日記・コラム・つぶやき

2015年3月14日 (土)

ニジュウウン年振りの、スケート(汗)。

何でか知らないが、家人が

「スケートやりたい&姫にやらせてみたい」

などと言い出した。スケートかぁ、うーむ。昔は身近でもいくつかリンクがあったものだ。僕が行った事があるものを挙げると、東神奈川にあるスケートリンクと、旧ハマボウル。

ハマボウルはとっくの昔に閉鎖になっていて、東神奈川のものは存命だが現在は建て替え中との事。その間、伊勢佐木町の方で代替えリンクがあるらしい。それ以外に調べてみると、新横浜プリンスホテルのスケートセンター、冬季限定の赤レンガ倉庫、同じく冬季限定でこどもの国にもあるらしい。


行くとなると、ついでに一週間分の食品買い出し等もしたいので移動手段はクルマである。となると、駐車料金が気になると伊勢佐木町と新横浜はNG。赤レンガとこどもの国は屋外で、コンディションが気になるのに加えて「スケートを主目的に」行く所じゃなくね? と思ったので除外。

そこで候補に挙がったのが、相模原にある「銀河アリーナ」。夏期はプール、冬季はスケートリンクとして営業しているらしい。市の施設――なのかどうか分からないが、少なくとも営利目的な感じではなさそうで、入場料と靴のレンタル代は他の施設より高いが、駐車料金は無料。少し距離があるが、1時間圏内だしまぁいいだろう。

行った事がない場所に行く前には、経験者の体験談を検索するのが最近の習わし(笑)。それによると、週末は結構混み合っているという。そうなのか? 人気が無いからリンクの閉鎖が相次いでいるんじゃないの? と、半分眉唾でいたのだがーー。


Dsc01303

想像以上だった(汗)。


チケットを買う段階で、この長蛇の列! 現着したのは11時に近かったのだが、完全に出遅れた形だ。後日どこかで見たのだが、多く閉鎖された分、稼働している施設に人が集中してしまう結果になっているらしい。まさに、である。


Dsc01302
銀河アリーナ外観。……はなかっぱ?


20分近くかかってチケットを購入し、靴を借りる。レンタルにしてはカッコイイ、と言っても過言でないデザインのスケート靴。しかしボウリング場等ではまがりなりにも返却後の靴にスプレーしているのを見かけるが、ここでは一切そのそぶりが見られない(汗)。ヘタをすると、返却の為にカウンターに置かれた靴をダイレクトにそのままホイッと渡してきたりする。……まぁ、あまり深く考えたら負けですな。

チケット購入の段階で想像はついていたのだが、やはりリンクも大混雑! 今回は姫にスケートを体験させたい、というのが一応の主目的なので、大小二つあるリンクの内小さい方のベンチを何とか確保。もう、この場所を確保するのも一苦労なのである。「シート等による場所取りはご遠慮下さい」と貼紙はあるが、あまり効果は無い様子。


Dsc01304

とりあえず靴を履き替えてイザ、リンクイン! 


おお、コワい!


立つ事には何ら問題無いのだが、前後への微妙な体重のかけ具合がムズカシイ。基本的に前傾なのだが、あまり前過ぎると歯のギザった部分が突っ掛かりウワっとなる。さりとて後ろ過ぎると、当然ながらスッコロビそうになるワケで(汗)。


Dsc01305
お手て繋いでおっかなびっくり。ヘルメットは自前。


姫にはとりあえず幼児用の二枚刃靴をレンタルしたのだが、正直あまり意味が無かった感がある。上記の通り、左右より前後のモンダイの方が圧倒的だからだ。何周か回っている内に慣れて来たので、混んでいる小リンクを脱出して大リンクにチャレンジ。すると、


丁度整氷作業が終了したばかりだった事もあって滑りが違う! 


ハタから見るとどうだったか分からないが、自分の中では色々を試行錯誤しつつ、それなりに気持ちよく滑っていてー気が付くと、二人の姿が無い。訊くと、あまりに滑るので姫が怖がってしまい、早々にベンチに引き上げたという(爆)。


Dsc01306
大リンク。こちらもかなりの混み具合。


結局2時間ちょい施設に居たのだが、実際滑っていたのは1時間位だろうか。まぁこんなもんでしょう。姫的にはあまりピンときていなかったようだ。自分で自由に動き回る事ができない、という事もあるのだろう。これもまぁ、仕方ないね。


スキーに殆ど行かなく(行けなく)なった現在、スケートというのも悪く無いと思わなくもないが……混雑的には、スキー以上だ(汗)。さりとてあまりに人が少ないと、今度は施設の維持的に問題もあるのだろうし……難しいトコロですね。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

au wallet、いいんでない?

