自転車関係

2015年2月27日 (金)

10速用チェーンのモンダイ。

SHIMANOが11速コンポ販売促進の為――かどうかはわからないが、10速用チェーンの生産を終了してしまった、というニュースは知っていた。ただし終了したのはデュラエースと105グレードで、アルテグラとティアグラグレードは存続するとの事。

今回のオーバーホール時に「在庫がこれしかない」という事で、図らずもデュラエースにグレードアップしてしまったマイバイク(多分それまではアルテグラだと思う……他がアルテなので 汗)。となると、迷ってしまう。


在庫がある内に、デュラのチェーンを買っておくべきか?


うーむ、という感じ。チェーン位は自分で交換できるが、僕のライドペースからしておそらく交換目安は3年に一回とかレベル。3年後というと、ロードバイク的には8年目。そこまでフレームが保つのかな?(汗)

フルカーボンでなくアルミとのハイブリッドなフレームなのだが、それだけに異なる素材同士の継ぎ目が剥離してくる事があるらしい。まぁフレームがどうのこうのという以前に「新しいロード」を欲しくなってしまう、という可能性の方が高いのだが(汗)。


11速が今すぐ必要だ! とは思わないので、自転車を買い替えでもしないかぎり11速を使う事はないだろう。アルテがあるならそれでいいじゃん、必要になった時に買えば、と思う気持ちもある。今デュラチェーンを買ったとしても、イザ必要になった時に


買った事を忘れている(汗)


という可能性も否定出来ないしなぁ。


……とりあえず、様子見(という名の買わない結論 笑)ですかね。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

自転車オーバーホール。自分でやるか? ショップに頼むか?

BMCを購入して、気が付けば早5年。その間、1年近く眠りについていた事もあったけど(汗)、まぁ何とか「趣味です」と言える程度には乗っているんじゃなかろうか。とはいえ正確な総走行距離は一度サイコンをリセットしてしまった事もあって不明なのだが、まぁおそらく乗っているヒトの一年分にも達していないのではないかと(汗)。

SLX01はカーボンとアルミのハイブリッドモデルではあるが、カーボンがどれほど劣化しているのかは不明。乗っている限りは違和感は感じないが、そこはドンカンなワタクシの感覚なので(爆)。元々「硬め」と言われているフレームが、さらに硬化してしまっている可能性は捨てきれない。とはいっても、


一張羅なんだし、乗れる限りは乗る!


としか言えない(笑)。何台も買えればいいのだが、生憎そんな分厚い財布は持ち合わせていないのでありますね(泣)。

そんな事をいいつつこの5年間、

ほぼ乗りっぱなし状態(滝汗)

であった。まぁ最低限の注油や各部の調整はしていたつもりだが、そもそも上に書いた様に走行距離が短いのでそこまで不具合が出なかったのだろうーーと思う。しかしまぁ、経年劣化している事は否めないしそろそろいい加減オーバーホールしたいなぁ、と昨年位から思っていた。

問題は自分でやるのか、ショップに頼むのか、という選択肢である。まぁ工具も無いし、時間も無い。多少オカネを払ってもショップに頼もうか……と思い、まずは先人の例を、とネットで検索。


ところが。


「自分でオーバーホールした」という内容はかなりの数がヒットするのだが、「ショップに頼んだ」となると途端にヒット数がガクンと落ちる。とはいえ、ショップのブログではそれなりにオーバーホールの実例が挙げられているので頼むヒトが少ない、という事ではないだろう。

個人の勝手な予想なのだが、やはり「自分で~」というのに比べると「ショップに頼む」というのは胸を張ってネット上に書きづらい、恥ずかしい、という意識が自転車海苔的にあるのではないかーーと思うのである。プラスして、ショップの名前や価格を出してしまうとお店に迷惑がかかるとか、所謂「ステマ」的な内容になってしまう恐れがあるとか、ね。


確かに、自分で工具を握り、ネジを締めたり緩めたりするのは凄く楽しい。以前は僕もクルマやクロスバイクをそこそこいじっていたのでよく分かる。例えいじった成果がよく分からずとも、「いじった」という行為そのものが満足なのである。愛着も湧くしね。しかし今回、ワタクシはあえて言わせて頂く。


ショップにお願いします。


と(笑)。


実はもう既に預けており、仕上がり待ちなのだ。詳細はまた次回以降に。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

