« 宮が瀬は遠かった(汗)。 | トップページ | ようやっと、タイヤ交換。 »

2013年9月 7日 (土)

結果的に、真鶴往復。

久々に少し長めの自由時間を頂けた、8月最後の土曜日。少し秋めいていたと思った陽気が殺人的な暑さを取り戻し、その暑さを送り込んでいる熱帯低気圧の親玉こと台風の影響で、強風注意報が発令されるという自転車海苔的には涙を流したくなるほど素晴らしい陽気であったのだが、ここを逃すわけにはいかない。

久々の100km越えを!

が目標である。

パッと思いついたのは、お盆に行けなかった三浦半島一周。ルートにもよるが、間違いなく100kmは越える。だけど既に何度か走った道。それだけにコンビニの場所もある程度は頭に入っているので休憩場所の算段はつけやすいのは確かなのだが、今ひとつトキメキが無い。

三浦一周は無理としても、これからもしばらくは2時間とか3時間という限られた時間の中で、時間の計算ができる知った道を走る事が多くなるだろう。だったらせめてこういう時位は、新しいコースにチャレンジしてみたい!

――という事で思いついたのが伊豆半島、熱海。距離にして、片道約70km位かな? 車では何度か走った事はあるが、よく考えてみると僕が自転車で走った最西端はぶっちゃけヤビツ位までしかない(汗)。埼玉から秩父経由で帰ってきた事はあるけれど、往復という条件がつくとそうなってしまう。

よし! 西へ行ってみよう!

――と思ったら。

南西の風、68mですってよ(滝汗)。

寝坊して、8時ちょい前に出発。境川CRから江ノ島へ。そこからR134を西へ向かうワケなのだが、確か参考にした先人のblogには、「茅ヶ崎から小田原までバキューンとあっという間」なんて書いてあった。

?(爆)

R1に合流してからというもの何かもう、踏んでも踏んでも進まない感じが(汗)。たまらず二宮でコンビニストップ。ここまで約40km。ガリガリ君でクーリング。


P8300002
当たり棒、持ってくるの忘れた……。

P8300003
本日はダブルボトルにサドルバッグの真夏仕様。


最近、補給にどれだけ食べたら良いのか、という事を迷っている。この日は出発前に残りご飯をお茶漬けで少々、バナナ
1本に栄養ゼリードリンクを1本。決して少なくは無いと思ったので、ここではアイスと少々のスポドリだけにした。

地図を確認すると、小田原はまだ遠く。国府津までも来ていない。しかし休んでいても、小田原が近付いて来るわけじゃない。漕がねば! 

が。

再スタートして早々に、サイコンがケイデンスを拾っていない事に気付く。R134では問題なかったのだが。信号ストップ時にセンサーやマグネットをイジってみるも、改善せず。僕が使っているのは、CATEYECC-RD200。有線式なので、何かの衝撃で断線したか? 結局、最後迄復活せず。走るに支障は無いけど、それまで正常だったものが原因不明で不調になってしまうのはスッキリしない。——これは、無線式にしろという何かの啓示なのではなかろうか(笑)。

苦し紛れにそんな事を考えたりするが、風は一向に収まらず。それでも何とか国府津を越えて、酒匂川を越える。橋の上では海からの風で前輪を持って行かれそうになったり、風に泣かされっぱなしである。

そうこうしている内に、やっと小田原に到着! コンビニで冷凍ドリンクと「一本満足バー」を仕入れて、お城の前で休憩。時刻は10時半、約50km。平均時速は約25km


P8300005
小田原城前にて。お城見えない……(汗)。


小田原から熱海迄は、約20km。距離からすると、1時間程で到着できそうな気がするが……問題はこの風と坂、そして高温(汗)。うーむ、とりあえず行ってみますか!

事前の調べによると、真鶴旧道を使えば熱海の手前まではフラット基調らしい。まぁ確かに「坂」という程の坂は無かったが、

地味に繰り返されるアップダウンの連続は、地味に脚にクる(汗)。

加えて、

逃げ場の無い海岸沿いの日向、吹き荒ぶ熱風(滝汗)。

まぁ僕が弱いだけっていうのが真相なのだろうが、真鶴に到着した時には息も脚も絶え絶え状態。時刻は11時半、約60km。小田原からたった十数キロに、1時間! 何てこった……。


P8300006
有名(?)な分岐地点でパチリと一枚。


セブンでコーラを補給しながら思案。熱海迄はあと十数キロだが、その前には「伊豆山」がある。小田原からここまで1時間かかっているから、おそらく熱海迄も1時間以上かかると思われる。とすると、熱海到着は12時半〜13時というところ。昼を食べて14時。片道約4時間かかっているから単純に考えて、帰宅は18時予想。完全にタイムオーバーです(汗)。16時位迄には帰宅する必要があったので……。