結構以前からになりますが、


Fig_img_02

au wallet、使ってます。


これまで電子マネーといったらEdyヒトスジのワタクシだったのでありますが、auユーザー向けに特典てんこ盛りのこの電子マネー、使わずにはいられないっ! というワケで申し込んだのでありますね。合わせて「じぶん銀行」にも口座を開設。何故かというと今更説明するまでもないのだが、「じぶん銀行」からチャージをすると、5%プラスされるからである。

1枚のau walletカードには10万円までチャージできて、1回のチャージ金額の上限は25,000円。この25,000円をじぶん銀行からチャージすると、26,250円分のチャージになる、という仕組み。当然、チャージするには一度ためた金額を使わなければならないのだが、元々カード支払い派だったので普通に使っていても月1,2回はチャージできる。

まぁこの特典は今年いっぱいで終了なのだが、それ以外の点でもau walletには利点を感じている。特に自転車に乗る時である。自転車に乗る時は、乗る時用の財布を持っている、という自転車海苔の方は多いと思う。僕もその一人で、かといって小銭がジャラジャラするのがイヤで千円札を数枚持って行く、というのが常だった。


しかし僕の場合、一人でサイクリングをしていると最もお金を使うのはコンビニ。使っても一回数百円なので、財布の中はアッという間に硬貨の海と化す(大袈裟)。以前、レジで必死こいて硬貨をかき分けていた僕を見かねたオバちゃんから、

「電子マネーが便利ですヨ」

と言われ、それを機にコンビニでの支払いは基本Edyでする事にした。


しかしである。


僕の持っているEdyカードはANAのクレジットカードに付いている。つまりクレジットカードを持ち歩く事になり、紛失のキケンが常に付きまとう事になる。「お財布ケータイ」機能を使えばいいじゃん、という方もいるだろうが、個人的に携帯にアレコレ機能を持たせすぎるのがキライなのでありますね(汗)。

au walletにした事で、クレカ紛失の危機から解放されたワケである。10万といえども紛失したら使われる危険は変わらないのでは? という意見もあるかもしれないが、逆に言えば「多くても10万の被害で済む」という事であり、かつスマホから簡単に使用停止に出来る。カード会社に連絡をしなくてはならないクレカと違って自分で即座に停止ができる、というのは安心度大。

まぁ本当に一番良いのはEdyのみのカードを手に入れる事なのかもしれないが……発行料がかかるらしい(数百円だが)。それに何枚も持っていてもワケが分からなくなりそうなだしね。


そんなワケで今後もau wallet一本で統一! なのであります。……決して、ステマとかじゃないですよ(笑)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

色々と、壊れたものを修復。

お久しぶりでございます(汗)。


前回のーーというか先月のblogで少し書いたが、10月の頭に軽いギックリ腰になってしまったワタクシ。9月から自転車に乗る回数が少しずつ減少し始めていた所にトドメを刺す出来事であった(爆)。まぁそれでも1回は乗ったワケだがとりあえず思うのは、


サイクルチャレンジカップ藤沢に落選して、むしろ良かったんじゃね?(爆)


という事。一ヶ月以上乗らずにぶっつけ本番、というDNF待った無し状態になっていた可能性大(汗)。

腰の違和感は中々無くならず、このまま一生この痛みと付き合って行かねばならないのだらうか……と思っていたのだが、約ひと月が経ってようやく違和感が消えた。ある程度運動していたのにギックリ腰なんて……と思ったのだが、運動しててもギックリ腰になる時はなるらしい(汗)。気をつけようにもどうすればいいのだ、という感じではあるが、とりあえず重い物を持つ前には軽く体操を、ですな。もう若くは無いという事だ(爆)。

さてニンゲンが故障で苦しんでいた最中に、機械も故障してしまいました。食洗機である。動くには動くのだが、水流が弱く汚れが落ちない。食器の置き方のモンダイかとも思ったが、改めて確認すると何だか作動音もおかしく、通常時に比べて何やら唸るような音がする。念の為、水の噴射口等を洗浄してみたが、効果はなかった。


これはもう、故障ですねェ……。


ぶっちゃけ、この時点では何年保証にしたのかどころでなく、いつ購入したのかすら忘れていた(爆)。調べてみると、2011年の7月購入とある。ん? 壊れたのが10月って事は……購入してから、3年3ヶ月。


3年保証だったらダメじゃん(汗)。


慌てて保証書を探したのだが、取り説についていたのはメーカー保証(1年)のみ。これはやって(紛失)しまったか……と思ったが、とりあえず購入したネット店舗は分かっていたので、そこで履歴を追ってみる。店のHP上での購入履歴は削除されてしまっていたが、購入時にやりとりしたメールを発見! すると、

3000円の追加料金で5年保証に入っていた!

しかし、ガッツポーズするにはまだ早い。メールの文面を良く読むと、追加保証に入るには保証会社のHPで登録した上で、保証書が郵便またはメールで送られて来るので、それを大切に保管してください、とある。物理的な保証書が無い、というのは確認済み。後の可能性はメールで来ている事だが……どうか、削除していませんように! 保証会社の会社名で検索するとーー残っていた! ここでようやく安堵のガッツポーズ。いやぁ、何でも削除せず、とっておくものですな。


という訳で修理を依頼し、東芝(の関連会社? のさらに下請け?)のおっちゃんがやって来たのだが……。


どうも、舐めてたフシがある。


水はプラスチック製の回転するブレードから噴射される仕組みになっているのだがおっちゃんはそれを点検し、

「これが割れているって事が多いんですけど、何ともないですねぇ」

という。そもそも本来は午前中に来る予定だったのが当日に突然、

「午前は都合が悪いので午後でもいいか」

なんて電話が有り、たまたま外が雨で予定が無かったから良かったものの、不信感を抱いていたワタクシ。

「洗浄とか、チェックはしたって伝えてあるんですけどね」

とチクリ。おっちゃんは何度か動作を確認した結果、

「これはちょっと……持ち帰ってみないとですね」

まぁそうだろうな、と思っていた。この場で分解を始めたりしたら、それはそれで尊敬するが。おっちゃんは一度クルマに戻るという。台車か何かを持ってくるのだろうーーと思っていたら、手にしていたのは毛布一枚。んん? 家具搬入とかのように、毛布にのせて引きずり作戦か? と思ったら、おっちゃんはパイプ類を手早く外して(ここら辺は流石の手際だった)食洗機に毛布を被せると、エイヤッと抱え上げたではないか。ちなみに重さは19kg。