機能下着を買ってみた。

突然のぶっちゃけ話しで恐縮なのだがワタクシ、本来あまり着る物には気を遣わない方である。しかしアラフォーを迎え、流石に年齢的にある程度はキチンとしなければならんだろう、常識的に考えて……という事で、外観についてはある程度気を遣う様にしている……つもり(汗)。

じゃあ他人から見えない下着類についてはどうなのヨ、というと、


オールユニクロです(爆)。


なので、僕のユニクロに対する認識は殆ど「下着屋」である(笑)。これは自転車活動の時も同様で、夏はメッシュのノースリーブシャツに、冬はヒートテックの長袖シャツ、という感じ。これで別段不満は無いのであるが、昨今ネットでは「下着にもコダワれ」的な風潮が高まっているーーように、感じる。自転車に乗る時の、という事ですね。

真冬の格好はこれまで、ヒートテック長袖→dhb裏起毛ジャージ→パールイズミジャケットの3枚であった。ジャケットが0℃設定のモノであるから、コレで十分なのである。もし何かを変えるとするならば、上記の内、ヒートテックを何か別のものにするという感じ。

既に書いた様に、ヒートテックで何か不満があるワケじゃあ無いのだが……一着位、所謂「機能下着」的なモノを持っていてもバチは当たらないんじゃね? と物欲がアタマをもたげてきた(笑)。僕の乗り方だったら、1枚あればいい。ネットで調べた結果、購入したのがコチラ。


Toppin_mb1107486svs

モンベル ジオラインL.Wラウンドネックシャツ


ハイネックだとジャージ、ジャケット合わせて3枚分もチャックの動作をしなければならなくなるし、ネックウォーマーもあるので普通のラウンドネックをチョイス。ジオラインには厚みが3種あって迷ったが、最も無難に使えそうな最薄のモノにした。あわよくば正月のセールで安くなっていたら……と期待したのだが、出遅れた事もありアウトレットでもセール品は発見出来ず、定価で購入。

で、早速以前書いた、1月のツーイン時に着てみた。ファーストインプレッションは、


普通?


という感じ(笑)。最薄のモノだけあってか、特別暖かいとかそういう事はなく、ヒートテックとイメージはさほど変わらない。それは走り始めてからも同じだったのだが、変化を感じたのは昼飯の為コンビニストップした時だ。

盗難防止の為、デジカメをトライバッグから出してジャケットのバックポケットに入れる。食べ終わってデジカメを仕舞おうとポケットから出してみるとーー、

すっごく蒸れてる(汗)。

体側にあった面全体に、水滴がついている状態。以前はこんな事無かったのだけど。その時はさほど気に留めなかったのだが、帰宅してジャージを脱いで気が付いた。

シャツに汗染みが無い。

まぁ、染みが分かりづらい色という事もあるかもしれないが、シャツそのものも濡れている感じがせず、なんだったらこのまま着続けていてもいいんじゃないの? という感じ。いや、着替えますけどね(笑)。


以前のヒートテックは必ず汗染みができていて、それはそれで一種の「運動の成果」な感じで良かった(?)のだが、つまりこの差が「機能」の差、という事なのだろう。汗を染み込ませず、発散する。その結果がデジカメの蒸れとして現れていたというワケだ。なるほどなー。


機能の差は明確に分かったのだが、その効果があまり体感できないのは、僕が鈍いという事なのだろう(汗)。もっと長距離を走れば、分かるのかもしれない。

難点という程では無いが、個人的にもうちょっと何とか……というのが、


「見た目」(笑)


細かい横線が走っているような外観で、何というか、スマートじゃない(汗)。知らない人が見たら単なるヨレたシャツ、という感じで特別感が無いのである。しかしまぁ、コレこそモンベルと言われれば、納得せざるを得ない。最近少し変わって来た感はあるが、モンベルは昔から「機能は良いけど見た目がダサイ」という評価が鉄板だったもんな……。


「Function is Beauty」


がモンベルのコンセプトで、まさにその通り! な製品ではあるのだけどね。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

au wallet、いいんでない?

