« 久々にランニング! した結果(汗)。 | トップページ | 数年振りに、サガミに行こうとしたら……。 »

2013年10月14日 (月)

長いよ、多摩サイ(汗)。

月1回のアレルギー対策の通院。家から約25km離れた鶴見に病院があるので、自転車に乗る口実としてはうってつけ。自転車復活の前はクルマで行き、病院→コストコ→帰宅、というのが定番ルートになっていたため、脂肪増量の道をひた走っていたと言っても過言ではない(汗)。

しかし自転車復活した今、久々に自転車によるツーインライドをしよう! さらに幸運な事に、その日は午後からrikaに来客があるとのこと。その為15時位まで時間を貰えた。

さて何処に行こう?

鶴見の病院から、通常であれば鶴見川CRを遡上して新横浜。そこから環2経由でR16へ出るか、もしくはそのままCRを鴨居まで進んで中原街道に接続し、R16に出る。環2~R16ルートは、合計50km程の最短ルートなので却下。中原街道からのR16は、そこから境川CRやR246で海老名方面といったルートの選択が広がる。でも、既に走った事があるルートなんだよな……。勿論まだまだ僕の知らない道はいくらでもあるだろうが、なんか「モチベーション」が欲しい。--というワケで。

鶴見から少し足を伸ばして、多摩川CRを行ける所まで行こう! という事に決定! 

多摩サイ、というと第二京浜(R1)から第三京浜迄を一度走っている。

久々の自転車、初めての多摩サイ(2010年3月)

それと昭島市民球場へ行く為に、関戸橋から多摩大橋まで。

PC背負って90km。~昭島往復本番・前後編~(2010年9月)>

つまり第三京浜~関戸橋区間と、多摩大橋から先の区間は未走破である。調べてみると、多摩サイの全長は約50km。病院が10時半からであるから、11時前後には多摩サイinできると思われる。本当ならば河口付近から全走破、といきたい所だが、今回はとりあえずパスして上流へ、とりあえず行ける所迄行ってみますか!

--と考えていたのだが。

スイマセン、多摩サイ舐めてました(滝汗)。

50kmなら2時間半もあれば余裕だぜフゥハハー! なんて考えていたワケでは決して無い。しかし距離以前の問題として、

どこをどう走ったらいいのか分からねぇ(爆)。

一応予習はしていたのである。多摩サイには右岸と左岸があって、それぞれに未舗装や未通区間が存在する。ネットに情報はいくらでも転がっているのだが、

全部憶えきれるワケないだろ(涙)。

なので、最低限右岸から左岸への切り替え地点を記憶して、あとは出たとこ勝負! にならざるを得なかった。第二京浜から二子橋までを右岸、そこからはひたすら左岸を進む。右岸の段階では、少なくともルートについては問題無かった。道幅がやたら狭かったり、一輪車のヒトがやたらと多かったり、やたらイベントが開かれていて人が多く走りづらかったりと、「やたら」な区間ではあったが。

P9290096
多摩サイ、入り口。

P9290100
しばらくはあまりヒトがいない。

P9290101
新幹線が行く。ここら辺から、CRがアヤシくなる(汗)。


それを乗り切り左岸へ渡る。情報では「舗装面がゴムになっていて走りやすい。快適」なんて書かれていた。……まぁ、確かにゴムではあった。しかし走りやすくて快適か、と言われるとロードバイクにとってはそうでもない、と思う。だって結構端がめくれてたりするし、通常の舗装面よりむしろ抵抗感を感じる。ランニングの人にとっては、クッションになって走りやすいのだろうけど。

P9290103
ニコ玉から左岸へ。

P9290107
ゴム路面。何かデコボコしてるでしょ?


以前にも書いた記憶があるが、ロードバイクにとっての多摩サイはむしろ、側道がある場合はそちらを走った方が快適な気がする(汗)。信号ストップの可能性はあるが、走りやすさでいえば圧倒的なハズだ。

側道を走って下流へと向かうローディーを目撃する度にそう思った。--が、しばらく進むとCRは未舗装となり、結局側道へ移動せざるを得なかったのだが。事前情報では未舗装区間は1km程度、という事だったのだが実際にはそれ以上に感じる。ていうか小田急線を越してから未舗装区間が始まる、とあったのだが実際にはその手前から始まっており、さらに側道を進んで行くと、

自動車教習所の所で行き止まりに……っ!

