はいないが皿が放置されているテーブルが幾つかある。僕らが案内されたテーブルにも皿が残っていたが、例のお姉さんがビシバシと片付けて無問題。テーブルを拭くところまではしてくれなかったが、まぁこれは自前でクリア。姫用の椅子も頼みたいところだったが、とてもじゃないが頼んでも持ってきてもらえそうになかったので、これも自前で適当に空いてるものを運んできた(笑)。


こうして何とか席は確保できたが、ピックアップの時間まで約40分。つまり昼食は実質30分一本勝負! という事なのでありますね(爆)。とりあえず姫にはパンやケーキ、果物といった好物を優先して与えつつ、親はしっかりとローストビーフなんぞを頂く。

ある程度落ち着いたところで周囲を見ると、日本人ーーは殆どおらず、子供交じりの7,8人レベルの集団が多い。旅行者なのか、それとも地元の人なのかは分からないが……。日曜日だからして、教会に行った後に皆でランチ、という地元民の可能性が高いのかな?

そんなこんなでバタバタしつつ、何とか13時過ぎに食事を終える事が出来た我々。

が。


結局迎えが来たのは、13時半過ぎでした(汗)。


予定よりも約20分遅れ。ここに来る前にいくつかのホテルでピックアップしてきたらしいのだが、やはり休日で道が混んでいたとか、そういう事もあるのかもしれない。わかってれば、もう少しゆっくり食べられたのに……。

しかしどんなに遅れても、飛行機は待っちゃくれない。僕ら以外にも数組いたのだが、皆急かされるように荷物をバスに詰め込んで空港へ。余韻もへったくれもあったもんじゃないのである。



さて、最後はいささか(かなり?)駆け足になってしまったが、これで2013年2月にいったグアム旅行記を終わりにしたいと思う。飛行機は時刻どおりに離陸して、日本時間19時過ぎ、成田に到着した。

機内で姫が号泣して一時どうしようもなくなってしまったーー何てこともあったのだが、それはあまり良い思い出ではないので(爆)、割愛させて頂く。


この3日後に、既に記憶からは薄れ掛けているが当時はかなり衝撃的であった通り魔事件が起こったワケであるが……。そのおかげで、


どこに行っても旅行の土産話なんて誰も聞いちゃくれなかった


という事を不満として挙げるのは、不謹慎でしょうか?(汗)


<おしまい> →(あとがきへ


Dscf2189
チェックアウト直前。かなり眠い(笑)。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 「木下大サーカス」に行ってみた。 | トップページ | 2013、グアムの旅(あとがき)。  »

子育て」カテゴリの記事

旅はどうだしょう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/51865171

この記事へのトラックバック一覧です: 2013、グアムの旅(最終回)。 -最終日の写真は少ない(爆)-:

« 「木下大サーカス」に行ってみた。 | トップページ | 2013、グアムの旅(あとがき)。  »