結構以前からになりますが、


Fig_img_02

au wallet、使ってます。


これまで電子マネーといったらEdyヒトスジのワタクシだったのでありますが、auユーザー向けに特典てんこ盛りのこの電子マネー、使わずにはいられないっ! というワケで申し込んだのでありますね。合わせて「じぶん銀行」にも口座を開設。何故かというと今更説明するまでもないのだが、「じぶん銀行」からチャージをすると、5%プラスされるからである。

1枚のau walletカードには10万円までチャージできて、1回のチャージ金額の上限は25,000円。この25,000円をじぶん銀行からチャージすると、26,250円分のチャージになる、という仕組み。当然、チャージするには一度ためた金額を使わなければならないのだが、元々カード支払い派だったので普通に使っていても月1,2回はチャージできる。

まぁこの特典は今年いっぱいで終了なのだが、それ以外の点でもau walletには利点を感じている。特に自転車に乗る時である。自転車に乗る時は、乗る時用の財布を持っている、という自転車海苔の方は多いと思う。僕もその一人で、かといって小銭がジャラジャラするのがイヤで千円札を数枚持って行く、というのが常だった。


しかし僕の場合、一人でサイクリングをしていると最もお金を使うのはコンビニ。使っても一回数百円なので、財布の中はアッという間に硬貨の海と化す(大袈裟)。以前、レジで必死こいて硬貨をかき分けていた僕を見かねたオバちゃんから、

「電子マネーが便利ですヨ」

と言われ、それを機にコンビニでの支払いは基本Edyでする事にした。


しかしである。


僕の持っているEdyカードはANAのクレジットカードに付いている。つまりクレジットカードを持ち歩く事になり、紛失のキケンが常に付きまとう事になる。「お財布ケータイ」機能を使えばいいじゃん、という方もいるだろうが、個人的に携帯にアレコレ機能を持たせすぎるのがキライなのでありますね(汗)。

au walletにした事で、クレカ紛失の危機から解放されたワケである。10万といえども紛失したら使われる危険は変わらないのでは? という意見もあるかもしれないが、逆に言えば「多くても10万の被害で済む」という事であり、かつスマホから簡単に使用停止に出来る。カード会社に連絡をしなくてはならないクレカと違って自分で即座に停止ができる、というのは安心度大。

まぁ本当に一番良いのはEdyのみのカードを手に入れる事なのかもしれないが……発行料がかかるらしい(数百円だが)。それに何枚も持っていてもワケが分からなくなりそうなだしね。


そんなワケで今後もau wallet一本で統一! なのであります。……決して、ステマとかじゃないですよ(笑)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

ニュースの自転車店特集を観て、雑感。

先日のWBSで、自転車関係の特集をやっていた。ザッピングしていてたまたま見つけたので何にフォーカスを当てていたのかは不明だが、察するに自転車関係の商売について、らしい。

Y’s road
の池袋店が取り上げられていて、それによると「弱虫ペダル」グッズを大量に揃え、店頭の目の付き易い場所にディスプレイしたところ、女性やらこれまで自転車に興味を持っていなかったお客の数がかなり増え、売上も伸びているという。


「劇中で使用されているジャージを店頭販売しているのは日本でウチだけ!」


と店員(店長?)サンが熱く語っておられました。


まァ池袋だから(爆)。


と言ってしまえばそれまでだけど(近くにコスプレやらアニメグッズの専門店街がある)。調べてみるとネット上では「自転車屋がアニメイトみたいになっている」と以前から有名だったらしい。番組ではホンモノか仕込みか分からないけど、29万のビアンキを購入した女性がインタビューされたりしていた。

「○○さん、現金で一括購入」

なんてナレーションがされていたが、自転車屋でカードが使えるトコロの方が珍しいんだけどな……とココロの中でツッコンでみる(笑)。

ここまでしているのならば一つ思い切って、



Jikoman01264x373

「じこまん」

とコラボなんてしてみたらどうだろう、と思うのだが、女性客が引きますかそうですか(爆)。



その他に、ベンチャーで自転車のネット通販ビジネスを手がける会社の紹介などもされていたのだが、フト思うのが「使わなくなった自転車についての対応」だ。クルマには中古車販売業者がいて、さらには解体業者もいる。確かに自転車にも中古販売業者があるが、正直そこまで繁盛しているとは思えない。近所で、開店して数年で閉店した店を2つ知っている。


両方とも「サイクリー」だけど(爆)。


ママチャリなどは他のゴミと一緒に廃品回収業者に引き取られる、というのが一般的なのだろうか? 今でも中古車の引き取りをやっている自転車店があるのかもしれないが、自動車ディーラーが新車と同時に中古車販売を手がけるように、自転車店も積極的に中古自転車に対する対応というモノをアピールして欲しいーーなんて思うのだが、再利用できる部分が限られているから難しいんだろうなぁ。