うーむ、朝の出遅れ&休憩し過ぎが響いてますな。輪行袋を持っていたら、熱海から輪行なんてチョイスもあったのだが。

というワケで。

真鶴で折り返します(汗)。

熱海は、もう少し涼しくなってからリベンジだな。

その前に、せっかくここまで来たのだから昼食を。道沿いにあったそばの看板にもひかれたのだが、やはり伊豆半島に脚を踏み入れたからには海鮮系をいっとかないとね。事前調べも無しに飛び込んだのは「割烹 福寿司」。店の前にあった、「ランチ1,050円」にグッときた(笑)。


P8300010
真鶴駅近く、福寿司。

4
種類から選べるのだが、ここは無難に海鮮丼をチョイス。何の魚だが良く分からないが(爆)、数種のお刺身が載った丼。1,050円にしては、結構なコストパフォーマンスなのではなかろうか。


P8300009
ランチは4種からチョイス。天重にも惹かれたが、無難に海鮮丼。


P8300007
お刺身で御飯が見えない! なかなかのヴォリューム。

とりあえず補給&休憩は十分。脚は終わっていると思うが、無理せず帰る事にしよう。と復路スタート。

が。

アレ? 思ったより脚が回る。往路でそれなりに下りもあったと思うのだが、殆ど意識せず。これなら「フラット基調」というのも頷ける。もちろん追い風に変わったという事もあるだろうが、もしかして往路は補給不足だったとか? カロリーだけなら十分のような気もするが、やっぱり炭水化物をそれなりに摂らないと持たないのかもしれないな……。

しかしとにかく、行きに苦労させられただけに帰りの追い風効果は凄まじかった。追い風に、ときめきなさい! バキューン! ——という感じに真鶴から大磯のR134分岐地点にあるファミマまでノンストップ。1時間で帰って来てしまった。行きは2時間近くかかったのに(汗)。

ところで、僕はアトピー持ちで肌が弱い。以前、汗をそのまま放置して顔を拭った結果、塩でエラい事になってしまった為、夏の休憩時にはできるだけ顔や腕を洗って汗を流す事にしている。そこで利用させて頂くのがコンビニのトイレにある洗面台。

ところが最近のコンビニは改装が進んだ結果なのか蛇口は殆どセンサー式になり、水圧も低い(これは昨今の渇水対策かもしれないが)。場所も狭かったりしてなかなか使いづらい場合が多いのだ。——本来の目的外に使用しているという事はお目こぼしを(汗)。

しかしこの大磯のファミマは最高! 洗面台は広々としてるし、水圧も強ければ冷蔵庫で入っていたのかと思うくらいの冷水が出てくる。水浴び用ボトルの中身を入れ替えて、冷水での水浴びサイコー!(モチロン外で 笑)

そしてR134へ。平塚の手前から、1台のロードの後ろに付かせて頂く。以前から分かっていたのだが、僕は信号ストップからのリスタートが遅い(汗)。巡航速度は同じ位でも、スタートで離されてしまう。とはいえ、前のローディーがリスタート時にダンシングしているとかそんな事は無く、至って普通にスタートしているのである。

「止まる前にギアを落とす」

というのが当たり前と考えている僕なのだが、それを改める必要があるのだろうか。

そんな状態で前に出たくとも出られず。茅ヶ崎辺りではサザンのライブの影響か路肩にコーンが並べられており、なおさら抜きづらい。ようやく前に出て、これまでの借りを返そうと一所懸命踏んでいたら、気付いたら後ろに誰もいなかったという(汗)。まぁ頑張れたので結果オーライかな。藤沢のコンビニで最後の休憩をした時には、脚がプルプル震えてました(爆)。

境川CRを経由し、結局最初から最後迄行きと全く同じルートを通って帰宅。時刻は15時半で、約束圏内。走行距離約130km、平均時速約26km/h。熱海には辿り着けなかったが目標だった100kmオーバーは達成出来たので、まぁヨシとするかな。


しかし疲れた(汗)。さらにこんな酷いコンディションの日にも関わらず、ローディーの数はかなり多かった事にも驚き。いやぁ皆さん、
t自転車好きですね!(笑)


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 宮が瀬は遠かった(汗)。 | トップページ | ようやっと、タイヤ交換。 »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/53175630

この記事へのトラックバック一覧です: 結果的に、真鶴往復。:

« 宮が瀬は遠かった(汗)。 | トップページ | ようやっと、タイヤ交換。 »