« スマホ、買い替え。 | トップページ | 初めてづくしのツーリング。 (前半・大垂水峠編) »

2014年8月 7日 (木)

自転車にスマホを付けてみよう。

僕の自転車には、TOPEAKのトライバッグを付けている。これはクロスバイク時代から愛用しているもので、もう万年付けっぱなし(笑)。何を入れているのかというと、基本的にはデジカメである。

数年前、ガラケーを使っていた頃はそれをカメラ代わりにしていたので、財布とケータイがトライバッグの定位置であった。Blogで使うには十分な解像度で、外部ボタンがあるモデルだったので走りながらのノールックでも撮影可能。となると、ジャージのポケットよりもサッと取り出せるトライバッグに入れておいた方が都合が良かったのでありますね。


しかしスマホになった途端、とにかく「走りながら撮る」という行為は不可能になった。以前書いたようにスマホの電池性能自体も劣悪だった為、専用のデジカメを購入。それでも当初はスマホをトライバッグに入れていたのだが、やはり背中からデジカメを取り出す手間に耐えかねて、トライバッグはデジカメ収納専用になっている(カメラが大きいのでそれ以外のスペースが無い 爆)。

スマホと財布はIKEAのジップロック(?)に入れてジャージのバックポケットに入れるようになったのだが、これはこれで問題が発生した。メールでも電話でもLINEでも何でも、着信があっても気が付かないのである。

まぁそう滅多にある事ではないのだが、逆に言うと着信がある時は緊急性がある可能性が高い、という事。独り身の時はまだしも、一応家庭を持っている身であるしね……。


そんなワケで、「その内なんとかしたいなぁ」と思っていたのである。そうこうしている内に初代スマホは時代遅れとなり、ようやく実用的に使えるスマホに機種変した。やるなら、



F7e960d597fe0623fbc4ef65fa3db3bb_0

今でしょ!(もう古い?)


自転車用のスマホホルダーを購入し、ナビゲーションとしても使える様にしよう! 走行中でも着信が分かるし、一石二鳥! なのである。


そうと決まればホルダー探し。大きく分けて、固定方法には2種類ある事が分かった。【挟み込み式】と【袋入れ式】である。

【挟み込み式】はスマホを裸で挟んで固定する。利点は画面の見やすさと、操作のし易さ。難点としては水やホコリに対して無防備であることと、万が一外れてしまった場合、スマホ本体の被害が甚大になる事は、



Photo



という事だ。水やホコリは問題ナシ。何しろTORQUEはアメリカの軍事規格をクリアしたというのが売り物のタフネススマホである。落とした時は……そりゃあ、傷は付くだろうけど。

しかし、ある理由から【挟み込み式】はNGとなった。問題は、TORQUE本体側面についている物理ボタンである。


Mm_torque14
分かりづらいが、横の赤い線もボタンです。


左側に3つ、右側に1つ。確実に固定をする為には、これらを確実に避ける必要があるのだ。ホルダーの実物を見れば適合するものがあるかもしれないが、ネット上の画像だけで判断するのは危険すぎる(汗)。

さりとて、店に見に行く時間も無い。ならばもう選択肢は無い。【袋入れ式】である。

利点と難点は、【挟み込み式】の真逆。透明な袋に入っている分、反射して見づらいという。袋の上から操作可能な商品もあるらしいが、あまり期待しない方が良いとの事。しかしコレしか選択肢が無いから仕方が無い。


【袋入れ式】を売っているメーカーは幾つかあったが、ここは安心と信頼のTOPEAKだろう! と


Acz23200_03_2

SmartPhone DryBag 5“


にしようかーーと思ったのだが、仕様を見てSTOP。可能サイズは130×65×10(高さ×幅×厚み)。対してTORQUEのサイズはというと、136×68×13.5。


入んないじゃん……(涙)。


そこで、最終的にチョイスしたのがコチラ。


P8020352

BM WORKS Slim3R


ま、殆どコイツしか選択肢が無かったとも言える。Slim3Rは今年発売された新製品で、完全防水を謳う。前年モデルにSlim3というものがあって、コチラはケーブル等が繋げられるように穴が開いている。ブルペライダーのように長時間連続使用するならば、Slim3の方がいいかも。


P8020353
裏面のキャッチ部分。「Made in KOREA」の印有り(笑)。

P8020354
ステムに台座を固定。サイコンの位置を少しズラした。


丁度Amazonプライムの無料体験期間だったので、ポチした翌日に到着で、


P8020356

早速取付!


工具不要のねじによる固定だが、結構強度はありそう。少し不安だった袋サイズも、ほぼピッタリ収まった。……ちょっと、ピッタリすぎるような気もするが(汗)。


ちなみにナビアプリには、「自転車NAVITIME for auスマートパス」をチョイス。


この翌日、早速実走してきたので、インプレッションはツーレポの中で書きたいと思う。待て、次回!(笑)


……まぁ、素直にGARMIN買いなさいってハナシなのかもしれないけど(汗)。





↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

|

« スマホ、買い替え。 | トップページ | 初めてづくしのツーリング。 (前半・大垂水峠編) »

自転車関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136979/57018094

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にスマホを付けてみよう。:

« スマホ、買い替え。 | トップページ | 初めてづくしのツーリング。 (前半・大垂水峠編) »