ちなみに「弱虫ペダル」のアニメ2期が、10月からスタートしますね。漫画は読んでいないが、アニメ1期は観ていたので2期も観てみるかな。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

スコットランド独立騒動を見ての、とある自転車海苔的思考。

イギリスからスコットランドが独立するとかしないとか。今日が総選挙だそうで、色々と騒がしい事になりそうですね。漫画でいうと、ゴルゴ13とかマスターキートンがネタとして真っ先に取り上げそうだが(笑)。


先日見たニュース番組では、独立した場合の英国に与える影響を軍事や経済面等で予測する特集を放送していた。それを見ながら、ぼんやりと考えていた。



またwiggle、安くなったりするかな?



と(爆)。


まぁイッパンジンの考える事なんて、そんなもんでありますよ(笑)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

wiggleのこうげき!

8月末位から、wiggleからのメール攻撃が凄まじい。多分2015年の新作が出始めたからだと思うのだが、特に『ホイールがお買い得!』なんて文言が踊っていると、クラクラしちゃうのアタシ……という感じなのである(汗)。


そう、少し前から「ホイールが欲しい欲しい病」にかかっているのです。


現在使っているのは、完成車についていた「FULCRUM RACING5 EVO」。ロードを買う以前の僕からしたら十分以上な贅沢品であるのだが、ヒトの欲望というのは尽きないもので……。

「カンパのユーラスとかを使ってみたい!」

なんて思ってしまったのである。カンパでもゾンダ位が身の丈相応じゃね? と分かっていのだが、せっかくグレードアップするなら1ランクでなく2ランクアップを! ――なんて思ってしまったりして。ちなみにwiggleでユーラスのMEGA G3 (クリンチャー)が約9万。日本で買うと約13万だから、一頃程ではないにしても、まだまだお得感が強い。


そもそもが、平坦派としては一度くらい35~50mmのセミディープホイールを履いてみたい! というトコロから始まったのである。しかしディープホイールの殆どはカーボン製。専用ブレーキシューが必要というのはいいのだが、ハナシに聞くと熱に弱く、下り坂でブレーキをかけすぎると歪むとか歪まないとか……。ガサツな僕にとっては、気を遣う必要があるというカーボンはやはりNGだな。

ーーというワケで、ディープは諦めてアルミで高いグレードを、と探した結論がカンパのユーラスだったワケである。でも冷静に考えたら(考えるまでもなく?)、


やっぱり9万って高いよね(汗)。


家人にチラッと言ってみたら、

「自転車のホイールに9万円!?」

と、


O0326057410219109789


状態であった。ま、それが普通の反応ですよねー。


しかしそう考えると、走っているヒトの多くは皆、良いホイールを履いてるなぁとつくづく思う。10~20万レベルのホイールが目の前でいくつもグルグルと回転してるワケで、そんなのを見ていると感覚がマヒしてしまうのも仕方ない(?)。


とりあえず、新しモノ買うよりはまず自転車全体のメンテナンスですかね。わかっちゃいるのだけどやっぱり、物欲は尽きないのであります。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

緊急のタイヤ交換。

というワケで。前回のblog参照)


タイヤ交換でございます。


ポチッた翌日に到着。Amazonの無料プライム会員キャンペーンにえらく助けられている(汗)。何を買ったのかというと自転車海苔にはおなじみ、


P8140402

コンチネンタルGRAND PRIX 4000SⅡ!


僕には似つかわしく無い、バリバリレース志向のタイヤである。何故かというと、

一度履いてみたかったから(爆)。

まぁそんなもんです。色はブラック。実はポチッた直後にいくつかのカラーがラインナップされている事を知って後悔したのはナイショなのだ(汗)。最も無難な色ではあるけどね。


パッケージの横を見ると、コンチネンタル名物(?)、


P8140403

ドヤ顔おばちゃん


がドン、と居座っている。

「アタシが造ったんだから、有り難く使いなヨ」

という感じだろうか。「handmade」と書いてあるけど、ホントなんすかね?