何とか和泉多摩川地区センターの所からCRに復帰。舗装も復活したのでやれうれしやと進んだのだがーー水神前から再び未舗装になり、側道へ。そこからしばらくはあまりに側道が快適だったため、側道を進む(というか、側道はCRよりも下に位置しているのでCRの路面状態を確認できない)。

しかし側道が川から離れ始めると不安になり、調布市民プールの手前からまたしてもCR復帰。未舗装区間を終えて、ここからようやく多摩サイが本気を出してきた感じ。同じ方向へと向かうローディーの姿も見える。……今までは、どこを走っていたのだろう?

舗装済みとはいえ、スピード防止の為のデコボコ区間が頻繁にあるし、「ゆっくり走ろう」とか路面に書かれた文字もロードバイクにとってはそれなりの段差。決してラクではない。これまで何度もミスコースをし、その度にストップアンドゴーを強いられて、思った以上に脚にきているのを感じる。

P9290108
何人かローディーが見えてきた。

P9290110
こういう文字が結構ヤバい。


ていうか、多摩サイ長くね?(汗)


とりあえず見知った関戸橋をポイントに考えていたのだが、走っても走ってもその姿は見えず。気が付けば時間もそれなりに経っていた。このままだと、最終地点まで行くのは難しいかもしれない。多摩川原橋、是政橋を過ぎて、ようやく関戸橋に到着! 時刻は12時半近く。ここまで、第二京浜から約25km。そう悪くはないペースだとは思うが……。

走りながら考えていたのである。確か、家から府中四谷橋まで休憩込みで1時間半かかった筈。今回もどこかで昼飯を食べなければならないし、そうなると同じか、2時間程は見ておいた方がいいことになる。

15時までに帰宅する約束だから、つまり13時には復路に向かう必要があるワケで。

あと30分しかないじゃんか(爆)。

という訳で、とりあえず府中四谷橋まで行き折り返す事にした。完全に、目算を誤りましたねぇ……。実際多摩大橋までもそれなりに距離があった記憶があるし、折り返しの判断が間違っていなかった事は、後に証明される事になる。

P9290111
府中四谷橋折り返し!


関戸橋からは、2年前の記憶を頼りに鎌倉街道を町田方面にひた走る。多摩サイでのストップ&ゴーは精神的&脚力的に結構削られるものがあったが全体的な体力にはまだ余裕があったようで、リス園の坂を越えた所のセブンまでノンストップ。そこで昼を食べて、先を急ぐ。あまり気にしていなかったのだが、町田近辺のコンビニはイートインスペースを備えたものが多いのだろうか。学生に占拠されていたのだが、セブンで見たのは初めてだった。ミニストップにしか無いと思っていたのだが。

R16からつきみ野方面に進み、目黒の交差点へと微妙な下り坂を走っている時だった。前輪にトン、と衝撃が走る。重心が前に寄っていたのでさほど気にもしなかったのだが、ヒュウッと音がしたかと思った瞬間、

パァン!

とマンガのような音を立ててパンク! 一瞬前輪か後輪かの判断がつかなかったが、すぐに前輪のタイヤがぐにゃりと変形。その瞬間、予期せぬ方向にハンドルをとられてあわや転倒といい事態に陥った。幸い1999年ル・マン24時間レースでバーストしたトヨタTS020を駆る片山右京の如く立て直しに成功し(笑)路肩に避難できたが、もし転倒していたら後続のクルマに轢かれていた可能性大。笑い事で済んで良かった……。

P9290115
前にタイヤ交換したので、手順は無問題。

外でパンクするなんて、ロードを買ってからは2度目の経験。そういえば前回はリアだった。という事は、前輪のチューブは買ってから一度も交換していないという事になる。派手な音がした割には、タイヤそのものに傷は見当たらない。どんな穴が開いたのか、と少し空気を入れてみようとしたのだが、

いくらやっても空気が入らない(汗)。

よーく見てみると、

P9290116

ゲゲッ!

どうすれば、こんな縦に裂ける穴ができるんだ……。やはり経年劣化もあるのだろうか。

サクッと(自分比)チューブを交換して空気を入れて再出発。帰宅は15時を10分程過ぎてしまった。うーむ、パンクがなければ間に合っていたな……。

多摩大橋より北は宿題として残ってしまったが、次回はいつになるのやら。走行距離97.6km、平均時速24km/h。前回とそう変わらない距離を走って、前回の宮が瀬詣での方が峠を走ったり向かい風だったりして厳しかったイメージがあるのだが、何故か今回の方が後から体にキたダメージを大きかったサイクリングでありました。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 久々にランニング! した結果(汗)。 | トップページ | 数年振りに、サガミに行こうとしたら……。 »

自転車でお出かけ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/53592680

この記事へのトラックバック一覧です: 長いよ、多摩サイ(汗)。:

« 久々にランニング! した結果(汗)。 | トップページ | 数年振りに、サガミに行こうとしたら……。 »