とりあえず僕が先導してドア類を開けて玄関へ。そこに台車がーーない。

おっちゃんは一度食洗機をおろすと、

「では、お預かりしていきますので」

と預かり表を手渡して再び抱え上げると、ヨロヨロとしながら歩いて行った。

すぐ後で外出していた家人が帰宅して、廊下でおっちゃんとすれ違ったらしく、

「なんか凄くゼーゼー言ってたけど、アレウチの食洗機だよね? 大丈夫なの?」



知らん。



少し気の毒に思わなくも無いが、台車を用意していないって事は、持ち帰り修理を前提としていなかったという事。すなわち「大した修理じゃない」と思われていた、という事だろう。その判断の甘さのリターンは、負ってもらわねば。

ちなみに修理の上がりについては部品の有無による、という事で分かったら連絡しますと言われていたのだが……翌週土曜日の朝8時半に携帯が鳴った。

「今からお届けに行きたいのですけど、大丈夫でしょうか」


ってオイ(汗)。


さすがに当日連絡はないだろう、常識的に考えて……。

実は連絡が無いのでしばらくかかるのだろう、とその時既に山梨県にいたのである(爆)。有無を言わせず翌日にしてもらい、故障そのものは問題無く保証期間内の為無料で直ったのだがーーどうもスッキリしない。


実は東芝は2012年に食洗機の生産を終了している。それもあって、サポートがおざなりになっているのかな……なんて考えてしまうが、今回の件についてはまぁ、


おっちゃん個人の対応のモンダイ


なんだろうな(汗)。


とりあえず、腰共々直ってよかったです。後5年は戦えるかな(笑)。





↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

スマホ、買い替え。

記録によると、2年前の6月にガラケーからスマホに替えたワタクシ。

その時のblog

2年間、伝説の迷機(?)と呼ばれたARROWS Zを使ってきたワケである。まぁ正直、不満はあった。電池は保たない、保たせる為に画面の照度を落とさざるを得ないので、昼間の外では画面が見えない、電波は拾わない、頻繁に再起動――それも勝手にーー、動きはノロい、GPSの精度は最悪、電源OFFからの起動も激遅と、いいトコなんか一つも無い(爆)スマホであった。


発表当時の期待感がかなり高かった為、その反動もあったのかもしれない。しかし思えばコイツは発売直後にauが



Androidau


の看板を下ろしてiPhoneを発売する等不幸な星を背負う運命にあり、そこに共感して思わず購入してしまったのかもしれない(?)。


唯一の取り柄はWIMAXが使えた事だが、今ではもうWIMAX2に進化し、そもそも4G LTEになった時点で旧WIMAXレベルの通信速度が出ているという。――だったらもう、無理して使う必要は無い! という事で、



P8050382

TORQUE買いました。



予約したのは発売の4日前という駆け込み(爆)。既に二週間程経ったワケだが、

快適至極(笑)。

オレは何で今迄あんなガマンをしていたのだろう、と上に書いた様に自虐的になってしまう位の性能差。電池は2日位は余裕で保つし、GPSも正確。何より反応が早い!


コレでようやく、自転車生活にもスマホを役立てる事ができそうだ。実は既に実行してみたのだが、その話しは別の機会に……。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

ゲンコツメンチに物申してみる。

前回に書いたblogの、その日の午後。とりあえずプリキュアスタンプをコンプリートしたからには、ご褒美と交換しに行かねばなるまい。そういう事になった。


スタンプには第一ステージと第二ステージがあり、スタンプの種類は同じなのだがとりあえず第一ステージ分の4種のスタンプを集め、ご褒美のステッカーを貰ってから第二ステージに進んでね、とある。ステッカーにはプレゼントの応募券が付いておりーーと、まぁ何というか、色々と考えられているのでありますね。


かつてはスタンプを押すだけでも羞恥心が邪魔をしていたワタクシ。


今では平気の平左(爆)。


まぁ以前も書いたように何も買わずにスタンプ押すだけ、という行為には罪悪感を感じるが(汗)。

今回は第一ステージのスタンプを集めたので、それをステッカーと交換しに行こう、というのだが……。無人のスタンプ台と違って、この場合は店員サンにお願いする必要があるのである。


えーと、




2010121322243955b




オッサン一人での遂行は不可能だ(滝汗)。


まぁ本来スタンプ押すのだって子供がやりたいだろうし、ステッカーまで親が貰って来てしまっては教育上ヨクナイというか、姫にとって達成感が無いというか、とりあえずヨロシクはないだろう。ここはやはり姫と一緒に行く事にしよう。


しかしそこでさらに、しかしである。


無人のスタンプ押すだけでも罪悪感があるというのに、店員に向き合って何も買わずにステッカーを貰って帰るだけ、というのはいかがなものか(爆)。


「じゃあ、何かお惣菜でも買って来てよ。今夜食べればいいじゃん」


――というワケで、ネットで良い評判を見かけていた「ゲンコツメンチ」を買ってみた。昔はメンチカツというとトンカツよりも一つランクが下、みたいなイメージを持っていたワタクシ。しかしオトナになってから(笑)再評価が進んでいるのだ。


で、夜と言わず冷めないうちに昼に食べてみたのですが、一言。


20921314_2


なんでこんな事すんの?