まぁとにかく交換である。実は今回タイヤの記事をネットで探していて、「タイヤパウダー」なるものの存在を初めて知ったワタクシ。そういえばこのSLX01の購入時に付いていたのはコンチネンタルで、タイヤとチューブがベッタリ貼り付いていた記憶がある。種類は違えど同じメーカーだし、また貼り付きが起こるかもしれないーーというワケで、対策してみた。


109332
ベビーパウダーで(爆)。


主成分はほぼ専用タイヤパウダーと同じらしい。ただ飛び散り具合というか、持ちが違うというハナシなのだが、まぁ気休めだしいいかナ、と。

ちなみにこのベビーパウダー、姫が生まれたから買ったというワケでなく、我が家では365日常備している。ワイシャツをアイロンがけした後に襟部分に塗っておくと、首の脂が付きづらくなって汚れが落ち易くなるーーらしい。ウチの親から授かった、先人の知恵。まぁオマジナイみたいなものだけどね(笑)。

タイヤレバーを使うまでもなく、思った以上にアッサリとハマって交換完了。ゆがみも無く、やはり以前のタイヤに問題があった事を確認。


このタイヤには回転方向の指定があるのだが、その表記がエラく分かりづらい(汗)。コレは知らないと見逃してしまうレベル。役立つかどうかは分からないが、「タイヤパターンの尖った方が前(進行方向)」と憶えておけば、間違いない。

これまで履いていたのはミシュランのPRO3 Gripだが、艶消しだったものが艶有りになり、完全スリック状態だった表面にパターンが入っただけで、微妙に雰囲気が変わる。ええ、自己満足です(爆)。


果たしてこの僕に、走りの違いが体感できるのか。次回、走るのが楽しみである。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

自転車にスマホを付けてみよう。

僕の自転車には、TOPEAKのトライバッグを付けている。これはクロスバイク時代から愛用しているもので、もう万年付けっぱなし(笑)。何を入れているのかというと、基本的にはデジカメである。

数年前、ガラケーを使っていた頃はそれをカメラ代わりにしていたので、財布とケータイがトライバッグの定位置であった。Blogで使うには十分な解像度で、外部ボタンがあるモデルだったので走りながらのノールックでも撮影可能。となると、ジャージのポケットよりもサッと取り出せるトライバッグに入れておいた方が都合が良かったのでありますね。


しかしスマホになった途端、とにかく「走りながら撮る」という行為は不可能になった。以前書いたようにスマホの電池性能自体も劣悪だった為、専用のデジカメを購入。それでも当初はスマホをトライバッグに入れていたのだが、やはり背中からデジカメを取り出す手間に耐えかねて、トライバッグはデジカメ収納専用になっている(カメラが大きいのでそれ以外のスペースが無い 爆)。

スマホと財布はIKEAのジップロック(?)に入れてジャージのバックポケットに入れるようになったのだが、これはこれで問題が発生した。メールでも電話でもLINEでも何でも、着信があっても気が付かないのである。

まぁそう滅多にある事ではないのだが、逆に言うと着信がある時は緊急性がある可能性が高い、という事。独り身の時はまだしも、一応家庭を持っている身であるしね……。


そんなワケで、「その内なんとかしたいなぁ」と思っていたのである。そうこうしている内に初代スマホは時代遅れとなり、ようやく実用的に使えるスマホに機種変した。やるなら、



F7e960d597fe0623fbc4ef65fa3db3bb_0

今でしょ!(もう古い?)


自転車用のスマホホルダーを購入し、ナビゲーションとしても使える様にしよう! 走行中でも着信が分かるし、一石二鳥! なのである。


そうと決まればホルダー探し。大きく分けて、固定方法には2種類ある事が分かった。【挟み込み式】と【袋入れ式】である。

【挟み込み式】はスマホを裸で挟んで固定する。利点は画面の見やすさと、操作のし易さ。難点としては水やホコリに対して無防備であることと、万が一外れてしまった場合、スマホ本体の被害が甚大になる事は、



Photo



という事だ。水やホコリは問題ナシ。何しろTORQUEはアメリカの軍事規格をクリアしたというのが売り物のタフネススマホである。落とした時は……そりゃあ、傷は付くだろうけど。

しかし、ある理由から【挟み込み式】はNGとなった。問題は、TORQUE本体側面についている物理ボタンである。


Mm_torque14
分かりづらいが、横の赤い線もボタンです。


左側に3つ、右側に1つ。確実に固定をする為には、これらを確実に避ける必要があるのだ。ホルダーの実物を見れば適合するものがあるかもしれないが、ネット上の画像だけで判断するのは危険すぎる(汗)。

