« 雪かきをして思った徒然。 | トップページ | みなとみらいをRUNNINGぅ〜。 -後編- »

2014年2月13日 (木)

みなとみらいをRUNNINGぅ〜。 -前編-

11日の祝日は特に家庭的用事は無かったので、一日自由時間を頂いていた。久々に自転車でロングをーーなんて考えていたのだが、そこに大雪である。二日経ってかなり解けてはいるが路肩には残っている所もあるし、解ければ当然路面も濡れる。CRなんかは路面にも残っている可能性大だし……。結論としては、

そこまでリクスを負って走っても楽しくないんじゃない?

という事で自転車はキャンセル。そんな時、高校時代の仲間からランニングのお誘いがあり、まさに渡りに舟、という事で参加してきた。


毎年、忘年会やら花見やらで集まっている7人。以前は自転車活動がメイン(?)だったようなのだが最近はランニングがブームらしく、都内を中心に練習したりイベントに参加したりしていたらしい。

今回集まったのは僕、Ando氏、きょうじゅ氏の3人とちょっと少なめ。結構突発的だったので止む無しという所か。走る場所は3人とも土地勘がある「みなとみらい」周辺。集合場所はみなとみらい線元町・中華街駅に11時だったハズーーなのだが。

今まさに駅に到着せんとス、という時に企画立案者のAndo氏からメールが。

『10分程遅れます。ちなみに集合場所は昨夜メールした通りJR石川町駅改札なので注意してください』

……。


そんなメール、受け取ってないけど?(汗)


とはいえ、変更になったものは仕方が無い。幸い(?)歩いても大した距離ではないが、集合時間には遅れてしまう。その旨をメールして石川町へ移動。北口か南口かで一悶着あったのだが、何とかAndo氏と合流。メールの件を確認したら、

「ゴメン、未送信だったわ(笑)」

……。



5



まぁとりあえず合流できたからヨシとしよう。しかし問題はきょうじゅ氏だ。

待てど暮らせど来やしねェ(爆)。

ちなみにこの日の天気は北の風強風、曇り、時々雪(汗)。外で待つのはキケンと判断して構内のドトールに逃げ込む。何度かAndo氏が電話連絡を入れるが、さっぱり要領を得ないらしい。最終的に判明したのは、きょうじゅ氏は<元町・中華街駅の石川町(地名)方面の出口>だと思っていたらしく、Ando氏が言う「石川町」という単語を「駅」の事だとは思わなかった、という事らしい。日本語って難しいですね……orz。


そんなこんなで合流出来た時には、本来の集合時間から40分も経過していた(汗)。

Ando氏に連れられて到着したのは、石川町駅にほど近い銭湯「恵びす温泉」。『はまれぽ.com』に記事があるので、気になる方は参照されたい。


P2110215
恵びす温泉外観。


ん? 走った後に銭湯行くとは聞いていたが、何故最初に? Ando氏によると、神奈川県内の銭湯をランニングステーション、通称ランステ代わりに使ってもらおうとキャンペーンをやっているのだという。ナルホド! これはうまい考えだ。僕も事前にみなとみらい周辺のランステを調べてはいたのだが、これは盲点だった。


Dsc_0263
キャンペーン中!


ちなみに、僕が知る限り「コインロッカー+シャワー施設」があるという意味でのランステは、みなとみらいに三カ所存在する。「マリノスタウン」、「ザ・スペース(関内)」、そしてマークイズの中に入っている「スポーツオーソリティ」だ。ネットで調べると中華街近くに「ジョグステ」なんてのもあるようなのだが、2009年一杯で休館ーーというか閉館ーーになっているようだ。

銭湯ランステと比べると、一長一短がある。長所としては「同じ目的で使用する人が集まる為、情報を得られる」という事だろうか。ザ・スペースではしょっちゅうイベントも開催されているらしいし、常連になれば金銭的にも色々とメリットがあるかもしれない。

短所としては、その金銭面である。たまにしか利用しないビジターにとっては料金が高い。ザ・スペースとスポーツオーソリティが600円。マリノスタウンは400円と安価だが、シャワーは別料金(100円)。そして何よりどの施設も、

シャワーしか無い。

これが最大の短所と言えるのではないか。


対して銭湯ランステの長所は、まず安価(450円)である事。そして走った後で、


広い湯船につかれる事。


コレ、最強。マジで(笑)。

短所としては、ロケーションがみなとみらいの中心部から少し離れている事。そして、

オシャレじゃない事(爆)。

後述の理由も込みで、女性には正直オススメできないのは確かだ(汗)。


あまり長々と書いてもアレなので、話しを先に進めよう。入湯券を買って、番台――というかカウンターーーのオバちゃんにランステ目的で来た事を告げればそれでOK。ロッカーの鍵を貰って、脱衣所で準備を整えれば後は出発するだけだ。

「2時間くらいでお願いしますね」

とはオバちゃんの弁。さすがに、あまりに長いロッカーのみの使用は経営的に問題があるのだろう。2時間以上も走り回るランナーがそうそういるのだろうかとは思うが、これも銭湯ランステの短所といえば短所か。軽く準備運動をして、


P2110216

出発!


続く……。<後編へ




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« 雪かきをして思った徒然。 | トップページ | みなとみらいをRUNNINGぅ〜。 -後編- »

RUN、ラン、RUN。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/54979512

この記事へのトラックバック一覧です: みなとみらいをRUNNINGぅ〜。 -前編-:

« 雪かきをして思った徒然。 | トップページ | みなとみらいをRUNNINGぅ〜。 -後編- »