一口かぶりついて違和感を感じた、その味である。なんかスパイシーというか、妙な味がついている。HPを見ると「特製洋風ソース」なんて書いてあるのだが、個人的にはそんなもの入れず、素直に肉の旨味で勝負して欲しかった。それともアレかな? 勝負出来ないから、味付けてゴマかry(爆)。


好みの問題なんでいいっちゃいいのだが……個人的にはちょっとガッカリ。コンビニに期待をしすぎましたかね。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

今年の合同誕生祭(3回目)はイオンモール幕張で。

毎年3月にはnakaji家一族の『合同誕生日お祝い会』が開かれるのが、いつの間にやら恒例になっている。記憶を辿るときっかけは3年前。千葉の「ばんや」に両親を連れて行こう、と兄貴と話した事がきっかけだった。

昨年はグアムの記事が長々と続いて時期を逃してしまった為(笑)、blogには書かなかったのだが横浜ロイヤルウイングのクルージングで中華ビュッフェを楽しんだ。では三年目の今年はどうする? と正月に集まった際に話したのである。結論としては、


幕張のイオンモールに行ってみよう。


そういう事になった。

兄貴の家からほど近く、僕も10年程前その近くで働いていたので土地勘もある。単なるイオンモールだったらそこら辺にあるのだが、ここはお子様向けに色々と「体験」させてくれる店が多いのが特徴だ、という事で「PIZZALAND TOKYO」を予約。ここではお子様向けに、実際にピザを作れる「ピザ職人体験」をさせてくれるという。

「12時から20分間、子供のピザ職人体験で、その後70分のビュッフェタイムね」

と、予約してくれた兄貴からメール。僕らは実家の親と合流してからクルマ1台で向かうので、約1時間前の10時半には現地に着くようにしようーーという事に。

しかし問題は日程。

それぞれの(主に兄貴の)都合で二転三転した挙げ句、ようやく決定した日取りは3月30日(日)。そう、増税前最後の日曜日! かつ、天気は雨模様!

室内なんだから天気は関係ないだろう、と思われる方はアマイ! 幕張イオンモールはコストコを抱きかかえるが如くの立地に建てられており、どうみてもイオンとコストコの渋滞が重複する(汗)。かつコストコが晴れの日に比べて雨の日の方が圧倒的に混む、というのは既に一般常識(?)なのである。


そんな懸念を抱きつつ、9時過ぎに両親と合流して横浜を出発。これも少し心配だったディズニー渋滞は無く、思ったより順調に進む。だが油断は大敵! ――と用心しすぎて失敗をしてしまった。

以前は「湾岸習志野IC」しか高速の降り口が無かったのだが、その手前に昨年「谷津船橋IC」というのが出来たのだ。イオンモール幕張のHPを見ると、「こちらの方が混まない」とある。ICからの距離は多少あるが、記憶では道も二車線でスムーズな流れだった筈。なので、「谷津船橋IC」をチョイスした。

これが大失敗(汗)。

コストコの駐車場に対して順方向で入れる分、既に新習志野駅近くまで渋滞が伸びていた(爆)。だったら湾岸習志野ならば良かったのかどうかは分からないが……。

渋滞している左車線をパスしてとりあえず進む。どこかスペースが空いたら飛び込んでやろう……なんて考えていたが、そもそも進んでいないので、そんなスペースは無い(汗)。


しかしさすがにイオンもそこまでバカでは無かったのか、メイン通り沿いだけでなく、交差点を設定してそこを曲がった所にも駐車場の入口を用意していた。さすがの渋滞も交差点の真ん中迄は塞いでいなかったので、何とか目的の「ファミリーモール」直近の駐車場に止める事ができた。

この、「どこにクルマを止めるのか」というのがかなり重要になるらしい。建物は目的別に4つに分かれているのだが、とにかく広い為本当に目的とする建物の駐車場に止めないと後で後悔する事になるーーと、兄貴から聞かされていた。

さすがにそれは大袈裟だろう、と思っていたのだが、

あながち大袈裟でもなかった(汗)。

「●●モールまであと×××メートル」なんて表記を商業施設の中では初めて見た気がする……。


とりあえず目的の「PIZZALAND TOKYO」の場所を確認し、集合の11時50分までは自由行動にしよう、という事になった。基本的にこういう時は家族毎に分かれて行動するのがnakaji一族の常。それでも「グランドモールに行ってみよう」という目的地は同じだった為、皆で移動する事に。

各モールは2階の渡り廊下で全て繋がっている。「PIZZALAND TOKYO」は1階にあったので、まずは2階へと上がる。するとそこは、姫にとってのパラダイスだった(汗)。

何かというと、「ファミリーモール」だけあって子供服やらアクセサリーやらお菓子やら、とにかくキャラクター等を多用した子供向けの店がズラッと並んでいるのである。その一つ一つに姫がひっかかり、マトモに進めない(爆)。仕方なく両親だけグランドモールに行ってもらい、僕らは姫に付き合う事にした。まぁ純粋に興味があっただけで、何か特別必要なものがあるワケではないのだ。

「有名な店もあるにはあるけど、知らないブランドの店が多いね」

とは、ファミリーモールをぐるっと見て来たrikaの弁。まぁ近くに「ららぽーと」もあるしな。マイナーっぽいのはイオンらしいといえば、イオンらしい(笑)。とりあえず座る場所が多いのは好印象だった。


そうこうしている内に集合時間になったので1階に戻る。「ギリギリまで家で時間を見ていた」という兄貴一家も丁度到着したところだった。「PIZZALAND TOKYO」の前は妙にヒトが集まっていて皆入店待ちなのかと思ったら、どうやら試食用のピザが運ばれてくるのを待っているらしく声がかかると同時に殺到(汗)。まぁどうせこの後ビュッフェで幾らでも食べられる、と余裕をかましていたら、母がしっかり2つもゲットしていた(爆)。


お子様のピザ職人体験は12時スタートの筈だが、少し押しているらしい。その前にお着替えして記念撮影。


Dsc00602
お着替え完了! ピースはしてるが、緊張気味。

Dsc00603
何か持たせてくれたが、コレの正式名称は何だろう?