さりとて、店に見に行く時間も無い。ならばもう選択肢は無い。【袋入れ式】である。

利点と難点は、【挟み込み式】の真逆。透明な袋に入っている分、反射して見づらいという。袋の上から操作可能な商品もあるらしいが、あまり期待しない方が良いとの事。しかしコレしか選択肢が無いから仕方が無い。


【袋入れ式】を売っているメーカーは幾つかあったが、ここは安心と信頼のTOPEAKだろう! と


Acz23200_03_2

SmartPhone DryBag 5“


にしようかーーと思ったのだが、仕様を見てSTOP。可能サイズは130×65×10(高さ×幅×厚み)。対してTORQUEのサイズはというと、136×68×13.5。


入んないじゃん……(涙)。


そこで、最終的にチョイスしたのがコチラ。


P8020352

BM WORKS Slim3R


ま、殆どコイツしか選択肢が無かったとも言える。Slim3Rは今年発売された新製品で、完全防水を謳う。前年モデルにSlim3というものがあって、コチラはケーブル等が繋げられるように穴が開いている。ブルペライダーのように長時間連続使用するならば、Slim3の方がいいかも。


P8020353
裏面のキャッチ部分。「Made in KOREA」の印有り(笑)。

P8020354
ステムに台座を固定。サイコンの位置を少しズラした。


丁度Amazonプライムの無料体験期間だったので、ポチした翌日に到着で、


P8020356

早速取付!


工具不要のねじによる固定だが、結構強度はありそう。少し不安だった袋サイズも、ほぼピッタリ収まった。……ちょっと、ピッタリすぎるような気もするが(汗)。


ちなみにナビアプリには、「自転車NAVITIME for auスマートパス」をチョイス。


この翌日、早速実走してきたので、インプレッションはツーレポの中で書きたいと思う。待て、次回!(笑)


……まぁ、素直にGARMIN買いなさいってハナシなのかもしれないけど(汗)。





↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

POCヘルメットはカッコイイ。

最近は帰宅後に録画しておいた「まいにち ツールドフランス!」を見るのが日課になっている。You tubeにもJスポがダイジェストをUPしてくれるのだが、以前に比べるとコース解説等も無い、簡素なものになってしまった。なので、できるだけ費用をかけずにツールをテレビで見たい派には、有り難い番組なのである。とはいえ、所詮「ニワカ」なのですがね(笑)。


BMC乗りとしては、ヴァンガーデネンがいつもゴール前スプリントに絡みつつも勝てないというのがもどかしい。しかし今年のBMCはヴァンガーデネン、ヴァンアーヴェルマート、とやたらと「ヴ」が目立つ(爆)。と思ったら、前からエヴァンスもいたな……BMCの伝統なのか?

選手に詳しく無いので、視線が向くのはどうしても機材関係。目についたのはガーミン・シャープチームが被っているヘルメット。


Pococtal_blue
コレである。


他の大多数の選手が流線型の、見るからに攻撃的なヘルメットなのに対し何となくレトロというか、優しい感じのヘルメット。ガーミン・ブルーの色もあって、よく目立っている。


と、ココで「他人と違うモノがスキ」なへそ曲がりのワタクシ。早速ググって、POCというメーカーのOctalというヘルメットである事を突き止めた。どうやら今年から本格的にロードレース用品に参入して来たスウェーデンのメーカーだという。日本でも、今年2月くらいから取扱いを始めている店もあるようだ。


買うかどうかは別として、とりあえず幾らなのか!?


検索の結果、楽天で引っかかった。それがコレ。


Poc2


……。



Zuba_coffee02

よよよ、よんまんごせんえん!?




OGKのトップモデルだって、2万円台なのに……。


とりあえず検索を続行。するとオフィシャルサイトに価格の表示があった。それがこちら。



Poc1



あれ、28,000円だって……。高価っちゃ高価だが、まぁワカランでもない価格設定である。オフィシャルだし、これが本来の価格なのだろう。という事は……。


便乗(?)値上げが発生してますな。


よくよく見ると、最初に引っかかったサイトは海外からの取り寄せとあった。まぁその手間賃も入っているのだろうが、それにしてもボリすぎではなかろうか。まぁ買う人がいるとも思えないけど……いるのかな? 案外、結構いたりして(笑)。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