そして職人体験スタート! この店の店員は全てイタリアンなニックネームがついていて、職人体験は「マルコ」お兄さんに教えてもらいながら進む。カウンターは店頭に面していて、客引きには最高の立地なのだ。ちなみにこのマルコお兄さん、かなりのハイテンションで工程を進めて行くのだが、見てると

2時間以上ぶっ通し(驚)。

お子様の交代の合間でほんのわずかな休憩はとれるが、よくテンションが続くものだ。子供かピザか、どちらかが本気で好きでないと、できないだろうなぁ。

職人体験はキッチリ最初の生地こねから焼く所まで。終わると記念のメダル(紙製)が貰える。グレードが3つあって、各グレードによってピザが豪華になったりサイズが大きくなるらしい。


Dsc00612
マルコお兄さんとご挨拶。甥っ子はグズってしまい、ママも一緒に(笑)。

Dsc00620
作る工程(の写真)をブッ飛ばし、いきなり完成!(爆)


その後はいよいよ、ビュッフェタイム! テーブルに固形燃料付きの鉄板があり、持って来たピザをそこに置いて保温(加熱)できる、というのは面白い。


Dsc00622
オトナ6人、子供2人。テーブルの上がカオスです。


種類はそこまで多く無いが、一通り食べると結構満腹になる。トータルで2ホール分位だろうか。基本的に生地の厚さはイタリアンで薄いので、いくつもイケてしまう感じではある。サラダやコーンスープ、それに時々タイムサービスで振る舞われるパスタ(ブーロ・エ・パルメジャーノ?)でお口直し。

ちょっと不満だったのはデザートで、これもピザなのである。当然、暖かい。これは普通のフルーツとかアイスでいいんじゃないか? と思うのである。


Dsc00623
店内から外を眺める。かなり混み合ってます。

Dsc00621
ちなみに「鉄人」はいません(笑)。


兄貴が「誕生日プラン(?)」で予約していたので、途中でデザート(これはピザじゃなかった(笑))と歌のプレゼント。祝われるヒトが4人もいたので、エラい長くなってしまったが(汗)。



食後は再び家族毎に分かれて店内散策、という事になったのだが、


やっぱり姫が引っかかって進めない(汗)。


なので結局、ファミリーモールのほんの一部分を見ただけで終わってしまった(涙)。まぁ兄貴が近くに住んでいる限りはまた来る機会もあるだろうし、いいのだが。


さて、来年はどこで開催されるのかねぇ。集まるのは楽しいけど、場所探しに苦労するんだ……。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月31日 (月)

相模湖プレジャーフォレストに行ってみた、が(汗)。-後編-

長らく、間が空いてしまいました(汗)。

前回のblogで書いたように、3月に入って早々ノロ騒ぎがあったり、仕事の年度末進行がヒドい状況だったりと、中々更新できませんでした。。。


とりあえず、「前回のあらすじ


雪遊びエリアに行く迄にも幾つかアトラクション(?)が存在する。まずあるのは無料の「ピカソのたまご」エリア。ここだけでも十分遊べる、という触れ書きなのだがこの日は雪の為、全体の3/4が使用不能(汗)。それでも空いているしせっかくだから、と遊んでみる。遊ぶ前に係員の説明を受ける必要があり、皆さん雪かきの真っ最中だったのだが呼び止めるまでもなく中断して丁寧に説明してくれた。サービスの質は結構高いのである。

「ママと一緒に行く!」

というので僕は荷物管理として待機。しかし斜面に建てられているという立地もあり、雪解け水がスゴい(汗)。事前情報で斜面をかなり歩く、と知っていたのでトレッキングブーツを持って来ていたのだが、防水の面からしても大正解であった。姫にも雪遊び用の長靴を履かせる。


Dsc00418
「ピカソのたまご」エリア。階段を上り下りする。それだけ(笑)。

Dsc00424
「スカイ・ケイジ」。迷路的なモノ。


最初は僕らしかいなかったのだが、やはり遊べる場所が少ないせいか、姫が同じアトラクションをぐるぐるしている内にそれなりに人が集まって来た。まぁ、ある程度は賑わいが合った方がいい。


しばらく遊んでから本命の雪遊び広場に移動。通路はしっかりと雪かき済みなのだが、係の方々は総出で雪かき中。何で人が入らないような場所まで雪かきしてるんだろうーーと思ったら、イルミネーションのLEDが地面を這うように設置されているのだ。単に通路の雪をよけて終了、というワケにはいかないのである。しかも配線等を傷つけるワケにもいかない。見た目以上にハードな雪かきなのであった。

雪遊び広場の入場料は一人300円で、ソリ(二人乗り)のレンタルに200円。正直「単に雪があるだけ」ならクルッと回ってスタコラサッサだぜ! と思っていたのだが、一応ソリ用の滑り台が整備されていたので勘弁してやり、そこをメインで遊ぶ事にする。


Dsc00429
ソリ用滑り台。もう少し角度が欲しいが、子供向けにはいいのかな。


混んでいる時は広場への入場制限もされるらしいのだが、この日はさすがにガラガラーーとまではいかないが、ストレス無く遊べる。この日の子連れ来園者のほぼ100%がこの雪遊び目的だったのだろう。この場所で出会った人達とは、この後園内の様々な場所で顔を合わせる事になる(爆)。

しかしソリ遊びを5,6回程した頃、遠くで動く遊具を見た姫が、

「あれ乗りたい」

と言い始めた。雪遊び広場自体は再入場が可能なのでそれはいいのだが、問題は姫の言う遊具が、三歳からしか乗れない事だ(汗)。でもまぁ3歳迄もう一ヶ月を切ってるし、言い張れば何とかーー。

「お嬢ちゃんいくつ?」

「にさい!」

そうだった……。姫は年齢を訊かれると、いつも得意げにVサインを出すのだった(爆)。まぁとりあえず乗れない事にダダをこねる事もなく、教えてもらった[2歳でも乗れて、今日動いている]アトラクション、『空にまいあがるゾー』へ。何か見覚えあると思ったら、TDRにある「空飛ぶダンボ」と同じですな。あちらもゾウ、こちらもゾウ。何か対抗意識を感じる(笑)。

しかしこちらのゾウは、乗るのは一組だけ。他は空席、待ち人もいない。僕は乗らずに待っていたのだが、


見ていて非常に寂しい(爆)。


係のオネーサンも大変だよなぁ。雪かきよりはいいのかもしれないが……。


Dsc00436
たった一組の乗客……。


姫にもう一回雪遊びする? と訊くと「しない」というので、そのまま迷路の類いが色々あるエリアへ移動。基本的に室内なので、稼働しているのである。子供ってやつは何故か迷路が好きなんだよな。

幾つかある内の「ミラーメイズ」へ入ってみる。ここでも入る前に説明を受ける

「途中でいくつか仕掛けがありますので、それを解いて頂きながらお進みください。ギブアップすることもできます」

仕掛けといっても所詮は子供騙しだろう……とタカをくくっていたのだが、これが案外難しくて楽しめた。僕らの他にもう一組のファミリーが先に入っていたのだが、何となく「どちらが先に仕掛けを解くか」という雰囲気に(爆)。先に解いたのは僕らの方で、見つからないようにコッソリと進んだのは決してイジワルでなく、あちらに楽しんでもらおうというココロヅカイなのでありますよ(笑)。

ただ問題は、初見だからこそ楽しめたのであって、タネが分かってしまえば二回目以降は入らないだろうナ、という事だ(爆)。


Dsc00442
この遊園地のマスコット、「パディントンベア」。
お客が少ないので熱心に構ってくれた(爆)。



そうこうしている間に、時刻は15時半を過ぎた。イルミネーションがやっていたら点灯迄いるつもりだったが、中止である以上無理に長居する理由は無いワケで。17時位にココを出て、どこかで夕飯食べて帰ろうではないか、という事になった。そうと決まると今更だが不要になった雪遊び用グッズ等の荷物が邪魔になる。そこで僕だけ一度駐車場に戻り、クルマに荷物を置いて来る事にした。再入場ができる、というのは事前の情報で確認済み。

入口ゲートでそれを告げると、

「今日は16時半で閉園になりますので、お気を付けください」



00mmr0002



ていうか、初耳なんですけど!?


時刻は16時過ぎ(汗)。慌ててrikaに連絡。最後の一つに「立体迷路カラクリ砦」というコレも迷路系のアトラクションをやってみよう、という話しをしていたのだが、ヘタをすると受付時間が終了してしまうかもしれない。

「とりあえず先に行っとく」

というので、僕も急いで駐車場へ向かう。何せ山の斜面に建てられている遊園地なものだから、結構な階段を上り下りしなければならないのだ。来たときよりもさらに空きが目立つ様になった駐車場で、せっかくだからと場所移動もしてから階段を駆け上がり、妻子の元へ。

受付締切時間は16時15分だったようで、僕が合流したのは10分過ぎ(汗)。何とか滑り込みセーフであった。最初に説明を聞く必要はあるが、後は基本自由行動なので係員の人に迷惑をかけた事にはなるまい(笑)。

「立体迷路」というだけあって、先程の「ミラーメイズ」とは比べ物にならないスケール感が漂う。建物は大小二つあり、それぞれに隠されているスタンプを集め、最終的に大きい建物の屋上にある鐘を鳴らせば任務達成、というもの。


これが結構難しくて、燃える(爆)。


造りをみるに、固定されてはいるが明らかに扉な場所があったりと、もしかしたらその時々で構造を変えている可能性もある。初見殺しの「ミラーメイズ」と違い、こちらは何度でも楽しめそうな感じで、姫もノリノリであった。


Dsc00445
やっと見つけたスタンプ。結構苦労した(汗)。


閉園時間というプレッシャーもある中で、何とかゴールへ。静かな園内に鐘の音が派手に響くのであった(笑)。


Dsc00446
駐車場を夕闇が包む……。


本来のメインイベント(?)であったイルミネーションが中止だったのは残念だったが、思ったよりは楽しめた感じ。普段はもう少し、客もいるだろうし(笑)。ただし問題は距離、だな……。朝早くにでも家を出発しない限り、約2時間オール下道。正直、高速で行けるTDLの方が近く感じる(笑)。相模縦貫道ができれば……といっても、できたらできたで「高速代出してまで行くか?」なんて考えてしまいそうでコワい(爆)。


ローカルな雰囲気はキライじゃないので、もう一度位、今度は全面稼働している時に来てみたいものである。


しかしあれからもう一ヶ月半……。月日が経つのは早いものですな。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

散々な一週間。

先週のドキュメント。


3/3
(月曜日)
未明に姫が嘔吐。30分おきに繰り返し、夜には発熱。

3/4(火曜日)
嘔吐は収まるも、発熱続く。一時39度台。腹痛のようで、1日寝ている。

3/5(水曜日)
発熱続く。下痢が始まる。
rikaが胃の不調を訴える。

3/6(木曜日)
姫の熱は下がるも、下痢は続く。
rikaの不調継続。
僕も原因不明の発熱(38度)

3/7(金曜日)
姫、時々下痢はあるが概ね回復。
rika、会社へ行くも嘔吐、寒気、下痢を併発し早退。夜には落ち着くも、微熱有り。
僕、朝微熱有りも昼には下がる。

3/8(土曜日)
姫、ほぼ回復。
rika、ほぼ回復。
僕、熱は完全に下がったが、突然の腹痛&下痢(汗)。1日続く。

3/9(日曜日)
僕、腹痛&下痢の1日……。



とりあえず今週月曜日から、何とか全員社会復帰しております。

一言で言うと、


酷い一週間だった(滝汗)。


2月末にひいた風邪がようやく完治して、トレーニング等再開しようと思った矢先だったのに……。3月も来週以降は毎週何かと予定が入っていて自転車に乗れない(涙)。


また、1から仕切り直しですねぇ。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

相模湖プレジャーフォレストに行ってみた、が(汗)。-前編-

以前のblogでチラッと書いたのだが、本来は姫に雪遊びをさせてあげる目的でとある施設のチケットを手に入れていたのである。それは、

相模湖プレジャーフォレスト

旧相模湖ピクニックランド、と書いた方がピンとくる方も多いかもしれない。2008年から経営が富士急グループに変わり、現在の名称になったらしい。昨年閉鎖されてしまったがかつてはMTBのコースがあり大会等も行われていたらしいので、MTBに乗られている方にはそれなりの知名度があるのではなかろうか。


その相模湖プレジャーフォレストには、冬期に限り「雪遊び広場」という施設が設営され、人工雪とはいえどもかまくらを作れる位のヴォリュームがあるという。服装についても「濡れても良い服装でお越し下さい」なんて注意書きがあり、ヤル気を感じさせるのだ。

が。

2月のアタマにオークションで3月末迄の入場券を購入し、じゃあいつ行こうかなんて話していた時にドカ雪2連発。


もう雪遊びしなくてもよくね?


という事態に(汗)。それでもせっかくチケット買ったんだしーーと改めて3月迄の週末の予定を見直してみた所、案外空いている日が少ない事に気が付いた。だったら、あまりギリまで引き延ばすより行ける時に行っておくか! というワケで22日に行ってみた。

のが間違いだった(核爆)。


間違いその1:HPを見なかった事
間違いその2:雪を甘くみていた事



まぁ最終的には「その2」に集約されてしまうのだが……。行ってみて分かったのは、横浜市街とは比べ物にならない積雪のスゴさ(汗)。その影響でプレジャーフォレスト自体が休園を余儀なくされ、やっと再開したのが21日(爆)。そして本来この時期「相模湖イルミリオン」というイルミネーションをイベントをやっているのだが、それも雪の為中止……。考えてみれば、殆どが雪に埋まってしまっているのだ。LEDだから点灯しても熱が出ないしね。解けるワケがないのである。

入口ゲートでその情報を知った我々。どうしようか!? となったものの、ここまで来るのに2時間以上かかっている(汗)。一応用心して宮が瀬経由のルートは使わず、素直にナビに従ってR16から津久井湖経由で来たのだが、路面は問題ないものの路肩の残雪の量がハンパでなく、決してスムーズに来られた訳ではなかったのだ

「ここまで来て帰るって選択肢は無いでしょ、常識的に考えて……」

というワケで突☆入! 


Dsc00413
駐車場ガラガラ(汗)。


チケットをオークションで安く買っといて良かったとつくづく思う(汗)。ちなみに通常料金は大人1,600円、駐車場台が1,000円/台。なんだそこまで高く無いじゃんーーと思われるかもしれないが、ここはTDRと違い中の施設利用は別料金(一部無料施設もアリ)。殆どの施設で利用できる「フリーパス」というものもあるのだが、それが2,000円! つまりマトモに買うとなると、3,600円+駐車料金がかかるというワケだ。姫はまだ2歳なので無料なのだが、大人2名で合計8,200円。

……ちょっと高くね?

ついつい、そう思ってしまう(爆)。


HPには最初から「割引チケット」コーナーがあるのだが、基本3名からで、2名の場合は殆ど割引が無い。なのでオークションで探したところ、「入園券」だけならばそれなりに出品されており、かつ結構熱い入札合戦もされていたりする。とりあえず、2枚500円、送料込み580円でチケットをゲット! したのでありますね。

フリーパスを買うかどうかは入園後でもできるとの事だったので、現着してから考えようーーと話していたのだが、今回の場合は雪の為、稼働している施設の方が圧倒的に少ない(汗)。稼働していても年齢や身長制限で姫が乗れなかったりするのでフリーパスは買わずに済ませよう、という事になった。


駐車場の入口ゲートを通過してから殆ど僕ら以外のお客の気配を感じられなかったのだが、エントランスをくぐって「ワイルドダイニング」というメインレストランに近付くと、ワイワイと声が聞こえてきた。

「――来てる人、いるんだね」

心なしかホッとしたような顔をしてrikaが言う。



Dsc00414
レストラン前。このゲートはイルミネーション用なんだろうな。


時刻は大体12時半。丁度お昼時で、僕らもまずはお昼を食べようと思っていたのだ。レストランに着いてみると、テラスでバーベキューをしている集団がいる。……この寒いのに何で外で? そこで思いだした。駐車場に大型バスが何台か止まっていたのだ。

おそらくこのテラスのヒトビトは、バスでやってきたツアーの方々で、昼食がバーベキューというのは変えようがなかったのだろう。と、いう事はだ。レストランの中に入ってみると、


ガラガラ(汗)。


最初に食券を買うと同時に厨房へ注文が届く、というSA方式なのだが、〔売り切れ〕多数。ピザ等は厨房の奥に立派な石造りのものが見えるのだが、金輪際火を入れるつもりが無いらしく、全滅(爆)。食べられるのは麺類ばかり。とりあえずいくつかを注文。するとそれまで静かだった館内に響き渡る調理音(汗)。

「えーっと、どこに座る?」

あまりに選択肢がありすぎて、逆に迷うのだ。かつ他のお客もゼロではないので、それとの距離感などを考えつつーーと、結構神経を使うのである(汗)。



Dsc00415
ガラーンとしたレストラン。設備はキレイなのだが(汗)。

Dsc00416
窓から見える景色は、まんまスキー場。


それでも食事をしている間に、何組かお客さんがやってきた。そう、僕らは一人じゃない。


Dsc00417
では出発!



続く……。<後編へ




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

キミは知っているか。

キミは、「クロワッサンたい焼き」というものを知っているか。

何かエラそうな文面から始まった本日のblogなのであるが、何故か最近会社の僕の周囲がその話題で持ち切りだったのである。

きっかけは誰かが、

「会社帰りに寄ってみるといつも売り切れ」
「休みの時に見てみたら、スゴい行列が出来ていた」

という事を話したのである。

調べてみると、タコ焼きで有名な「銀のさら」。その姉妹店(?)らしく、店の名前は「銀のあん」。


なんて安直な(爆)。


銀のさらほど店舗がまだ多く無く、買える場所が限られているらしい。先程の話しは当事者の地元駅での事だったので、一度食べてはみたいが近くに店は無いしなぁ……と思っていたら、

なんと横浜ポルタに期間限定で店を出しているというではないか!

というワケで会社帰りに寄ってみた(笑)。


時刻は大体19時半頃。店は22時迄営業しているらしいが、その場で作っているワケではない為、売り切れ次第終了となるらしい。現着してみると、長い行列がーーと思ったら、半分位は隣のATMの列だった(爆)。

実際に並んでいたのは5、6人だったので迷わず列に加わる。観察しているとまず「バラ」か「箱」かを選択する。ちなみに1個200円(!)。箱は5個入りで1,000円となる。バラを選ぶと一つ一つ包んでくれるのだが、バラで複数買う人も多く、包むのに時間がかかってそれが行列の一因となっている。

皆、お土産で買うのだろうかと思ったが、結構買ってすぐにかぶりつく人も多かった。僕は迷わず「箱」を選択。何となく、店の人が(包む手間が無くて)嬉しそうだったのは気のせいかな?(笑)

購入した当日中にお食べ下さい、とあるのだが夜は自重して朝食時に開封。箱にはキチンと食べ方が書いてある。それによると、

「予熱したオーブンで2分間加熱し、その後3分程待ってからお召し上がりください(文章は正確で無いです)」


P2100212
箱外観


何故そうなのかは、オーブンから取り出す時に分かった。表面に塗られたシロップ(?)が溶けてフニャフニャになってしまうのだ。それをしばらく置くと再度固まって、暖かくパリパリとした食感が味わえるのでありますね。


P2110214
商品はこんなカンジ。


元々甘党のワタクシ。美味しかったです。姫に一個あげて、残すだろうナと思ってたら、気付くと全部食べてました(汗)。それだけ美味しかったのだろう。

でもリピは無いかな。

最大の理由は「餡の少なさ」。やはり「たい焼き」というからには「餡」を食べたいじゃないですか。ていうか本来、餡が主役といっても過言じゃないと思うのですよ。それがこのクロワッサンの場合、姫曰く、

「あれ、アンコが入ってたよ~」

という位に餡の存在が希薄なワケです。だったら100円出して、普通のたい焼きを食べた方がいいかな、と思うのでありますね。


ちなみにその後、最初に話しをしていた人が「皆で食べよう」と会社に買って来てくれたのだが、


Img20131127213225072
何か僕が買ったのと違う(汗)。


上の画像はネットから拝借したものだが、概ねこんな感じ。明らかに、僕が買ったものとは色合いが異なっている。何だろう? 僕の場合、少し時間を置いたのがいけなかったのだろうか? 調べても、「違う種類がある」という情報は見当たらないし。ちょっとナゾである。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